シラチャ情報屋

シラチャのことなら『シラチャ情報屋』! 多方面の情報網を利用して、『へぇー』『ふ~ん』ってなれるシラチャ関連の情報を提供します。速報、裏情報、噂、お役立ち情報を、どこよりも早く、できるだけ正確にご提供できるように致しますが、間違ってる時もあると思いますので、予めご了承下さい m(_ _)m ※リンクフリーです!

タグ:フェリー

パタヤからフアヒン行きのフェリーが出航するようになって6ヶ月が経過したので、そろそろ利用してみますね
image


「ロイヤル パッセンジャー ライナーズ(Royal passenger liners)」っていう企業さんが運営してて、ウェブサイトにいくと、以前はできなかったオンラインでのチケット予約ができるようになってます

チケット予約は飛行機のチケットを予約する要領でサクッと予約できます

こんな感じ
image


あと、飛行機みたいに「クラス」が選べます。VIPになりたいけど、VIPじゃないのでエコノミーで エコノミーだと1250バーツ、往復2500バーツです
image


乗客情報を記入するページで、旅券番号を聞かれるので、飛行機みたいですね

予約できたら、当日パタヤの港「バリハイ」の桟橋に小さい事務所があるので、そこで受け取ります

バリハイにあるみどり色の建物2階にも事務所がありますが、オンラインで予約してる場合は、桟橋の小さい事務所で受け取れます。ちなみに、往復で予約してたら、帰りのチケットもまとめてくれます
image


着いて時間があったのでぶらぶらしてると、「30分前には来て下さい」ってスタッフの人に言われたので、基本30分前ですね。また、パスポートの提示をしないといけなかったので、一応持っていった方が良いかもです

何げにセキュリティーが厳しいくて、カバンチェックがあったり、金属探知機でグリグリがあったりします
image



待ってると、、、あ、船が来ました


フェリーっていうかスピードボートのちょっと大きくなった感じです
image


船内きれいです。3連休なのにガラガラでビックリ。数えたら、およそ150席の20人くらい。稼働13%で経営していけるのかなっと思いました
image


人件費や修繕費など諸々あると思いますが、フェリーのメインコストは燃料かなっと思って調べてみると、フェリーって約2キロ/リッターみたいで(車の燃費からするとだいぶ違いますね
)、パタヤーフアヒン間が約100キロ、50リットルの軽油がいるとして、軽油約100円としても、一航海で5000円(約1600バーツ)、チケット一人分が1250バーツなので余裕ですね

また、飛行機みたいにコーヒーやジュースの支給があります。残念ながら、ご飯はついてません(デブなんで、かなりショック) 売店みたいなのがあるんですが閉まってたので、「ダイエットしろ」ということだと思い耐えることにしましたちなみに、船内はアルコール飲用禁止、喫煙禁止のルールみたいです。航海中は、船外にも出られないので、結構厳しいです
image


このテーブルに紙カップで出てくるコーヒー
。10回のったら3回は、こぼす自信あります。フロアがカーペットだから染みが残りそう、、、今回はクリア

image


ちなみに2階があのVIP席みたいなので、ちょっと覗いてみますVIPじゃないので恐れ多い気がするけど、、、、トコトコっと
image


うーん、自分がVIPになったことないからか、エコノミーとの違いが分かんない。椅子、テーブル、スペースくらいかな、、、。きっと、ご飯がたんまり出るんだろうとデブ的な発想をしつつ、自分のエリア(エコノミー)に戻ります
image


一番のポイントの乗り心地ですが、「波次第」だと思います。行きは立って歩けないくらい揺れて、もともと船酔いするから吐いちゃいそうで、とても危なかったです(前の人が)

でも、帰りは波が安定していてサバイでした。「行きはよいよい帰りは怖い」ってありましたよね。何だっけ

ま、いっか。で、そんなこんなでフアヒン着

フアヒン港につくと、すぐ右手に観光地「カオ タギアップ」があるのでサクッと撮影。タギアップはタイ語で「箸」って意味だけど、全然箸にみえない、、、
image


これフアヒン側に到着して「そっかぁ」って思ったのが、「何でフェリーの出向時間が日によってバラバラなのか」です

一日一本だから昼にパタヤ発だと、夕方についてしまって、観光地を回る時間がないんです。でも、日によっては、朝にパタヤ発だったりするから、何で統一しないのかなって思ってたんです

で、着いて分かったのが、フアヒン側の港がすごい浅いんです。だから満潮時を選ばないと入ってこれないんですね
image


フアヒン側の港もすぐにビーチです。ここによく港を作ったなーと思いました。そりゃ浅いでしょ。中心部からは15分くらい離れてますが、こっちの方もホテルが結構あります
image


移動時間は1時間30分から2時間なんで、シラチャーバンコクに行くくらいの感じで、フアヒンに行けますよ。バンコク在住だとフアヒンまで車で3時間だし、そう考えると、シラチャやパタヤ在住の人はラッキーじゃないかなっと

以上、シラチャからフアヒンでした!






2017年1月1日からパタヤとホアヒンを往復するフェリーが運行しているという情報がありました。数日間は無料で乗客をのせて、実際には1月中旬から公式に運行開始となるようです運営会社は『ロイヤル パッセンジャー ライナー』というとこ

下の地図で、赤い所がホアヒンです。確かにバンコクの方を通ってグルっと回って行くより、パタヤから直線で行けるので時間短縮になりますね
image


シラチャからホアヒンまで陸路で行くと5時間くらいかかるのが、海路だと1時間30分で行けるようで、まだフアヒンに行ったことのないシラチャ在住者にとっては朗報ですね

シラチャにお友達が住んでるとかならバンコクからでもありかも。あとはパタヤに遊びに行ってからとか

片道料金は1200B前後で、一日一本ずつの運航ということです。パタヤの方は、ラン島に行く時に利用する港『バリハイ』から出るということです

英語で申し訳ないですが、下記が運航スケジュールです
image


ちなみに、2017年2月20日現在、上記の番号、会社フェイスブックに記載されてる番号に電話しても繋がりません、、、。

現在は一本ずつですが、将来的には本数を増やすということですが、タイなので実際にそうなるかは分かりません

また、乗客をのせての初航海だった1月1日は、天候の関係で出航できなかったようで、まだまだ完璧といった感じではないようです。そのため、今すぐの利用でなく少し運営が落ち着いてから利用するのがいいかもしれませんねタイはそのへん結構怪しいから正常運行が可能になった後の方が安心かと思います

また、オンラインでのチケット購入ができるのか確認しましたが、2017年2月20日現在はまだ購入できるサイトを見つけることができませんでした

すごく利用してみたいですが、海路なので天候の都合もあり、旅行計画を立てるとなると中々難しいなと思いました。例えば、チケット購入して、ホアヒンのホテル予約もしたのに、天候の都合でフェリーがキャンセルになったりすることがあるということですホテルの当日キャンセルとか受付してくれなさそうだし、、、

また、片道1200B前後なのでタイ人の利用客がどこまで見込めるのか、財政的にやっていけるのかなっとも思いました

フェリーがあると、シラチャ在住者にとってはすごい便利なので、どうにか継続して運営していって欲しいです

後日、利用できる機会があれば、情報をアップデートします

シラチャ周辺のニュースをアップデートします。
NewsPaper03

2015年5月8日 三菱自動車がシラチャ近くに性能試験場をオープン

レムチャバン工業団地にある三菱自動車ですが、生産前に性能をテストする性能試験場をシラチャのノンコーにオープンさせたようです。生産が始まったパジェロスポーツの受注も調子が良いみたいですね。

2015年7月3日 シラチャのロイ島がフアヒンとタイ東部を繋ぐ港の候補に
王室ご用達のリゾート地として有名なフアヒンとタイ東部(シラチャ、レムチャバン、パタヤ、ラヨーン、サタヒップ辺りのこと)を繋ぐフェリーを出す計画があります。現在、タイ東部の港を選定している段階で、5つ候補の候補地が挙がっています。1つ目はラン島に向かう船が出ているパタヤのバリハイ、2つ目はレムチャバン港、3つ目はヨットクラブのあるサタヒップのオーシャンマリーナ、4つ目は、サタヒップの海軍基地、そして5つ目は我らがロイ島。他の候補地と比べると、見劣りするロイ島ですが、もし港ができるならシラチャの町が大きく変化するポイントになりそうですね。2016年中期には候補地を決定して、2019年にフェリーが開通予定とのことです。ま、タイなので遅れると思いますが、、、。

スクンビット道路沿いに沢山コンドやサービスアパートメントが建設中だけど、そういった需要を見込んで?とかだったりして、、、タイでも流石にそこまでの出来レースはないかな、、、。どうなんだろう。

フェリーが出るようになると、300万人が利用する予定ということ。これまで陸路だと7時間かかっていたのが、3時間で行けるようになるということなので便利ですね。シラチャでなくても、レムチャバンやパタヤからフアヒン行きのフェリーがでるなら、シラチャの日本人にとってもすごく便利ですよね。
5c90beaa107eb778aec8403dff9dfaaa

2015年7月18日 サハグループと西濃運輸が合併企業を設立

ベトナム、ミャンマー、カンボジアなどを含む東南アジアの物流ネットワークを強化するために2社が合併企業を設立したようです。サハグループは日系企業との合併が多いですね。2016年上半期には、ミャンマーに食品関係の生産工場ををオープンさせるようで、サハグループは東南アジア全体に拡大していきそうです。
lgi01a201401221200


2015年8月17日 東陽倉庫が物流センターを行う子会社をシラチャ近くに設立

すでにタイで保管配送業をしている東陽倉庫が、物流センターを行う子会社を設立するようです。これにより、東陽倉庫ロジスティクスは輸出入貨物の取り扱い、東陽ウエハウスは物流業務を担うということ。
gi01a201402101000



2015年9月17日 ステイジア キャピタルがフランチャイズ契約でアパマンショップをオープン
シラチャで『ステイジア シラチャ レジデンス』を建設中のステイジア キャピタル ホールディングスがアパマンショップをオープンさせるようです。ロケーションはシラチャ ロビンソンの近く。ステイジア キャピタルさんは、海外不動産投資を生業としている企業さんです。アパマンショップは、日本で賃貸仲介をしている業者さんですね。
e50452d3d492b019ba17b3008e4791c9

2015年10月7日 ソイ7に餃子の将士がソフトオープン
煮干しと豚骨がベースのにぼとんラーメンが食べられる『餃子の将士』がソフトオープンしています。ソフトオープン期間中ですが、まだ行っていない人は是非
image

2015年10月8日 シラチャにローソンがオープン
シラチャにローソンがオープンしました。2か所オープンしてて、1つ目はラチャレジデンスの近く。もう1つはラダコンドの近くです。セブンやファミマとは商品が違うので、行ってみると面白いです。おでんがあるのも良いですよね。
untitled


2015年10月12日 ロビンソン シラチャが10月22日に『ロビンソン シラチャ ニュールック セレブレーション』を開催
あんまり不便になりませんでしたが、3か月のリニューアルを経て、ロビンソン シラチャが再オープンするようです。今回のリニューアルにより、収益20%アップ、客数15%アップを見込んでいるとのこと。平日は23000人、土日祝は27000人の来客を予想。イオンが開くから、予想通りに行くかは開いてみないと分かりませんね。
20140908_122702[1]

2015年10月14日 シラチャイオンがソフトオープン
シラチャ住民が待ちに待っていたイオンがオープンしました。焼肉屋『銭場』とお好み焼き屋さん以外はオープンしています。皆さん是非行ってみてください。グランドオープンは21日です。 image



2015年10月15日 チョンブリ ラヨーン日本人会がシティホテルで中間総会を開催
16日(金曜日)に、シラチャのシティホテルで日本人会の総会があるようです。CRJA(Chonburi Rayong Japanese Association)は、チョンブリ県とラヨーン県にある企業さんで作られている日本人会ですよね。毎年2月か3月に総会、9月か10月に中間総会を開催されています。日本祭りなど地元のイベントも催したりされてるので、シラチャ住民はお世話になっているのではないかと思います。

ちなみに現在、図書館員が不足しているようなので、興味のある方は応募してみてはいかがでしょうか。
image




アップデートがあれば、またこここで更新しますね

↑このページのトップヘ