Webサーフィンしてたら、シラチャの不動産に関係する面白い情報を見つけたのでお知らせします

英語の記事になるのですがこれです

ホテルコンサルタント会社が2016年9月に出してるシラチャの記事なんですが、『シラチャは日本人がいっぱいいる市場だ』って書いてあります。でも、その前にグラフの数字がおかしくないですか
image


グラフをアップにしてみます。ちなみに、、、、

『Hotel and service apatment units =シラチャのホテルとサービスアパートの部屋総数(ケープラチャさんやJタウンさんなど、シラチャの全部を含めた部屋総数)』

『Expatriate in Sri racha =シラチャの外国人数(日本人以外も含みます)』

になります。それを踏まえた上で、折れ線グラフと棒グラフを見て頂くと、、、
image


去年の2016年に、シラチャのホテルやアパートメントの部屋総数が4,000室に対して、外国人数が70,000人去年、シラチャに外国人が70,000人もいましたっけ、、、3年前なんて、外国人100,000人超

『間違って0を1個多くつけちゃったのかな』って思ったんですが、『4,000室に対して、7,000人もいるのかな』って考えると、それも又怪しい気が、、、。

家族帯同の方もいるから、3割減にしても4,900人。これでも、まだシラチャのホテルは毎日満室になるので、まだ変ですよね

シラチャ在住者なら既知の供給過多ですが、日本語、英語、タイ語でも未だに『シラチャは部屋が足りなくて投資は今』って過熱気味な記事を見かけるので、コンドなど購入検討されている方はくれぐれも気をつけて下さいね