シラチャ情報屋

シラチャのことなら『シラチャ情報屋』! 多方面の情報網を利用して、『へぇー』『ふ~ん』ってなれるシラチャ関連の情報を提供します。速報、裏情報、噂、お役立ち情報を、どこよりも早く、できるだけ正確にご提供できるように致しますが、間違ってる時もあると思いますので、予めご了承下さい m(_ _)m ※リンクフリーです!

タグ:投資

2017年2月15日に、タイ政府から発表された内容によると、シラチャ近くのアオウドムの土地500ライに『テクノパーク』を建設予定とのことです。
image


500ライ(1ライ=1600sqm)って、大きすぎて分かりづらいので、分かりやすくするのにピントン工業団地3の面積を調べたところ、1390ライということです。なので、そこまで大きな経済特区ではないですね。

オープン予定は2018年となっていますが、難しいような気がします。タイなんで+3~5年としたら、実際のオープンは2020~2023年くらいでしょうか。

テクノパークの建設目的は、ITとかロボットとか最先端テクノロジーを研究したりして、高付加価値産業を育成していくのが目的のようです

手元の資料にある地図を見てみると、メインエリアは3つに分かれる予定のようです。さほど大きくない経済特区ですし、業態が労働力を多く必要とする工業ではないし、ここ自体に『居住エリア(Living Space)』が設けられるということは、シラチャの人口増加に繋がらないかもしれませんね
image


ロケーションですが、ちょっと分かりにくいのですが、シラチャをレムチャバン方面に行くとある『アオウドム』というエリアになります。ほぼ、『レムチャバン』と考えてもらってもかまいません。

近くに目印になるものがないので申し訳ないのですが、赤いピンが立っている場所『アオウドム郵便局(Ao udom post office)』の裏手がテクノパーク建設予定地になります。その上にある☆印の『ロビンソン』と、ずっと南にあるパタヤの中間なので、3ポイントを見ると位置関係が分かりやすいかもです
image


タイ政府の予定している投資してくれるんじゃないかなって企業のリストには、グーグル、フェイスブック、アマゾン、サムスン、マイクロソフトなどや、日系のNTT、日立などが上がっているようです

この『アオウドム』エリアは、不動産などシラチャやパタヤに比べると、現在は比較的安く販売されてますが、ゆくゆくは地価はあがるかもしれないですね

また、アップデートがあればお知らせします

シラチャ周辺のニュースをアップデートします。
NewsPaper03

2015年5月8日 三菱自動車がシラチャ近くに性能試験場をオープン

レムチャバン工業団地にある三菱自動車ですが、生産前に性能をテストする性能試験場をシラチャのノンコーにオープンさせたようです。生産が始まったパジェロスポーツの受注も調子が良いみたいですね。

2015年7月3日 シラチャのロイ島がフアヒンとタイ東部を繋ぐ港の候補に
王室ご用達のリゾート地として有名なフアヒンとタイ東部(シラチャ、レムチャバン、パタヤ、ラヨーン、サタヒップ辺りのこと)を繋ぐフェリーを出す計画があります。現在、タイ東部の港を選定している段階で、5つ候補の候補地が挙がっています。1つ目はラン島に向かう船が出ているパタヤのバリハイ、2つ目はレムチャバン港、3つ目はヨットクラブのあるサタヒップのオーシャンマリーナ、4つ目は、サタヒップの海軍基地、そして5つ目は我らがロイ島。他の候補地と比べると、見劣りするロイ島ですが、もし港ができるならシラチャの町が大きく変化するポイントになりそうですね。2016年中期には候補地を決定して、2019年にフェリーが開通予定とのことです。ま、タイなので遅れると思いますが、、、。

スクンビット道路沿いに沢山コンドやサービスアパートメントが建設中だけど、そういった需要を見込んで?とかだったりして、、、タイでも流石にそこまでの出来レースはないかな、、、。どうなんだろう。

フェリーが出るようになると、300万人が利用する予定ということ。これまで陸路だと7時間かかっていたのが、3時間で行けるようになるということなので便利ですね。シラチャでなくても、レムチャバンやパタヤからフアヒン行きのフェリーがでるなら、シラチャの日本人にとってもすごく便利ですよね。
5c90beaa107eb778aec8403dff9dfaaa

2015年7月18日 サハグループと西濃運輸が合併企業を設立

ベトナム、ミャンマー、カンボジアなどを含む東南アジアの物流ネットワークを強化するために2社が合併企業を設立したようです。サハグループは日系企業との合併が多いですね。2016年上半期には、ミャンマーに食品関係の生産工場ををオープンさせるようで、サハグループは東南アジア全体に拡大していきそうです。
lgi01a201401221200


2015年8月17日 東陽倉庫が物流センターを行う子会社をシラチャ近くに設立

すでにタイで保管配送業をしている東陽倉庫が、物流センターを行う子会社を設立するようです。これにより、東陽倉庫ロジスティクスは輸出入貨物の取り扱い、東陽ウエハウスは物流業務を担うということ。
gi01a201402101000



2015年9月17日 ステイジア キャピタルがフランチャイズ契約でアパマンショップをオープン
シラチャで『ステイジア シラチャ レジデンス』を建設中のステイジア キャピタル ホールディングスがアパマンショップをオープンさせるようです。ロケーションはシラチャ ロビンソンの近く。ステイジア キャピタルさんは、海外不動産投資を生業としている企業さんです。アパマンショップは、日本で賃貸仲介をしている業者さんですね。
e50452d3d492b019ba17b3008e4791c9

2015年10月7日 ソイ7に餃子の将士がソフトオープン
煮干しと豚骨がベースのにぼとんラーメンが食べられる『餃子の将士』がソフトオープンしています。ソフトオープン期間中ですが、まだ行っていない人は是非
image

2015年10月8日 シラチャにローソンがオープン
シラチャにローソンがオープンしました。2か所オープンしてて、1つ目はラチャレジデンスの近く。もう1つはラダコンドの近くです。セブンやファミマとは商品が違うので、行ってみると面白いです。おでんがあるのも良いですよね。
untitled


2015年10月12日 ロビンソン シラチャが10月22日に『ロビンソン シラチャ ニュールック セレブレーション』を開催
あんまり不便になりませんでしたが、3か月のリニューアルを経て、ロビンソン シラチャが再オープンするようです。今回のリニューアルにより、収益20%アップ、客数15%アップを見込んでいるとのこと。平日は23000人、土日祝は27000人の来客を予想。イオンが開くから、予想通りに行くかは開いてみないと分かりませんね。
20140908_122702[1]

2015年10月14日 シラチャイオンがソフトオープン
シラチャ住民が待ちに待っていたイオンがオープンしました。焼肉屋『銭場』とお好み焼き屋さん以外はオープンしています。皆さん是非行ってみてください。グランドオープンは21日です。 image



2015年10月15日 チョンブリ ラヨーン日本人会がシティホテルで中間総会を開催
16日(金曜日)に、シラチャのシティホテルで日本人会の総会があるようです。CRJA(Chonburi Rayong Japanese Association)は、チョンブリ県とラヨーン県にある企業さんで作られている日本人会ですよね。毎年2月か3月に総会、9月か10月に中間総会を開催されています。日本祭りなど地元のイベントも催したりされてるので、シラチャ住民はお世話になっているのではないかと思います。

ちなみに現在、図書館員が不足しているようなので、興味のある方は応募してみてはいかがでしょうか。
image




アップデートがあれば、またこここで更新しますね

コンド、サービスアパートメント、ホテルで3棟を建設中の『ヌーサプロジェクト』モデルルームがオープンしてたので、ちょっと覗いてみましょう

全体像はこんな感じに
DSC_0533


良いお値段します
DSC_0534


スタジオタイプですキレイですよね
DSC_0525


スタジオタイプでもキッチン付き
DSC_0524


2ベッドルームです
DSC_0527


ナチュラル系のデザイン白系が多いとお掃除が大変そう、、
DSC_0530


シラチャからはちょっと遠いので、車がないと大変かな。

以上、シラチャ近くバンプラに建設中のコンド『ヌーサ』でした

2014年9月の記事で、シラチャで建設中のコンドやアパートをご紹介しましたあれから数か月経過したので、2015年3月現在のアップデートをしますね

前回の記事はこっち→シラチャで建設中の『コンド&アパート(まとめ編)』!

bldg01_a02


新規プロジェクト1軒目
シラチャ市内、APコート前に新しいサービスアパートが建設中写真を撮影した側から見るとスリムで小さく見えますが、周辺を回って見たところ全130室くらいタイ人オーナーさん
DSC_0622

新規プロジェクト2軒目
『Nusa Sriracha(ヌーサ シラチャ)』という新規プロジェクトが出てますよねシラチャとバンプラの間のロケーションで、40階、40階、38階、38階の全四棟で約1000室とのこと←ちょっと部屋数が多すぎる気が、、、、すでにウェブサイトがオープンしているので、気になる人はチェックしてみて下さい

ウェブサイトはこっち→
Nusa Sriracha(ヌーサシラチャ)

新規プロジェクト3軒目
日系の開発会社がコンドを建設する噂が出ています。多分、150室~200室くらいの規模になるんじゃないかと

その他の不動産情報
ラマハーバーの近くに建設中の『ソンリサ サービスアパートメント』ですが、『センタラ ホテル&リゾート』が運営受託するようです一口メモ:『センタラ ホテル&リゾート』はホテル運営会社親会社はロビンソン、ビッグC、セントラルワールドなどで有名な『セントラルグループ』もしかすると、あの辺りに大きなショッピングセンターができたりして、、、、、

また、ケープラチャさんの新規プロジェクトですが、色んな噂が出てたので、オーナーさんに直接尋ねてみたところ、『シラチャは最優先では建設しないかも』という話でした。理由は現在進行中のプロジェクトが多すぎるからだそうです現在、シラチャ乗ほかに、バンパコン、パタヤのエリアをチェック中とのこと←(まっ、本当のことを言ってくれてるのかは、分かりませんが、、、、) 建設予定だった土地↓
20140831_141642[1]

ナイトマーケット跡地は、新しい情報がありません申し訳ないです


まとめると、、、、、


2014年9月にご紹介した『建設中のコンド&アパート』と今回ご紹介した『新規のコンド&アパート』を合わせると、2015年~2018年で5000室~6000室くらい増加することになります

建設中のコンドやアパートは、日本人をターゲットにしているはずなので、1人1室と考えれば、5000人~6000人の日本人がシラチャに来ないと空室が出てしまう計算になります

家族を考慮して3人~4人1室と考えると、もっともっと沢山の日本人が来ないと空室が出てしまいますが、シラチャに物件ができて、(500人もいませんが)パタヤからシラチャに来る日本人の数もいるので相殺できたとして、とりあえず1人1室と考えます


そして、、、、、


2015年3月現在、シラチャ周辺には『イースタンシーボード』『アマタシティ』『サイアムイースタン』『ピントン1,2,3』『レムチャバン』『ボーウィン』『サハパット』の9つの工業団地があります。そして、在留届を出している人も出していない人も合わせて、シラチャの日本人が6000人~7000人って言われていますよね。

現在進行中の新規工業団地プロジェクトは、『ピントン工業団地4、5』と『ロジャナ工業団地』の3つ9つの工業団地で6000人~7000人なら、3つの新規工業団地がオープンしても、1500人~2000人くらいの増加にしかならないんじゃないかと、、、、

そうすると、3000室~4000室が余るので、出張者が常時3000人~4000人が来ないと供給過多になってしまいますま、そうなる前に、とん挫するプロジェクトが出てくるはずなので、メチャクチャ供給過多ってのは起こりえないと思いますが、、、

ま、『ピントン工業団地4,5』と『ロジャナ工業団地』がアマタナコン工業団地のように大規模で、かつ企業さんで一杯になるなら話は違いますが、今ある情報では『ピントン4,5』と『ロジャナ』は、そこまで大規模な工業団地ではありません


ということで、、、、、


去年まで過熱気味だったシラチャの不動産投資ですが、今年はちょっと落ち着いて、『大丈夫かな』っていう投資家さんが出てきてる感じです。去年までは、誰もが『投資、投資』ってなってましたから、少し変化しましたよね

実際、昨年までは『空き物件』がなかったシラチャ中心部の飲食業用テナントですが、今年に入ってチラホラと『空き物件』が出始めています日本食レストランなどのお店は、すでに供給過多になっているのかもしれません賃貸が数か月されてないということは、レストランなどに投資する人たちは、シラチャは供給過多と判断して、投資しなくなっている可能性もありますね

詳細情報はこっち→シラチャの『2015年2月空き物件』!

相関関係があるかは分かりませんが、数年以内に、コンドやアパートにも同じことが起こりえるかもしれません

一方で、、、、、、

バンコクの日本人学校が一杯なのでシラチャに沢山の家族が来るっていう情報があるし、現在でもシラチャの家族用物件は不足しているっていうのも良く耳にするし、現在進行中のコンドやアパートも家族用物件が少ないのを考慮して、

もっとまとめると、、、、、

『1ベッドルーム』や『スタジオ』など単身者用の物件だけが、供給過多になるのかもしれません

そして、価格競争が起きて家賃が安くなれば、『スタジオ』を選ばず『1ベッドルーム』を借りる人が増えてくるはずです。また、『1ベッドルーム』は子供が小さい家族なら滞在できるので、最終的には『スタジオ』がかなりの供給過多になるのかもしれませんね

こうなると、
、、、、

部屋を借りたい人が、選択する基準としては立地や館内設備など色々ありますが、最終的には『値段』個人や企業さんの予算が関係してきて、家賃が高いか安いかになるので、シラチャで『家賃の高いスタジオ』の空室が増えてくれば、それが『供給過多の兆候が出てきた』と考えられるのかもしれません

もしかすると、既存のシラチャにあるホテル、コンド、アパートでは、家賃の高い『スタジオ』の空室率が昨年と比べて多くなってきてたりして、、、、←ちょっと聞いてみたいですよね

コンドを購入する予定の人で、ご自分で住まず貸す予定なら、賃貸しやすい部屋タイプを購入したいですよね
もちろん、コンドやアパートの投資家さんからすると、シラチャには単身者用物件が多いのは何年も前から周知の事実なはずなので、コンドを購入される人で、まだシラチャを知らない人はちょっと考慮に入れてみて下さい

以上、シラチャで建設中の『コンド&アパート(アップデート編1)』でした







日本にいますが、シラチャのマリーナベイフロントが販売を開始しているとの連絡が入ってきたので、お知らせします実際は、2014年9月23日から販売開始してたみたい(←アップデートが遅くて、すいません
IMG_20140929_120638[1]

2014年9月28日午前に、シラチャのお友達が販売所に行って話を聞いたところ、1ベッドルーム約1,000万円でスタートとのこと(←28日時点なので、今後はもっと上がるでしょうね)

ロケーションは『ベイビュー』の隣ですね 

32階建ての全273部屋のようです1階から5階までが駐車場で、6階からがレジデンス階になります。現在販売所があるコンド手前の建物には、テナントさんが数軒入る予定です
IMG_20140928_060347[1]

工期は2年で、2016年11月完成になっています

客室詳細
1ベッドルームは224室(34.52Sqm~61.93Sqm)
2ベッドルームは42室(86.11Sqm~98.55)←シラチャに家族向き物件が少ないので、2ベッドはいいですよね
ドュプレックス6室(63,24~134.07Sqm)
ペントハウス1室(342.20Sqm)
IMG_20140928_080833[1]
1ベッドルームは、レムトンやバルコニーコートヤードのような縦長の部屋から正方形の部屋まで色々です

館内施設
インフィニティプール 一口メモ:『インフィニティ=無限』なので、プール水面と海水面が重なって、プールが無限に広がってるように見えるからインフィニティプールって言うんですよね
28階と31階にスカイガーデン(←バーやレストランを入れると流行りそう
フィットネス
IMG_20140928_080603[1]

月々の管理費は、40バーツ×面積になるようです2ベッドルームはすでに1部屋しか残ってないとのこと(←すごいペースで売れてますよね

海がすぐ後ろ
20140928_112009[1]

海と反対の道路側も整備されてて、キレイだし歩道が広いのが良いですねシラチャでちゃんとした歩道があるところって少ないです
20140928_113027[1]

現在シラチャで進行中のプロジェクトで、繁華街に近くて海側と言えば、『ラダ』か『マリーナーベイフロント』しかないので、すぐ完売しそうな気がします

以上、シラチャの『マリーナベイフロントが販売開始』でした

シラチャのコンドミニアム『ベイビュー』の隣に、新規プロジェクトが建設中です

シラチャのちょっと外れの方なので、知らない方のためにロケーションの説明です

シラチャの海側こっち方面には、朝市場、シラチャ市役所、ベイビュー、ラマハーバーなどがあります海側と言っても、ムムアロイやサミティベート病院がある方向でなく、逆方向です


ベイビューとマリーナ ベイ フロントです
20140828_110014[1]



まだ足場しかできあがってないですが、一応アップデートしておきます
20140828_110247[1]

工事期間を説明する看板に、プロジェクト名『マリーナ ベイ フロント』って記載がありました

確かに、海が目の前なので、マリーナですね

その後の展開はこっち→シラチャの『マリーナベイフロントが販売開始』!

以上、シラチャの『マリーナ ベイ フロント』でした





2014年3月に発行されたバンコク ポスト紙によると、新規に2つの工業地帯が承認されたようですよ

1つは、シラチャから遠いので興味はないと思いますが『ウドンタニ工業地帯』
もちろん、ウドンタニにあります 

シラチャのタイ人って『ウドンタニ』から来てる人って多くないですか

実家のほうに工業団地できたら、そっちのほうで仕事するほうが良くないかなって思ってしまいます。

シラチャの人材不足は止まらないですね、、、、


もう1つは、『ヤマト工業地帯』これはシラチャ在住の人には、ちょっと興味あるかも
20140829_160644[1]

私の勝手な推測によると、『ヤマト』=大和 

つまり、日系企業を誘致したいのかも どうなんだろう

バンコクポスト紙によると、

ヤマト工業団地は、『チョンブリ県ノンヤイ地区にオープン予定で、投資額220億バーツ、総面積690ライ』とあります。

チョンブリ県は、シラチャ市やパタヤ市がある県ですよね 
『ノンヤイってどこって思い、地図を見てみると、結構遠いです

シラチャから1時間30分超の場所にあります

それでは、クレイジーな私は調査のために行ってみます

まずは、331号線を利用して、シーラチャからグリーンウッドゴルフ場の前をまっすぐ行きます
20140829_154220[1]


途中何もないので不安になりますが、30分位ずーーーーーと直進すると、交差点が見えてきます
この交差点を右に曲がります(↓この交差点ポイント)
20140829_154751[1]

右に曲がったら、そこから30分位ずーーーーーと直進します
20140829_155034[1]

直進し始めて、20分位したら左手に見える工場(目印にして下さい)
20140829_155821[1]


ずっと直進したら、『ノンヤイ』の看板が見えてきます(↓ここ見逃さないで
ここを左に曲がります
20140829_160028[1]

左に曲がって5分くらいすると、ノンヤイの小さな小さな村が見えてきます
20140829_160515[1]

多分、ここで唯一の宿泊施設(始めは公民館かと思いました
20140829_160558[1]

実際の工業団地の更地は、まだ無いですが(見つけられませんでした)、ヤマト工業団地の告知の看板を見つけました 真ん中の下に、敷地区分の記載があります英語で、Yamato industriesって書いてあります
20140829_160615[1]

行って思ったのは、シラチャからの所要時間は、朝の混雑時にアマタシティ、へマラート、イースタンシーボードに行く以上にかかります遠いです

町らしい町がないノンヤイ ここで勤務する日本人は、やっぱりシーラチャ住みになるのかなぁ 

でも、この距離はアマタシティ、へマラート、イースタンシーボードの工業団地に行き慣れた人でもけっこうきついですよ

どうなるんだろ 






↑このページのトップヘ