シラチャ情報屋

シラチャのことなら『シラチャ情報屋』! 多方面の情報網を利用して、『へぇー』『ふ~ん』ってなれるシラチャ関連の情報を提供します。速報、裏情報、噂、お役立ち情報を、どこよりも早く、できるだけ正確にご提供できるように致しますが、間違ってる時もあると思いますので、予めご了承下さい m(_ _)m ※リンクフリーです!

タグ:パタヤ

パタヤの『センタラ ホテル』で、4月毎週金曜日はジャズをやっているようなので行ってみます
image


センタラ ホテルに到着
image


レストラン中央に水槽があって、なかなか雰囲気の良いレストランです
image


食べ放題になってるのですが、お腹は空いてないので、アラカルトにします
image


あ、演奏が始ました
image


ジャズというよりは、ポップな曲をコメディーっぽく演奏する感じかな。フルバンドでなく、ピアノとドラムだけでした

また機会があれば行ってみようと思います

2017年4月17日は、シラチャが『ワンライ』なので、歩いてみました

一口メモ: ワンライとは、そのエリアが水掛けのメインになる日です。バンコクやチェンマイは13日~15日、バンセンは15~17日、パタヤは18日~19日と南下していきます

実際は、ワンライの日以外でも水掛けをやっていますが、ワンライの日は1番水掛けをしているってイメージです

バンセンとパタヤに挟まれるシラチャは、ワンライのスケジュール発表されないので、いつも分かりにくいんですが、今年は17日でした

ここは、中心地なのかな。『Uバー』ってとこです。泡がいっぱい
image


プールみたいなのも出てます。こんなに道路を占拠していいものなのか、、、
image


メインは、健康公園のある通りで、たくさんの人で賑わってたようです

去年あたりから、シラチャもソンクランが盛り上がるようになってきたなーと感じます。以前は、ソンクラン中はすごく静かになる町だったのですが、タイ人観光客がその時期増加しているみたいです。シラチャのタイ人はイサーンに帰らなくなったのかな、、、






今日はパタヤの『湯の森温泉』に行ってみます

ロケーションはパタヤのテパシット道路ソイ9と10の間に位置しています
image



正面。ホテルみたいな外観です
image


入ります
image


デザインが良いです
image


入るとすぐに受付があります。お客さんは、多国籍で、日本人以外のお客さんがたくさん
image


プロモーションかな
image


料金です
image


温泉とタイマッサージにします。受付で、タオル交換チケット、ロッカーの鍵、WiFiパスワードがもらえます
image


では、、、、奥に入っていきます
image


建物内は結構広いです
image


温泉は下なので階段を降ります
image


階段を降りると、温泉用のカウンターがあって、そこでチケットを渡して、タオルと浴衣がもらえます
image


温泉内は写真撮影が禁止なので写真がありません。すいません、、、

タイの『ワンカナイ寺院』の境内に沸く温泉を直送した天然温泉、露天風呂、ソーダスパ、サウナ、スチームサウナ、樽風呂など、たくさん種類があります。全部に英語とタイ語で説明があるので分かりやすいです

レストランもあります。温泉もそうですが、レストランも屋根までの高さが高く、爽快なデザインです
image


メニュー数が豊富で居酒屋並にあります。でも、何故か数ある中からお茶漬けを選択。10年ぶりくらいに食べます
image


で、食べたらマッサージにいきます。マッサージしてご飯にすれば良かったかな、、、
image


マッサージ前に強さが選べます
image


こっちがマッサージのとこ
image


終わったらアンケートがあります
image


寛いで計3時間くらいいた気がします

レストランやマッサージだけの利用も可能とのことです。従業員さんのサービスも良く、リラックスできる雰囲気は思ってた以上なので、また来たいです

地図と営業時間です
image


皆さんもリラックスした時に行ってみてはいかがでしょうか。

今日はパタヤのハーバーモールってデパートにある『ボルダリング』に行ってみます
image


ハーバーモールといえば、シラチャのバルコニーアパートと経営が一緒なので、イオンとロビンソン近くの停留所からバンが出てますよね。ちなみに宿泊者でなくてもオッケーで、外部料金は100バーツ

では、バンに乗って、およそ40分で到着。ハーバーモール パタヤです
image


じゃ、入りまーす
image


平日に行くと、Jパーク並にガラガラで大丈夫かなって思いますが、土日は家族客が多いです。良かった!!

いつも、飲食店が多い地下1階から3階までしか行かないのですが、4階以降の子ども用のエリアが結構すごい

ミニョンがいます一応、触っときました
image


トランポリンかな
image


他にも、スケート場、アスレチック、ローラーブレード場とかあって、ハーバーモールのメインは、実は『本格的な子どもの遊び場』みたいです

では、とりあえず、デブなのでカロリーを消費しないようボルダリングのある8階まで、エレベーターで行きましょう
image



で、8階のボルダリング『Deep』に到着っと
image


受付に行くとまず、『事故があっても責任とりませんよ』の誓約書にサインするみたい。ま、スカイダイビングとかバンジージャンプでもあるプロセスなので気にしません

ちなみに料金表
image


あとは、シューズ、チョークの粉が入った袋(滑りにくくする用)など全部をレンタルしてと、、
image


あと、これを腕に巻いて完了
image


一応、シャワー付きロッカーもついてるので、サバイです


じゃ、入ってみます、、、


ドーン。予想してたのより、結構高い、、、。10mくらいあります
image


スタッフの人が安全具を装着してくれます。後ろの袋は、チョークバック
image


どうやるのかなっと思ってたら、スタッフの方が教えてくれました。色んな色に分かれていて、青なら青、白なら白だけを使って登っていくようです。あとレベルがアルファベットと数字で書いてあります
image


こっちは、傾斜を登ってく練習をするエリア。こっちは無理だな、、、
image


始めは、高さがあるので結構怖いですが、安全具があるので落ちる時はゆっくりだし、慣れると面白い

かなり腕がパンパンになりました。小学校1年生くらいの子どもも結構いて、しかもサクサク登っています

なかなか楽しいので、皆さんも週末に行ってみてはいかがでしょうか







シラチャのロビンソンからアサンプション学校に向けてがY字交差点になるとこを左に入ると、『ライクワイ』というエリアになります

細い道をずっとまっすぐ行くと線路があって、線路を超えてすぐ右手に『インディー』というバーがありました。今回リニューアルして、『シーサイアム』ってお店になってるので行ってみます

ちなみに暗く見えるのは私のスマホのせいです
image


中と外があって、中です。何故かオールディーズ系のデザインが流行ってるタイ、、、
image


インディーと同じく音楽やってます。結構サバイサバイ系かな。タイのポップス音楽です
image


外にはたくさんの人がいます。やっぱり外ですね
image


タワービールいきます。タワービールって日本の居酒屋で見たことないんですが、これ買って居酒屋で出だしたら面白そう
image


大画面はやっぱりサッカーを見るためでしょうか。映画を見る日とか作っても売れるんじゃないかと思います
image


ま、こんな感じです。あんまり皆さん来られないエリアだと思いますが、時間があったら行ってみてはいかがでしょうか。

土日がとにかく困るシラチャなので、まだ行ったことのないカオヤイ国立公園に日帰りで行ってみることにしました
image


自力で行こうか迷ったんですが、一日前に決定したし道中が大変だろうからツアーに入って行くことにしました。サイトで調べたところ、日帰り旅行がバンコクからならあるようです

ちなみに、お値段や内容的にはどのツアー会社さんも同じ感じ

とりあえず、予約をしたら朝7時30分にシーロムのホリデイインで待ち合わせということです。シラチャを朝6時30分に出て、待ち合わせ場所まで向かいます

とうちゃーく。眠い、、、、
image


待ってると、バンが来てツアーガイドの人が降りて来られました。乗り込んで、カオヤイまで向かいます。これから更に2時間。とにかく、寝ます
image


途中、プログラムの中にローカル市場体験というのがあったので、市場を見て回ります
image


そして、今度は『牛車乗り』をさせてくれるようなので、そこの場所まで行きます。バンコクから数時間でサバイサバイな風景
image


とうちゃーく。既に待機してます
image


乗り込んで散歩。縄を引っ張って方向を調整するんですが、けっこう難しい、、木のムチもあるんですが、どう使っていいかイマイチ分かんないけど楽しいです
image


牛車乗りが終了するとお昼ご飯。タイ料理を自分で作るみたい。ソムタムとか難しすぎて、お店の人に手伝ってもらいます
image


ソムタム
image


空心菜炒め
image


お昼ご飯も食べたし、メインのカオヤイ国立公園にしゅっぱーつ。とりあえず、着くまで寝ます

とうちゃーく。ここが入口のようです。寝すぎて頭がふらふら
image


途中、野生のゾウがいたり、猿がいたりします

結構入って行くと駐車場があって、そこに車をおいて滝を見に行きます
image


ヘウナーロック滝かな、、、ここにおトイレもあるし売店もあるし一時休憩できます
image


ここから歩きます。森林浴
image


サバイサバイ
image


結構たくさん人が来てます
image


おっと、かなり急な階段
image


そして、滝
image


それでは、戻ります。さっきの急な階段。デブな私には相当キツイ何でも行きはサバイサバイ、帰りはキツイフーハ、フーハ、腹式呼吸を心がけます
image


行き30分、帰り30分の徒歩で普通なら楽々だと思います。子どもなんて先へ先へサクサク行ってました

そして、次はゾウ乗り体験。さすがツアーだけあって盛りだくさん。このリゾートに乗り場があるようです
image


きた
image


乗ってジャングルを入っていきます
image


川も入っていきます
image


結構深い
image


これでツアー終了。あとはシラチャに帰るだけ。とりあえず、バンコクまでまた寝ます何気に今日ずっと寝てるような、、、
image


今回参加したツアーですが、旅行者にとってはすごく盛りだくさんでとても充実していると思いましたバンコク泊で親が遊びに来た時とか連れてってあげたりしたら喜ぶかも

ただ、タイ在住者だと日帰り旅行でなくても全然オッケーだと思いました特にシラチャ在住者で日帰りはクレイジー過ぎるかと私だけか、、、普通はしないですよねシラチャからバンコクまでで2時間、バンコクからカオヤイまで2時間で、行き帰りで合計8時間 シラチャから近いカオキアオ動物園ですら1泊したのに、今回は何を思ったか、、、、


タイ在住者なら、ローカル市場もゾウ乗り体験も終了済みだと思うので、そういった人なら、カオヤイ国立公園をたくさん散歩して、カオヤイで1泊して帰るサバイサバイコースで良いと思います

カオヤイも沢山リゾートがありましたまた、道のりは、ほぼまっすぐなので自力で行くのも難しくないと思います

ま、シラチャからカオヤイまで、パタヤからカオヤイまで、バンコクからカオヤイまで、どこからでも土日休みの1泊2日で行けるなら全然ありかなっと

皆さんも是非行ってみてはいかがでしょうか。


2017年1月現在、シラチャバブルと言ってもいいくらいに宿泊施設がドンドン建設されてますよね シラチャでコンドを購入された日本人もいらっしゃるだろうし、気になるとこだと思います

シラチャのホテルで勤務されてる日本人のお知り合いに聞いてみたところ、昨年2016年ではシラチャのホテルやアパートの稼働率は40%-60%だったようですホテルやアパートがこのくらいの稼働率なら、かなり立地の良いコンド以外は、稼働率はもっと低いと思われます

つまりは、2017年現在で既に供給過多になっているということですね。それなのに、まだまだ建設l。のコンド、アパート、ホテルがあるっていうのがすごい状況だなっと思います
image


2017年、2018年にはオープンしそうなのは、旧ナイトマーケットにある『アタラホテル』、サミティべート病院近くの『カリン ホテル』、イースタンタワー隣の『ラダプラス』、日本人学校に近い『ラグゼ』などなど。

他にも最近オープンした『バルコニーシーサイド2』、『マリーナベイ』、『スカイ』などもあります。こんな状況なのに、上記以外にも、まだまだ建設中のところがあって、『タイの不動産バブル崩壊は、シラチャが発端になるんじゃないかな』っと、思ってしまいます
image


また、5年くらいシラチャに住まれてる方だと、日本人の数がグッと減少したと感じる在住者もいらっしゃるかと思います。

というのは、3-4年前は、偶然的に色んなことが重なって日本人の数が増加したと考えています。1つ目は、アユタヤの洪水で、こっちの方の工業団地に移動して来た企業さんがその時期に多かった。2つ目は、自動車大手S社さんがヘマラート工業団地に工場をオープンした。3つ目は、自動車大手M社さんが、多分3車種だったか、新車の生産を始めた。

で、上記が偶発的に重なって、シラチャの日本人は増加したんですが、それは継続的なものでなく一過性なものだったんです。アユタヤから企業さんが移動すれば、それで終了ですし、工場オープンも生産が落ち着けば、ヘルプで来ている人は帰国しますし、新車の生産も同じことが言えます

そのため、『日本人が激減したのではなく、本来のあるべき数に戻った』と考える方が正確かもしれません
image


その上で、駐在員の家族帯同が増加して、単身者が減少してるし、家族帯同の日本人は、日本人学校周辺に住み始めた結果、シラチャの日本人の居住区が2つに分かれてしまったので、シラチャ中心地の日本人の数がグッと少なくなったようにみえるんだと思います。

でも、3-4年前の景気が良い状況をみて、お金持ちのタイ人投資家がシラチャ中心部に一斉に投資をしてしまったもんだから、現在の宿泊施設の供給過多が起こっているんだと思います。

シラチャにホテル、アパート、コンドを建設しているタイ人投資家の大多数は、シラチャに土地を持っていなかったので、『こんなに儲かりそうな話があるんなら早く』っと、その時点で、急いでシラチャの土地を購入してしまっているし、建設業者とも契約してしまっているので、止めるに止められないというのが、現在の状況かと

これが、徐々に状況を見ながら投資できてたらもっと違う結果になったと思うのですが、シラチャの中心部の土地は限られてるから、その時はそれがベストだと思ったんでしょう

昨年2016年でも、英語、タイ語のメディアに限らず『シラチャはホテル不足』って、かなり過熱気味に記事を書いたり報道したりだったので、実際の状況っての在住者でもない限りなかなか伝わりずらいのだと、改めて感じました

もちろん、シラチャには観光資源などはありません。また、シラチャ周辺の工業団地に、大手企業さんは既に進出しているので 、これ以上の大手企業さんの新規参入がないなら、ここから日本人が劇的に増加することは無いのではないかと思っています
image


今後も家族帯同は増加すると思うので、宿泊施設だけでなく、シラチャ中心部の飲食店も、大変になっていくと思います。家族がいれば、家でご飯を食べるだろうし、夜の外出も少なくりますよね。

日本人学校ができた当時、シラチャ中心地に家族向きのお店などがオープンして、雰囲気が変わっていくのかと思っていたのですが、どうやら日本人居住区が2つに分かれていってるので、シラチャ中心部の雰囲気は変わらないかも。

そうなると、シラチャはどうなって行くのかなっと思ってしまいます一般人が知らない情報を投資家は持ってて、日本人が増加しないなら、日本人以外の需要を見据えて、投資家の人は投資をしてるのかなっとか勘ぐってしまいます

白人はパタヤなので、シラチャに住むってことは中々難しいと思うから、、、それなら、これもありえなさそうですが、住む価格が安くなって、中国人や韓国人といった他のアジア系がシラチャに住み始めてインターナショナルな町になるのかも、、、、。

または、高速鉄道の駅がシラチャ近くにできたり、レムチャバン港が拡張して、スーパー国際都市に発展するのかも、、、、、。とか、色々と想像が膨らみます ま、想像の範囲です 現実的には、面積も狭いし、シラチャがそこまでのポテンシャルがある町とは思えないですが、、、
image


どちらにしても、自己居住用でコンドを購入したならいいけど、賃貸収入や売却収入をあてにして購入した人なら、このままでいけばコンドの価格下落は必死なので気になりますよね。ここまでドッカーンっといっぱい建設中なので、何かしらの大きなプロジェクトがあるんじゃないかなーと、勝手な想像はしています

2017年1月1日からパタヤとホアヒンを往復するフェリーが運行しているという情報がありました。数日間は無料で乗客をのせて、実際には1月中旬から公式に運行開始となるようです運営会社は『ロイヤル パッセンジャー ライナー』というとこ

下の地図で、赤い所がホアヒンです。確かにバンコクの方を通ってグルっと回って行くより、パタヤから直線で行けるので時間短縮になりますね
image


シラチャからホアヒンまで陸路で行くと5時間くらいかかるのが、海路だと1時間30分で行けるようで、まだフアヒンに行ったことのないシラチャ在住者にとっては朗報ですね

シラチャにお友達が住んでるとかならバンコクからでもありかも。あとはパタヤに遊びに行ってからとか

片道料金は1200B前後で、一日一本ずつの運航ということです。パタヤの方は、ラン島に行く時に利用する港『バリハイ』から出るということです

英語で申し訳ないですが、下記が運航スケジュールです
image


ちなみに、2017年2月20日現在、上記の番号、会社フェイスブックに記載されてる番号に電話しても繋がりません、、、。

現在は一本ずつですが、将来的には本数を増やすということですが、タイなので実際にそうなるかは分かりません

また、乗客をのせての初航海だった1月1日は、天候の関係で出航できなかったようで、まだまだ完璧といった感じではないようです。そのため、今すぐの利用でなく少し運営が落ち着いてから利用するのがいいかもしれませんねタイはそのへん結構怪しいから正常運行が可能になった後の方が安心かと思います

また、オンラインでのチケット購入ができるのか確認しましたが、2017年2月20日現在はまだ購入できるサイトを見つけることができませんでした

すごく利用してみたいですが、海路なので天候の都合もあり、旅行計画を立てるとなると中々難しいなと思いました。例えば、チケット購入して、ホアヒンのホテル予約もしたのに、天候の都合でフェリーがキャンセルになったりすることがあるということですホテルの当日キャンセルとか受付してくれなさそうだし、、、

また、片道1200B前後なのでタイ人の利用客がどこまで見込めるのか、財政的にやっていけるのかなっとも思いました

フェリーがあると、シラチャ在住者にとってはすごい便利なので、どうにか継続して運営していって欲しいです

後日、利用できる機会があれば、情報をアップデートします

家族でシラチャに在住だと、とにかく土日が困りますよね

バンセンはもう行ったし、パタヤセントラルも何回行ったか、シーチャン島は1回で十分だし、、、

てなことで、とりあえず日帰り旅行ができるルートがあったのでご紹介します

ルートは、、、 、、

スイス羊園⇝︎カオシーチャン仏陀⇝︎ラーマヤナウォーターパーク⇝︎シルバーレイクブドウ園
image


何故このルートかというと、一本の道に上記のアトラクションが全部あるからですジョムティエンのちょっと先
image


分かりにくくて申し訳ないのですが、スクンビット道路からラーマヤナウォーターパークまで伸びてる道路に全部あります
image


とりあえず、9時くらいから出発して、ラーマヤナウォーターパークは子どもが楽しめるので、そこを目的地にします

モーターウェイからも行けますが、アトラクション全部見るならスクンビット道路から行く方が良いと思います

途中、スイス羊園は入りませんでした、、、、。すいません。時間に余裕があったら是非

あと、スイス羊園を過ぎると、カオシーチャン仏陀があります。とりあえず、1回見れば十分かなってアトラクションお寺もあって降りて見たい人は見てもいいし、そのまま車から見ながら通り過ぎるのもありかと
image


で、とうちゃーく! インドの物語『ラーマヤナ』を意識してか、遺跡っぽくしてますねゲートは微妙ですが、中は楽しめます!
image


※ラーマヤナ物語はインドから伝播されて、タイやカンボジアなど東南アジアでも色濃く残ってます。そもそも、タイは、象の神様『ガネーシャ』なども信仰してるし、タイ社会自体がカースト制っぽいのでヒンドゥー教の土台があると思わないですか

ラーマヤナ物語の主人公の名前は『ラーマ』。簡単なあらすじは、ラーマが悪魔に誘拐されたシータというフィアンセを助けに行くって物語です。シータって言うとラピュタを思い出しますね。主人公のラーマ、、、何かタイでも聞いたことある名前ですね


うんちくは置いといて、とりあえずチケット買います!ちょうどプロモーションで、大人2人なのに1人分ですみました。『タイの免許を見せて』って言われたので、持っていくといいのかも
image


チケットというか、腕に巻くチケットかな。QRコードがついてます
image


パタヤから送迎もあるみたいなので、パタヤ在住の日本人ならいいかも
image

ロッカーやシャワールームも完備
image


QRコードを読み込ませると自分のロッカーが開きます。面白い。残念なことに、タイの方が日本よりIT関係が進んでると思いません? 日本に帰った時のネットが使える場所の少ないこと、、、タイはそこら中にあるのに
image


ひろーい
image


入ってみると、、、
image


波のプールがあったり、、、
image


スライダーがあったりします。このスライダーは大人でも楽しめます!結構怖い、、、。子どもの方が無謀で果敢に行ってました
image

※ちなみにスライダーは全部で6箇所くらいあって、大人でも全然楽しめます

これは大きな桶から水が出ます。ちなみに桶のモチーフは『ハヌマーン』というラーマヤナに出てくるお猿さん。主人公ラーマを助けます
image


ドッシャーンみんな水浴びに群がってます
image


ま、大人はこういったとこで寛いだり、、、
image


サバイサバイ
image


あと色々あって、迷路とか
image


スプラッシュなんとか
image


夕方まで遊ぶにはいいと思います。ここは18時にクローズなので、終わったら、シルバーレイクで夕食を食べて帰るのが良いルートかなーと個人的に思います

シルバーレイクとラーマヤナってオーナーが一緒なのかなって思うくらい隣にあるんです!
image

※シルバーレイクは毎年ジャズフェスを開催するので行ったことある人も多いかも

じゃ、18時からシルバーレイクに行きますラーマヤナウォーターパークは入場料がいりますが、シルバーレイクは入場料ないです!
image


広大なブドウ園
image


ひろびーろ
image


ここがレストラン。シラチャには皆無な感じで雰囲気良いです
image


入ってみると、南米系のデザイン
image


ブドウ園を回るツアーもあります。100Bと250Bだったかな。コインがもらえて、途中ブドウジュースと交換できます
image


ここレストランでご飯食べてシラチャに20時~21時くらいに帰宅できたらベストかと思いますもうちょっと早く帰るなら、ラーマヤナウォーターパークで18時までテムテムで遊ばないってのもありですし。そこはお子さん次第ですね

小さいお子さんがいらっしゃるなら、帰りはお子さん相当眠いと思います。なので、ルートは省いたりしてもいいかなっと

とりあえず日帰り旅行としては、なかなか良いルートじゃないかと思うので、皆さんも是非行ってみてください!





毎年パタヤのカウントダウンは、花火がそこら中で上がって1回は見ておきたいイベントです

バーもすごく盛り上がってて、2016年もドッカーンかと思っていたら、、、
image


いきなりカウントダウンが始まって、花火がポンポンと5発くらいで終了でした、、、、王様が亡くなったのもあって自粛したんですね、、、

シラチャの方が花火がもっと上がったらしく、パタヤでは珍しい自粛ムードでした

今日はパタヤの日本食レストラン『深夜食堂』に行ってみます
image


シラチャほどではないですが、意外にパタヤは日本食レストランが多く、お店を選べるくらいです

深夜食堂さんのロケーションは、中華レストラン『レンキー』がある通りで、日本食レストラン『泰一』の向かいになります

ここから入っていきます
image


まっすぐ進むとカラオケになってしまうので、左の階段を上がっていきます
image


2階に上がると、まずは屋外テーブル席。キレイにされてますね
image


そして、店内になります
image


こっちの方に座ります
image


メニューは結構あります
image


軟骨
image


牛タタキ
image


ご飯
image


シャカリキみたいに、若い人やファミリーで行きやすい感じの居酒屋ですので、パタヤに旅行で来られる方、在住者の方は行ってみてはいかがでしょうか

深夜食堂さんを出ると、すぐ右にも新しい日本食レストラン『まごころ』がオープンしてました
image


歩いてると、、、ソイ6のセカンドロード側に『時代屋』の2店目がオープンしてました
image


シラチャのホテルやレストランはすでに供給過多になっていますが、パタヤも何気にそうなってる気がします、、、、

シラチャを歩いていると、バルコニーアパートメントのバンを良く見かけますよね

つい最近知ったのですが、あのバンでパタヤ往復ってのがあって、バルコニーアパートメントに滞在してなくても100Bを払えば、外部の人でも乗れるということです
image



早速、利用してみます

シラチャには停留所が2箇所あります。一つは「イオン」、もう一つはソイソニー近くの「セブンイレブン隣」です

今回は、セブンイレブン隣の停留所に行ってみます

中に入るとカウンターがあるので、そこで100Bを支払います。中はラウンジのようになっています
image


シラチャ発、パタヤ発の時間です
image


WiFi、お菓子やコーヒが無料で提供されてるので、待ち時間もサバイサバイです
image


image


image


それでは、乗り込んで出発
image


40分くらい乗ったら、、、

パタヤ着です。到着地はパタヤハーバーモールになっています
image


一人100Bで、コーヒやお菓子が無料のラウンジ、カウンターのスタッフやバンの運転手のコスト、ガソリン代など考えると、「利益がほとんどないのでは」と思いましたが、バルコニーサービスアパートメントとパタヤハーバーモールのオーナーさんは同じ人なので、シラチャの日本人需要を取り込むのに、このバンを運営してるということですね

通常のローカル運営のバンは40Bですが、少し高いだけで、乗り心地も良いので、バルコニーアパートのバンの方がベターです

社用車が気軽に使えないって人は、是非利用してみてはいかがでしょうか。

以上です。







日本に数軒あるフーターズがパタヤにオープンしてますよね! 行ってみます!
image


フーターズの歴史は、1983年にフロリダにオープンしたのが始まりで、今では世界30ヶ国に展開。売れた要因は、フーターズガールというスタッフがいて、パーティーみたいな楽しい雰囲気がある点ですね
image


さて、ロケーションは、ビーチロード沿いのソイ13/1と13/2の間になります

到着です。昼間なので静かです。
image



店内は天井が高く広々しています。
image


とりあえず、メニューをもらいます

メニューは、ジャンクフードのみって感じです
サラダとかはあるので、ハンバーガー屋とアメリカンピザ屋を組み合わせたような、なかなか選びにくいメニューになっています価格もハンバーガー1個が500バーツを超えるので強気のお値段

じゃ、バッファローウィングとオレンジジュースを注文バッファローウィングは、ソースを選べるようになっててバーベキューソースを選択。ディップはブルーチーズにしました

来ました!何とも不健康そうな食べ物です!
image


単にサイズが大きいだけで味は普通ですねブルーチーズのディップは、かすかにブルーチーズで殆どマヨネーズといった感じです


イベントが色々開催されるようですが、いる時間帯にイベントがなかったので残念むしろ、イベントがないならここに来るメリットを探すのが難しいと感じました お客さんもそんなにいなかったので昼間は利益がでているのか微妙です。
image


皆さんは、是非夜の時間帯大勢と来てみてくださいね!

以上、パタヤの『フーターズ』でした!

バンセンの『バイクウィーク』があるということで行ってみます


バイクウィークは、年に一回、バンセンで開催されるイベントで、毎年この時期になります。バイクが好きな方には、すごく楽しいイベントだと思います。2015年の今年、初めて行くことができました
image


イベント会場は、バンセンのウォーキングストリートで開催されているのかと思っていたのですが、実はもう少し先でした

地図の掲載方法が分からなかったので、文字で説明します。分かりにくいですが、、、、

シラチャからのアクセスだと、スクンビットをずっとバンコク方面に行って、バンセンの交差点を入って行きます。この交差点は大きな交差点なので見逃さないと思います。

そこから、海に向けてまっすぐ直進すると、左手にブーラパ大学が見えてきます。まだ真っ直ぐ行くと、海に突き当たるので、そこから右折します。

右折すると、バンセンのウォーキングストリートなのですが、そこを更にずっと直進すると、Y字路に突き当たるので、そこを左のほうに入って行くとイベント会場です。

多分、あの辺りに行った事のある人なら、、、、何となく分かるかな


それでは、イベント会場に入ってみますね
DSC_0373



バイクの台数がすごい
DSC_0374



かなりの台数が集まっています
DSC_0366



屋台も出てます
DSC_0370


日本人の方が作られていたので見せてもらいました。材料は日本から持って来てるということで、かなり力が入っています。毎年バイクウィークに参加されてるようです
DSC_0375



さすが美味しいです
DSC_0379


ついでに、写真も撮らせてもらいますどこかで見かけた方だと思ったら、イオンのオープニングイベントに出演されていたサイアムカウボーイという方でした。面白い名前
DSC_0380


バイク好きの日本人が今日のために集まってるようです。結構、日本人が参加しているとは知りませんでした。話し込んでいたら夕方に、、、、


また、別の日本人の方が来られたので、後ろからサクッと撮らせてもらいます
DSC_0418



イベント会場を回ってみましょうか


すごい人数、、、、。音楽ステージが3か所も設けられていて大規模です。シラチャ日本祭りの5倍以上あるかな、、、
DSC_0393


ちょっと話しかけて写真を撮らせてもらいます。どうやら、タイ各地にバイクの集まりがあって、それぞれの場所から来ているようです。この人たちは、レムチャバンからDSC_0411


こちらはチョンブリから
DSC_0388


大型のバイクだけでなく、色々なバイクの集まりがあるようです
DSC_0406


クラシックカーも
DSC_0405


すごい台数
DSC_0402


この人形は、シラチャの酒場にある人形と同じ、、、
DSC_0409


ガソリンスタンド  
DSC_0397


夜22時ですが、まだまだ熱気に溢れています
DSC_0434


シラチャ、パタヤ、バンコク在住のバイク好きの日本人の方は、来年、是非行って見て下さい

今日は、パタヤにある3D美術館『アートインパラダイス』に行ってみますね


ここは、ご家族でも、お友達とでも楽しめるので、休日にシラチャから行くにはいいと思います1人で来ると、写真が撮れないので、オススメしません。ここは、一緒に来た人と写真を撮って楽しむのがポイントなので

入口で入場券を買います大人500バーツで、子供300バーツですATMがすぐ右にあるってのが面白い
DSC_0420



靴を脱いで入場とのこと


始めにあるトリックアートです英語とタイ語で説明がありますが、どちらもできないので理解不能でしたが、絵をじっくり見ると、意味が分かってきます
DSC_0421


これは、右から見ると3本、左から見ると4本どうですか、、、不思議ですよね
DSC_0422


同じ部屋に、TIMEやVOGUEの表紙これと一緒に撮影すると、自分がTIMEの表紙になったように写ります
DSC_0438


次は海のコーナーです
DSC_0429


一緒に撮影すると、サメに食べられそうな感じになります
DSC_0436


竿の部分を握って撮影すると、釣り上げた感じになりますちなみに、実際は絵なので、竿は握れませんが、握った感じにしてみて下さい
DSC_0434


次はアフリカコーナーです
DSC_0430


キリンが飛び出して水を飲んでるように見えますよね
DSC_0432


象が出てきてます
DSC_0442


これも面白い
DSC_0440


私はこの絵が一番不思議に思いました。これだけだと分からないですね、、、。是非行って見て下さい
DSC_0449


次は西洋美術コーナー
DSC_0456


右のポットを持つと、お水をあげてるように写ります
DSC_0452


これも面白い
DSC_0455



アート数はかなり多いので全部は紹介しきれません。申し訳ないです、、、、


ずっと行くと、大広間に出ます
DSC_0461


最後にペンギンがいて、、、終了
DSC_0469


全部回るのに、人によりますが、1時間~2時間はかかると思います。


出ると待合所になります
DSC_0470



待合所の模型も面白いのでご紹介


ソンクランですね
DSC_0473


水上市場
DSC_0475


タイの田舎
DSC_0476


シラチャ、パタヤ在住の日本人の方で、まだ行ったことのない人は是非行って見て下さい。楽しいですよ

以上、パタヤのトリックアート館『アート イン パラダイス』でした

今日はパタヤの『サンクチュアリー オブ トゥルース』に行ってみます。日本語訳すると、『真実の聖域』って意味になりますが、どんなところなのでしょうか

 あるのは知っていたのですが、観光客でもないのでずっと行く機会がありませんでした、、、。シラチャ在住の日本人の方だと同じだと思います

ロケーションは、パタヤのナクルア ソイ12から海の方に向かって行きます。かなり奥に入って行くので、車なしでは不可能なロケーション

到着!タイ語で書いてあります
DSC_0416

 
入るとすぐに入場券を購入する建物があります。入場料は500バーツと高めの設定。ここで帰りのタクシーも予約できるみたいですよ
DSC_0414



それでは、入場券を購入して、敷地内に入って行きます
DSC_0360


途中に鳥がいます
DSC_0413


グングン入って行くと、レストランとビューポイントがあります
DSC_0363


とりあえず、いつもお腹が減ってるので、レストランを見かけたら考えずに中に入ってみます何品か注文しますね

ラープムーサップ
DSC_0372


スープ?名前忘れました、、、
DSC_0377


グリーンカレー
DSC_0374


何とかウンセンっていう食べ物
DSC_0378


レストランから撮影した『サンクチュアリー オブ トゥルース』。行く前までは、単なる観光地で、微妙だろうなと思っていましたが、なかなか壮大です
DSC_0376


ご飯も食べたし、そろそろ行きます。ここから下に降ります。ドンドコ、ドンドコ、ドンドコ←階段を下りて行く時にかかってそうな、自分で考えたBGM
DSC_0385



フーハー、フーハー、階段が結構きつい。帰りのことを考えたくない


やっと、下につきました。ここからはヘルメット着用とのこと
DSC_0411



じゃ、ヘルメット着用して進んでいきますね



途中にある木像
DSC_0387


途中にアクティビティをオススメする看板が、、、、ここまで来て、こんなものがあるとはもちろん、しません
DSC_0394


アクティビティ用の象、、、。観光客ならありかも
DSC_0390



そこを過ぎると、、、、


出ました!真実の聖域です
DSC_0392


中に入ってみましょう
DSC_0398



まだ建築中の部分もあります。1981年に着工。あと10年ほどかかって完成ということで、かなり手間がかかっています
DSC_0400


木像。寺院は、釘を一切使わず建設されているということで、確かに釘がありませんでした。木の釘はありましたが
DSC_0409


奥の方にある木像、、、きれいですね
DSC_0407


と、こんな感じです。寺院はそこまで大きくないので、30分もあれば回れるかな

以上、パタヤの『サンクチュアリー オブ トゥルース(真実の聖域)』でした!




バンコクにもあるタイレストラン『キャベツ&コンドーム』がパタヤにもあるようなので行ってみますね

レストラン名がかわってて面白いですよね
image


ちょっとアクセスが難しいのです『PATTAYA』って大きい看板がありますよね。ジョムティアンとパタヤの中間で、あの辺を『プラタムナック』と言います。そこのソイ4になります。

このレストラン、どうやらタイでコンドームを認知させた政治家のMr. コンドームこと『ミーチャイ氏』がオープンさせたのが名前の由来ということです


レストランはホテル『バード&ビー』の中にあります。
image



ホテル内ですが、森の中を入っていきます。
image


色々な看板があって、読んでみると面白い☺
image



レストランが見えて来ました
image



店内には『コンドームの木、、、
image



マネキンがあるかと思ったら、、、
image



コンドームからできてます、、、
image



っと、まあコンドームが色々あるのですが、このレストランのポイントはっロケーション


コンドーム、コンドームと書いときながらいまさらですが、ここは結構大きいレストランで、4階層になっていますしかも海の目の前そこが、このレストランのポイント


ここは入口の1番上のテーブル席アジアンリゾートって雰囲気があります
image



1番下の席海がすぐそこでザウーンザウーンと波の音が聞こえます
image



ここは3改装目の多分一番人気だと思うテーブル席に、西日が眩しい
image



ちなみに頼んだメニュー


ソムタム最近もう飽きてきました、、、
image



あとスープこれは良く見かけて普通にヘルシー
image



ご飯のハーフ&ハーフ
image



こんなにアクセス悪いのに、観光客も結構行ってるのが頷ける雰囲気で、すごくリラックスできます


家族でもいいけど、カップルがベストなレストランです夜の方がオススメっぽい


行ってみたい人のために
image

11月は何かとイベントが多い月なので、2015年11月のシラチャとシラチャ周辺でのセミナーやイベントをご紹介します興味のある人は参加してみてはいかがでしょうか


ご注意: 日程など詳細情報は、変更があったり、間違って記載している可能性もあるので、出席してみようかなっと思う方は、念のため、ご自分で再確認のほど宜しくお願い致します


2015年11月1日『早稲田アカデミー主催、海外受験講演会』
「求められる帰国生像」と書いてあります海外にいただけで、何か求められるなら大人より子どもの方が大変ですね、、、2か国語が話せるようになってるとか、なのかな、、、
image




2015年11月6日、7日『第11回バンセン バイクウィーク』
こちらはシラチャでなくバンセンになりますが、「バイクウィーク」があります色んなタイプのバイクが集まって、出店もあり楽しいお祭りですシラチャからそんなに遠くないし是非
image





2015年11月12日『日本亭マルシェ』
こちらは日本亭さんであるイベントお米、野菜、魚、お酒など厳選素材を販売するとのことです。有名なお店も来られるので楽しみですよね
image




2015年11月12日『オイスカ幼稚園 園庭開放』日本人学校近くに移転したオイスカ幼稚園が園庭開放をするようです。当日は、絵の具を使ってのですが手形スタンプ遊びなどがありますロビンソン前から送迎車が出るようです「日本亭マルシェ」と日程が重なってるのでどっちかを選ばないといけないですね
image




2015年11月14日、15日『カナダ不動産投資 無料勉強会』
11月14日、15日『年金 無料勉強会』
11月16日『学資 無料勉強会』

こちらは、海外投資と学資・年金の無料勉強会です。なるほど海外投資には興味がないから、学資と年金に参加してみようかな
image





2015年11月16日~22日『Jパークでプロパティ フェア』
こちらはコンドミニアムの展示イベントです。多分、コンド各社のブースが出るんだと思いますラダコンドも出展するということは、シラチャで建設中の物件が余ってるのかも知れませんね

2年前にこぞって投資が始まったので、2015年の今年は既に供給過多な状況になっているシラチャ、、、これからホテルやアパートメントがまだまだオープンするので、中心部以外は大変なことになりそう、、、

シラチャ在住の日本人は状況が分かってますが、英語やタイ語の雑誌だと未だに「シラチャは住宅不足」って記事が出たりするので、これ以上煽らない方がいいような、、、
image




2015年11月20日『タイ人管理職のためのコーチング術』
こちらは、セミナーですが、「タイ人管理職のためのコーチング術」があります。場所はケープラチャさんで、参加無料タイ人の方だけが参加できるということです。うちのマネージャーに是非という方がいらっしゃれば


テーマ:
ローカル化の促進
組織の再組織化
会社風土を改定
管理能力の強化
個人能力の強化
タイ人のリーダーを育成


日程: 2015年11月20日(Fri.) 14:00-16:00
場所: ケープラチャホテル
人数: 20名様まで
電話: TEL 02-104-9181 or 081-821-9363
メール: info_th@coacha.com




2015年11月21日、22日『毎年恒例のシラチャ日本祭り』
説明不要ですね。今年もブースがかなり出るようなので、例年通りの賑わいがあると思います
image





2015年11月24日~29日『バンセン スピードフェスティバル』
バンセンになりますが、面白いイベントなのでご紹介しますねこれは「スピードフェスティバル」と記載がありますが、「公道レース」と言ったら分かりやすいかも知れません見どころは最終日になります

1度行ったことがあるのですが、かなり面白いです公道レースって日本だとなかなか見れないですよねバンセンの公道をクローズして車がブンブン走ります公道脇から見る事ができるので迫力満点です

image





2015年11月25日『タイの伝統行事 ロイガトン祭り』
あとは、こんなイベントもありますタイの伝統行事でもあるロイグラトン祭りも11月です2015年は11月25日ようです(日程は念のために知り合いのタイ人に再確認して下さい)

さて、ロイグラトンの日ですが、シラチャだとロイ島でグラトン(灯篭)を流します

灯篭自体は、当日にシラチャの色んなところで販売されてるので、人数分買って、ロイ島で流せばイベント完了健康公園で出店が出るのでお祭りな感じです日本祭りが終わってすぐ次の週です
image



2015年11月28日「エッホンカフェでアコースティックライブ」


ランチで行かれたことのある方がも多いと思います。シラチャコンドビュー1階にあるエッホンカフェさんで、ギター、カホン、ウクレレなどアコースティックライブがあるようです。
image


2015年11月27日、28日『世界的にも有名なパタヤ国際花火大会』
シラチャではなくパタヤで毎年恒例の「国際花火大会」があるのですが、それも11月です。この花火大会は、5、6カ国が花火の鮮やかさなどを競います。過去、日本が優勝した年もありました日本で見たことのない珍しい花火が上がったりするのでシラチャ在住の方にはすごくオススメです。

ただ当日はすごーく渋滞するので、1泊した方がいいかもしれません。2日間あって、2日目が見どころです
image



11月はイベントやセミナーが多いので、カレンダーのチェックが必要です

他にもイベントがあれば教えて下さいね





パタヤの不良外国人にならって、平日の昼間をブラブラしてたら、入ったことのないイタリアンがあったのでご紹介します
image


ロケーションはセカンド道路のソイ6近くで、マクドナルドの向かいになります

堅苦しくない雰囲気なので、お友だちと来るといい感じです。値段もそんなに高くないです。


入ります
image



ピザを焼く窯がありますイタリアンって、どこも窯があるので、ピザを焼く窯を見ても特別な感じがしなくなりました、、
image



外はこんな感じ
image



中はこんな感じ
image



車の通る音が騒がしいですが、外の方が清々しいので外にしますimage



メニューはイタリアンとタイ料理があります。ピザのセレクションが多く、大きいサイズと小さいサイズが選べるので、なかなか良いです
image



まずはパンが来ました。ムシャムシャ
image



スープです。この水餃子みたいなのって、ロシア料理でも見かけるけど、何というんだろう、、、
image



サラダです。ムシャムシャ
image



ハムやサラミ盛り合わせ。2、3人分あるので、1人じゃ大変かな。でも、美味しいです
image



ピザです。4つの味が選べるというのでオススメをしてもらいました
image


デザートはサービスみたい
image



うーん、お腹いっぱいで動けない、、、


行ってみたい人のために
image



アクセスです。セカンド道路は一方通行だから気をつけて下さい。

image



流れてる音楽もサバイサバイだし、皆さんも是非行ってみてください

南パタヤにスリヤーミュージックという楽器屋さんがあります1号店はいたって普通の楽器屋さんなのですが、2号店は最強の小物屋さんなんです

家族で行っても楽しめると思うのでご紹介しますね

アクセスはいたって簡単 シラチャからパタヤに向けてスクンビット通りを直進すると左手に大きなギターが見えますそこが『スリヤー ミュージック アート』です南パタヤの交差点を通り過ぎて、水上市場を通り過ぎると、この大きなギターが見えるので見逃さないと思います
DSC_0269


敷地内に入ってみますね 奥には大きなアコースティックギターが
DSC_0236


敷地内左手には、コーヒーショップがあります喫茶『アラジン』、、、、
DSC_0234


少し中をのぞくと、、、こんな感じ
DSC_0270


外にはゴリラ
DSC_0235


じゃ、早速『スリヤ ミュージック アート』に入ってみますね
DSC_0279


結構広いです
DSC_0240


上を見上げてみると、、、ギターが照明に
DSC_0268


すごく沢山の小物があるので、パパッとご紹介します


とっくり
DSC_0246


食器
DSC_0245


重箱
DSC_0244


百人一首、小学校の時覚えさせられた記憶が、、、、タイで遭遇するとは思いませんでした、、、
DSC_0291


人生ゲーム、懐かしすぎる、、、、日本でも中々見かけない
DSC_0293


多分、お歳暮の横流し
DSC_0294


だるま
DSC_0284


ガンダム
DSC_0248


途中に大きいのも
DSC_0249

フィギア
DSC_0243


ゴルフクラブ
DSC_0250


ボール
DSC_0251


ジュークボックス
DSC_0282


オールディーズコーナー
DSC_0255


箱とかトランクとか
DSC_0254


額縁いろいろ
DSC_0257


オセロ、麻雀
DSC_0281


ビール瓶
DSC_0280


ピアニカとピアノ
DSC_0287


カメラ
DSC_0290


レコード
DSC_0288


自転車
DSC_0258


額縁
DSC_0260


2階もあるので行ってみますね
DSC_0261


コスプレ用衣装?
DSC_0264


こんな物をどこから、、、
DSC_0262


スキーの靴?流石に買う人はいないはず、、
DSC_0266


全部ご紹介はするのは不可能なのでこれくらいにします。買わなくても、ただ見るだけでも結構面白いので、行ったことのない人は是非行ってみて下さい


アクセスしやすいように名刺
DSC_0276

以上、『スリヤ ミュージック アート』でした

シラチャから1泊2日で行ける小旅行スポットとしてオススメなのは、『カオキアオ動物園』と『ラン島』です(←完全な独断)


sima01

前回、カオキアオ動物園のご紹介をしたので、今回はラン島のご紹介をします
カオキアオ動物園の詳細はこっち→シラチャから1泊2日の小旅行『海のラン島』VS『山のカオキアオ』

私がラン島をオススメするのは、シラチャから手軽に行ける割には、なかなかキレイな海があるからですサメット島やチャン島はちょっと遠いし、シーチャン島はビーチがキレイでないし、1泊2日でサクッと行って帰れると言えばラン島です


ラン島のアクセスは比較的簡単ですパタヤのウォーキングストリートを抜けたところにある港から船が出ています。船に乗っておよそ40分でラン島に到着です


プーケットに行ったことのある人なら分かると思いますが、ビーチはそんなにキレイじゃないですよねあそこまで行ってあれだけのビーチなら、ラン島で全然OKだと思います

それでは、ラン島に向けて出発今日は残念ながら曇り空
DSC_0017


反対に帰ってくる船
DSC_0021


島が見えてきました
DSC_0022


ラン島に到着
DSC_0025


お馴染みのどこの観光地にもある看板
DSC_0027


船着き場には、セブンイレブンや薬局があるので、わざわざ買っていかなくても、ここで何でも揃います
DSC_0029


セブンイレブン
DSC_0035


ラン島の地図ですビーチが数か所あって、賑やかなビーチ、静かなビーチなど結構分かれています
DSC_0031


ラン島の移動手段ですが、ソングテウ(乗り合いバス)かモータサイになりますですが、私がオススメするのは、レンタルモータサイ(原付バイク)ですラン島の宿泊するホテルやロッジには必ずレンタルモータサイの貸し出しがあり、300Bで1日中レンタルできますホテルを予約したら忘れずにモータサイも予約しましょう

オススメの理由は、ソングテウだと限られたビーチにしか行ってくれないからです。そして、ビーチ以外にも展望台があったり、お寺があったりしますが、ソングテウではアクセスできません。

カオキアオ動物園と同じで、免許証とかは聞かれなかったので、結構アバウトな感じですね


じゃ、レンタルバイクで探検します
DSC_0037


お寺
DSC_0036


すごい坂道
DSC_0052


途中で看板がたくさんあるので迷いません
DSC_0056


ビーチが見えたので、降りて行ってみます
DSC_0039


結構キレイじゃないですか
DSC_0051


ビーチでゆっくりします
DSC_0047


かなり沢山行くところがあって、1日だと足りないくらいですここは展望台
DSC_0062


ビーチを3か所回って、展望台に行ってたら、夜になってきました、、、
DSC_0064


港の方まで戻ってみると、市場が開いています
DSC_0066


夜になると、路上のいたるところでシーフードを売っています。選ぶと奥のお店で料理してくれるようです
DSC_0073


奥はレストラン
DSC_0074


イカ焼き
DSC_0078



DSC_0077


エビ
DSC_0075


ご飯を食べた後は飲みに出るため、夜のラン島をウロウロしますレンタルバイクで良かった

(探検中)


探検してたら、ボサノバが流れてるところを発見どうやら『PAUSE(ポーズ)』というお店みたい
DSC_0079


早速、潜入と思ったら、もう席がないということ、、残念
DSC_0080


また、モータサイで探検してたら、別のお店を発見
DSC_0082


潜入してみます
DSC_0083


外が良かったけど、外は満席海に面してて、なかなか良さそう
DSC_0098


店内で着席します
DSC_0099


座ってリラックス前のカップルがいちゃついています
DSC_0086


ちなみに、行ってみたい人のために名刺
DSC_0102


他にも探検してみたいけど眠くなったので、、、
DSC_0058

(睡眠、、、、、、、、、)

起床

朝もがっつり食べます
DSC_0113



と、こんな感じで1泊2日の小旅行が楽しめますお子さん連れだと、移動があるのでちょっと難しいかもしれませんお友達同士、カップル同士がオススメです


以上、シラチャから1泊2日の小旅行『ラン島』!でした

今日はパタヤのタイ料理教室に行ってみましょう

『ハッピーホーム』のウェブサイトを確認して、電話でまずは予約をとります今日予約してすぐできるみたいなのでラッキーでは、サイトに乗っているロケーションまで行きます

ずっとタイ料理教室に行ってみたかったので念願かないました

到着
DSC_0284


民家なんですねおじゃまします
DSC_0289


色々あります
DSC_0288

先生が『今日は3品作りましょう』とのこと選べるみたいなので、王道を選びましたテキストも付いてるので家に帰っても作れます
DSC_0325


まずは、何ていう名前か忘れたけど、カレーでココナッツミルクが入ってる料理(←作ってみたかったんです)これで、味付けを作ります。結構いろいろと香辛料が入ってます
DSC_0292


そして、こやつらを入れ込みます
DSC_0294


炒めて炒めて
DSC_0295


出来上がり自分で言うのも何ですが美味しいです
DSC_0298


次はパッタイ
DSC_0301


炒めます
DSC_0304


これも食べます作ったら食べるので、お腹が一杯になってきました、、、
DSC_0305


次はソムタム
DSC_0319


ソムタムに使うもの
DSC_0320



豆をゴリゴリ
DSC_0321


遂に初ソムタムの完成やればできるんですお、お腹いっぱい
DSC_0322

お持ち帰りして、タイ人のお友達に食べてもらったら、『んー、微妙』とのこと。『味の素も入ってないし、唐辛子も少ないし』だって、、そんなところで美味しさを計ってるのが意味不明

料理は楽しいですよね日本に帰って、タイ料理が作れたりしたら、ちょっと人気者になれそうな気がしないでもない、、、、

以上、パタヤのタイ料理教室『ハッピーホーム』!でした

私は、パタヤのスタバが一押しなんです(←誰も聞いてない

ほとんどのスタバって、一等地で人が一杯いますよねパタヤのスタバ3階は、何故か人が少なくて、落ち着く場所なんですしかも結構良いデザイン

それでは、勝手にパタヤのスタバをご紹介興味のない人にはすいません


お店の前ですロケーションはソイ13だったかな
DSC_0105


1階です一階は狭いしごちゃごちゃしてるから、注文したら速攻で3階に上がります
DSC_0104


上がって行くと、まず1つ目の階段
DSC_0103


2階です2階はタバコが吸えるようなので喫煙者には良いはずオーシャンビューですし
DSC_0100


2階も中々良いのですが、デブの私は3階を目指して、更に上に行きます2つ目の階段
DSC_0101


3階に到着どうですかラウンジっぽくて良くないですか隠れ家っぽいし、3階だからあんまりお客さんが来ません
DSC_0097


充電できるようにコンセントも完備(←充電用じゃないんだと思いますが、、、) スタバはWifiがフリーじゃないのが難点ですが、そこは仕方ないですね
DSC_0099


小一時間ゆっくりしました


そういえば、スタバの隣に『フーターズ』ができるみたいですよ日本でも東京と大阪にありますよねアメリカンスタイルのレストランで、女性店員さんが白色とオレンジ色の服を着てるって有名になったあれです
DSC_0096


日本で行ったことないからオープンしたら行ってみたいと思います

以上、パタヤの『スタバ』でした

今日はパタヤのカフェを2つご紹介しますね


まずは、『ローフ(Loaf)』
DSC_0631~2


ロケーションですが、、、、、


パタヤのソイブアカオとソイダイアナの交差するところにファミマやサブウェイがありますよね(←申し訳ないです、パタヤ在住者しか分からないかも、、、)その交差点からサードロード方面に行くと右手にあります


お店の前
DSC_0633~2


入りますどっちかというと、パン屋さんだけどカフェでもあるって感じかな
DSC_0604


色々なパンが販売されてます
DSC_0617


こっちも
DSC_0616


こっちはお菓子
DSC_0615


ケーキが美味しそう
DSC_0632~2~2


着席してメニューをもらいます
DSC_0612


なかなか凝ってあるメニューです
DSC_0605~2


パスタがあったり、、、、
DSC_0609~2


サラダがあったりします
DSC_0608~2


注文して数分すると、、、
DSC_0611


グリーンティーが来ました
DSC_0618


1品目のサーモンの何とかすいません、全くメニュー名を憶えていませんでも、なかなか美味しい盛り付けもGood
DSC_0621


ピザも来ましたピザは普通かな
DSC_0627


それでは、2つめは『ラ バゲット』
DSC_0061


とにかくワッフルが久しぶりに食べたかったので、シラチャからパタヤに向かいますもうパタヤに住んだ方が断然良いような気がしてきました、、、

ラ バゲットは、パタヤのナクルアにあるホテル『ウッドランズ』の表にあります
DSC_0095


入ります
DSC_0091


色々な物が販売されています
DSC_0092


美味しそう
DSC_0087


店内は人が多いので外に座りますくぅー、デブの私にはきつい、外の暑さ
DSC_0069


色んなメニューがあります
DSC_0066


注文して数分後、、、


グリーンティーが来ました
DSC_0080


そして、目的のワッフルに到達
DSC_0077
美味しいです甘くし過ぎてない分、上品な感じ


以上、パタヤのカフェ『ローフ』と『ラ バゲット』でした

しゃかりき432さんに続いて、パタヤにウッドボールさんがオープンしたみたいなので、早速行ってみましょう

ウッドボールさんと言えば、バンコクに7店舗を展開する日本式バーですよね女性でも入りやすいので、シラチャ在住者でも、バンコクに行った時に利用したことがある人もいらっしゃるかもしれませんね

スナックやカラオケが多いシラチャだと、酒場さん(別名:ラットフィンク)がウッドボールさんとは近い業務形態になります

DSC_0968


シラチャからパタヤのウォーキングストリートに到着っと、、、、
DSC_0920[1]


ウォーキングストリートの入口から、1分もかからないうちに右手にウッドボールの看板を発見
DSC_0921


イタリアンレストランが1階にあって、その上にあるようです 早速入ってみましょうかDSC_0922


『エレベーター、もしくは階段で3階までお上がり下さい』とのことなので、もちろん階段
DSC_0923


上がって行きます
DSC_0925


2階はまだ工事中みたい
DSC_0926


3階に到着 早い時間なのに結構人が来てます
DSC_0927


入ります
DSC_0934


店内は広々としています ながーいカウンター席と後ろがソファ席 
DSC_0954


カウンター側(すいません、カメラの性能が良くなくて、めちゃくちゃ青くなってます)
DSC_0976


ソファ側
DSC_0965


着席すると、オープン記念のスパークリングワインが出てきました
DSC_0937


カラオケもあるみたいですよ
DSC_0975


すごくびっくりしたんですが、パタヤ店のマネージャーさんは、漫画家『佐野エチケット』さんです このシュールな漫画に見覚えのある人は結構マニアック 漫画が先行されてしまいましたが、佐野さんのホスピタリティの高さにもびっくり 人生観も興味深いのでお話しすると楽しい方です
DSC_0953


ウォーキングストリート側にはアウトドアスペースがあります
DSC_0964


喫煙者の方はこちらでおタバコが吸えるようになっています
DSC_0956


ここからウォーキングストリートが見れます こんな風にウォーキングストリートを行きかう人たちを見るのは初めて色んな人が歩いています
DSC_0957


パタヤ店ですが、もっと奥に潜入させてもらうと、、、、
DSC_1000


個室カラオケボックスがあります(暗くて申し訳ないです)
DSC_0998

ちなみに、、、、
DSC_0977


さらに、ジャグジーがあったりします   海を目の前にジャグジーなんて贅沢なデザイン 花火大会をここで見れたら最高すぎますね
DSC_0988

帰る頃には満席になってたので、かなり多くの人がオープンを待ちわびていたのかもしれません。シラチャから来れた方、バンコクから来られた方もいらっしゃって、大盛り上がりでした

パタヤ在住の日本人の方は、すぐ近くなのでラッキーですね

以上、パタヤにウッドボールがオープンでした



シラチャにいると、ほとんど日本人の方は、ソンクラン中に、日本に帰ったり、海外旅行に出かけたりされますよね毎年、私もソンクランから逃げるように、海外旅行に行ってました

けど、今年はタイにいたので、シラチャとパタヤのソンクランをちょこっとアップデートしますね

パタヤのソンクランですすごい人だかり
DSC_0251


入口?何の入口かと思ってたら、、、
DSC_0253


パタヤのセントラル前みたいこの人数、地獄絵図
DSC_0249


日本国旗を持ってる人もクレイジーになっています
DSC_0095


こんな感じで、クレイジーなソンクランがずっと続きます、、、、
DSC_0255


シラチャはというと、、、

U-Barやビンテージ前です道路が泡だらけは、早く帰って寝よう
DSC_0237~3


シラチャのお昼は、賑やかではないですが、夜は色々なところでイベントをしていました

ソンクランですが、1回目は楽しいのですが、2回目くらいから面倒になりませんか来年はやっぱり海外旅行に出かけようと決心した2015年ソンクランでした、、、

以上、2015年 シラチャとパタヤのソンクランでした

2015年1月~3月のシラチャ周辺であったニュースをピックアップ


NewsPaper03

2015年1月5日 タイ赤十字とLINEタイランドがステッカーで協力
タイ赤十字とタイLINEがステッカーで協力するようです。ダウンロードされたステッカーの収益は、シラチャにある政府系の病院『ソムデット病院』のメディカルセンター建設費用に充てられるとのこと。ソムデット病院は、政府系の病院なので、日本人にはあまり行く機会がないですよね。ちなみに、ラマハーバーに行く手前にあります
46


2015年1月23日 ファミリーマートがシラチャ郊外のTPARKに配送センターをオープン
コンビニ大手『ファミリーマート』がシラチャ郊外にあるTPARKに配送センターをオープンした模様。この配送センターは、ラヨーン、チョンブリ、パタヤをカバーするので、タイ東部にある300店舗への配送が効率的に行われるようになります。(↓はシラチャ市内のファミマ)
20140828_105626[1]



2015年2月1日 イースタンシーボード工業団地の工場で火事
日系企業が多数あるイースタンシーボード工業団地。その工業団地内の中華系企業『リンロン インターナショナル タイヤ』で未明に火事が発生したようです。15軒ある倉庫のうち、6軒が全焼。被害総額は13億バーツとのことです。火の元には気を付けたいですね。
thCAKS0XIO
2015年2月4日 センタラグループ、シラチャで建設中のサービスアパート『ソンリサ』の経営に乗り出す
大手デベロッパー『スマイルコンド』がラマハーバー近くで建設中の『ソンリサ』ですが、センタラグループが経営するようです。ソンリサは全150室で、フィットネス、プール、アウトドアエリア、会議室、レストラン、子供用施設を完備のコンド&サービスアパートです。センタラグループは、タイ国内で48軒のホテル、サービスアパートを経営しています。
20140830_113639[1]


2015年2月6日 シラチャにも建設予定だった高架道路、反対が多く中止
昨年から話が出ていた高架道路ですが、18か月間の調査の結果、住民の反対が多数な上に、財政的にも難しく、中止になったようです←(発表する前に調査すればいいのに、、、)。元々、スクンビット道路の渋滞を緩和するために、チョンブリ、シラチャ、レムチャバンを通過して、パタヤまで行けるようにする案でしたね。今後は、現存する道路を拡張するなりで対応するようです。

昨年からの流れはこっち→シラチャに『高架道路』?!
20140830_103928[1]


2015年2月14日 ソイソニーに中華料理屋『ラチャ シャークフィン』がオープン
シラチャの中華料理屋さんと言えば、中華厨房や台湾小吃でしたが、シラチャのソイソニーにもう1つ中華料理屋さんがオープンしました。フカヒレをメインに提供しています。カラオケ『マーマレード』と同じオーナー。そう言えば、マーマレードさんのとこにある電子版の広告画面には『ラチャ シャークフィン』が頻繁に流れていますね。

詳細記事はこっち→シラチャの新しい中華料理店『ラチャ シャークフィン』!
DSC_0848



2015年2月26日 幼児虐待で2歳の赤ちゃんを死亡させたタイ人男性、シラチャのアパートで逮捕
逮捕された19歳タイ人男性は、2歳の赤ちゃんが泣き止まないのに腹を立て、胸と背中を数回殴って赤ちゃんを死亡させた疑い。母親は16歳タイ人女性ですが、離婚していたようです。タイ人って子煩悩だと思っていましたが、日本のような事件があるんですね、、、、赤ちゃんが可哀想で何とも言えない、、、、


2015年2月28日 シラチャ郊外に『たかちゃんラーメン』がオープン
シラチャ郊外に新しいラーメン屋さんがオープンしたようです。場所は線路を超えた中国人学校の近く。ラーメンの他、定食も提供しています。

詳細記事はこっち→シラチャの新しいラーメン店『たかちゃん ラーメン』!
DSC_1133



2015年3月7日 デベロッパーのNusasiri(ヌーサシリ)、シラチャにもコンドを建設
大手デベロッパーのヌーサシリですが、パタヤ(85億万バーツ)、プーケット(8千万バーツ)、そしてシラチャ(80億万バーツ)を投資してコンドを建設するようです。また、シラチャには57億バーツをかけて、『ヌーサ シラチャ 温泉』の建設も予定。アセアン統合や政府の鉄道計画などがコンド建設を後押ししてるんでしょうか。観光地のパタヤやプーケットはいいけど、シラチャは日系企業だけの需要だから、どうなるんでしょうか、、。
IMG_20150406_010544


2015年3月15日 迷子の13歳、警察とフェイスブックを使って母親と再会
ノンタブリからミニバンに乗って、シラチャの市場で母親と会う約束をしていた13歳のタイ人の子。ミニバンで眠ってしまい、結局パタヤの先のサタヒップまで行ってしまったみたい。更に携帯も紛失してしまい、サタヒップ警察に駆け込んだところ、フェイスブックで連絡がとれ、なんとか再会できたようです。良かった。
thCAHLY1MN


2015年3月17日 パヤタイ病院で死亡したバイカーの親戚、司法解剖を要求
タイ人バイカーの1人が、シラチャ警察の検問をかわそうとして転倒し、その後パヤタイ病院に救急搬送され死亡しました。目撃者の証言では、『銃声の後、バイカーが転倒した』とのこと。バイカーの親類もそれを受けて、死因は転倒でなく銃撃と主張しています。一方で、シラチャ警察の主張は、『威嚇のため空中に向けて発砲したが、バイカーに向けて発砲はしていない』とのこと。どうなるんでしょうか、、、。
018

2015年3月27日 DTACが4Gサービスを開始
バンコクでは既にサービスを開始していたDTACですが、チョンブリ県のシラチャとパタヤ全域もカバーするようです。ネットスピードが速くなるのは良いことですね。
eyecatch138



2015年3月28日 パシフィックパーク サービスアパートの3棟目がソフトオープン
ロビンソン近くに建設中だったパシフィックパーク3棟目がソフトオープンしました。スタジオ、1ベッド、2ベッドがあり、すでに1ベッドは満室。館内施設には、レストランや会議室も完備しています。プールやフィットネスは、現存する2棟目と共有するので、現在は2棟目と3棟目を繋ぐ渡り廊下を建設中。
DSC_0645


2015年3月29日 新川跡地に、『地鶏の鶏右衛門』がオープン予定
ビンテージ、海賊などがある通りに、日本食レストラン『新川』がありましたよね。そこに地鶏を提供する日本食レストランがオープンする模様。オープンしたらいってみたいですね。
IMG_20150406_153830



2015年3月31日 シャカリ432がパタヤにオープン
バンコクで勢いのある居酒屋さん『しゃかりき432』がパタヤにオープンした模様。パタヤのは『小しゃかりき432』となっています。場所はセカンドロードのパタヤ南。シラチャには現在建設中のイオンができたら、店舗を構えるそうです。

詳細記事はこっち→パタヤにオープン『しゃかりき432』!
IMG_20150404_231345

以上、2015年1月~3月のアップデートでした!

2014年のニュースは↓

2014年8月版はこっち→NEWSシラチャ(2014年8月版)

2014年9月版はこっち→NEWSシラチャ(2014年9月版)

2014年10月~12月版はこっち→NEWSシラチャ(10月、11月、12月版)



バンコクで勢いのある居酒屋さんと言えば『しゃかりき432』パタヤにもオープンされたということで、早速行ってみます

シラチャに住んでると、Wise(ワイズ)Daco(ダコ)を見て、『行ってみたいなー』ってお店たくさんありますよねま、最後には『シラチャだし、遠いし』と自己解決するんですが

しゃかりき432さんも、バンコクのフリーペーパーを見て、『行ってみたいなー』って思っていたお店それがパタヤにオープンなんて、嬉しいですよね


IMG_20150404_222133

それでは行ってみましょう

シラチャから行く場合は、

スクンビット道路をまっすぐ行って、パタヤ南の交差点から海方面に入って行きます。海の方向にずーと行って、セカンドロードの交差点まで来たら、そこで右折。数十メートル行くと、右手に見えます。

目印になるのは、セカンドロード ソイ13/4(ゲイバーが並ぶボーイズタウンのソイ)ですお店の前には、『旧マイクデパート』もあるので、これも目印になりますちなみに↓は『旧マイクデパート』
IMG_20150404_225950


到着あのモアイ像も健在パタヤの店名は、『しゃかりき』の前に『小』がついて、『小しゃかりき432』になっています

IMG_20150404_231345


入ります
IMG_20150405_105913


1階です
IMG_20150404_231930


2階もあるみたいなので、行ってみます
IMG_20150404_230145


2階です2階は座敷喫煙も可能ということです
IMG_20150404_230825


では、一階に戻って着席メニューをもらいます
IMG_20150404_231137


メニューを選んでたら、本日のオススメをスタッフが持ってきてくれましたテーブルに立ててくれてます珍しいパターンで面白いアイディアですよね普通にオススメ貼ってるだけとか、手渡すだけでなく、テーブルに立てるんですよ
IMG_20150404_230857


メニューのデザインもこってます普通のお料理にちょっとしたアイディアが加えてあって、特別なお料理に見えます食べてみたいメニューがたくさん←これも重要ですよねメニュー見ただけで、リピートして『次はこれを食べてみたいな』って思います
IMG_20150404_231245


注文しました

店内の内装を見てみましょうすごく賑やかな内装居酒屋はごちゃごちゃしてる方が、賑やかな感じがあって人が入りやすくないですか多分、そういったのを意識して作られているのだと思います
IMG_20150404_230753


テーブルの上にモアイがいます
IMG_20150404_231009


もちろん、Wfiフリーなので一人でも来やすいですよね
IMG_20150404_230227


ジンバックが来ました
IMG_20150404_230311


ハイボール
IMG_20150404_230728


料理が来ました『アジのたたき』、盛り付けがいいです『アジのたたき』って一般的な料理ですが、パセリ、しょうが、大根とビートルートのミックス、レモン、って付いてて、アイディアが沢山だなって感じますアジにはシソ、ネギが混ぜてありますお皿もGOOD
IMG_20150404_230654


和牛ステーキ
IMG_20150404_230620


大阪名物『油かす入りお好み焼き』
IMG_20150404_230534


どのお料理も美味しいですパタヤなのにスタッフの対応が良いですもしかしたらバンコク店から来てるスタッフなのかも

さっきの『アジのたたき』ですが、食べた後に、揚げてくれるんですねこれもアイディアですね
IMG_20150404_230502

シャカリキ432は沢山のアイディアが詰まってるお店ですお料理も美味しいし、パタヤ在住なら是非行ってみて下さい

現在シラチャで建設中のイオンに、シラチャ店を出される予定パタヤだと月数回しか行けないですが、シラチャにあれば頻繁に行きます

以上、パタヤの『しゃかりき432』でした

そういえば、パタヤのウォーキングストリートにウッドボールさんもオープンするみたい続々と進出ですね

シラチャ在住の日本人の方から、『シラチャで美味しいイタリアン レストラン』のリクエストを頂いたのですが、あまりネタがありません、、、、(2015年3月現在)申し訳ないです、、、

現在あるのは、シラチャの海沿いに一軒、ケープラチャさん1階のレストランでもう一軒、で計2軒ですあとホテルやサービスアパートに併設でレストランがありますが、いまいちです

一口メモ:
ケープラチャさんの一階にあるレストランは、個人的には美味しいと思いますホテル内なので、ちょっと行きづらいのが難点

ちなみに、2015年4月中に、シティホテルさんの真向い(秀家さん横)に日本人経営のイタリアンがオープンしますシラチャ待望のイタリアン多分、『シラチャでイタリアン』と言えば、ここになってくるのでは?と思います

でも、まだ4月になってないので、どこかご紹介できればと思い、

シラチャではないですがレムチャバンにあるピザ屋さんをご紹介します

お店の名前は『ピッツェリア バリッラ(Pizzeria Balilla)』

DSC_1164



アクセス方法ですが、スクンビット道路をパタヤ方面に行くと、レムチャバン工業団地の真向い辺りに、下記の看板が左手に見えます ここを入って行くとすぐに右手に見えます
DSC_1174

お店正面
DSC_1141


お店の中です
DSC_1140


着席して注文します
DSC_1148


ピザのメニューです
DSC_1161


他にもサラダ、パスタなどメニューが豊富
DSC_1162


注文して待つこと20分、、、、


来ました
DSC_1160


久しぶりに赤ワイン
DSC_1156


スープ
DSC_1150


メニュー名を忘れてしまいましたが、ベイクド何とか
DSC_1157


ピザオイシイです
DSC_1159


アクセスがちょっと難しいですが、本格的なピザを提供されていますレムチャバン工業団地で勤務する人なら、真向いなのでちょっと寄ってみるのもいいかもしれませんまた、オフィスビル『タレートンタワー』で勤務する人もお昼に来やすいレストランです

以上、レムチャバンにあるピザ屋『ピッツェリア バリッラ』でした

シティホテルさん向かいのイタリアンのオープン楽しみですね

パタヤ在住の日本人の方に、ロケーションが分からないのでブログにしてとリクエストを頂いたので、今日はタイ食 兼 日本食を提供している『なっちゃん』に行ってみます

最近パタヤの日本人人口が多くなっている気がします一時期、シラチャのホテルが一杯でパタヤに滞在する日本人が多くなっていましたが、一度パタヤに滞在してしまうと、シラチャに戻りたくなくなる日本人が増加しているのかもしれません、、、シラチャは日本人町なので、便利な面もありますが、知り合いが多過ぎて窮屈な感じもしますよねま、あとパタヤはショッピング、ダイニングに事欠かないってのもあります
l_01
それでは、行ってみましょう

お店の名前『なっちゃん』は、何故か『いかりさん』とも呼ばれています

アクセス方法ですが、パタヤ中央通りから、レストラン『レンキー』手前のソイ『ブアカオ』に入ります←(パタヤ在住者しか分からないかも、、、)
IMG_20150328_204348


ソイブアカオを入ってずーっと直進すると左手にファミリーマートがありますR-CONホテルの手前この小さなソイを入って行くと、、、、
IMG_20150328_213707


左手にこの案内英語読みだと店名が『ヌッチャ』にも読めます(←すいません、写真は逆から撮ってます左手に見えますので)
IMG_20150328_204500


入口がちょっと変わった作りになってて、またいで入ります多分、洪水対策
IMG_20150328_200515


入ってみると、雰囲気はタイ料理屋さんですが、日本人のお客さんで一杯旅行者の方ではなく、パタヤに住まれている方かな気楽な感じでご飯を食べられるのは良いですねビアガーデンみたい
IMG_20150328_201501


日本のテレビが放送してて、漫画も置いてあり来ているお客さんは、すごくリラックスしています

着席してメニューをもらいますタイ料理と日本料理とどっちもありますタイ料理にもちゃんと日本語訳が入ってますツナサラダ、かつ卵とじ、湯豆腐を注文しますお値段はすごく良心的
IMG_20150328_200714


とりあえず、まずはビール
IMG_20150328_200648


ビールと一緒に豆が出てきましたポリポリ
IMG_20150328_200601


ツナサラダが来ました結構な量がありますムシャムシャムシャ、ヘルシーな気分になってきました
IMG_20150328_200235


湯豆腐ですすごく安いのに、かなりの量 
IMG_20150328_200130


醤油、かつお、ネギで頂くようです湯豆腐は久しぶりに食べました
IMG_20150328_200343


かつ卵とじですこれも中々の量があります
IMG_20150328_200409

一品一品が安くて美味しいのに、ここまでの量があるとは恐れ入ります2~3人で来ると丁度良いかも

最近、パタヤにも日本食レストランやエンターテイメントが増えてきましたもともとタイの一大観光地なので、ショッピング、ダイニングに事欠かないパタヤ 

すごーく昔(シラチャに日本人が来る前)、工業団地に勤務する日本人は、パタヤの現在ハードロックカフェになっているホテルに滞在していたようですもしかすると逆行現象で、工業団地に勤務して、シラチャでなくパタヤに在住ってパターンも多くなってくるかもしれませんね

以上、パタヤのタイ料理 兼 日本料理屋さん『なっちゃん』でした



シラチャ情報屋と言っておきながら、最近パタヤが多くて申し訳ないです。トリップアドバイザーで『パタヤ レストラン』を検索すると、いつも上位に出てくるタイ料理屋さんです

thCATI0Z65

ロケーションですが、パタヤというよりはジョムティアンのエリアになります検索してみると『ラタナコン市場 ソイ テパシット コロシアムの隣』となっています。一口メモ:コロシアムはティファニーやアルカザールと同じニューハーフショーを開催しています。



それでは、行ってみましょう

コロシアムに到着しました
DSC_1336


初めてなのでコロシアムの前まで行ってみます。流石、ニューハーフショーをする場所だけあって豪勢です
DSC_1335



コロシアムの正面からすぐ右手に『メイズ アーバン タイ ダイン(MAY's Urban Thai Dine)』があります
DSC_1338


着席します名前の通り、タイ料理屋さんですが、ちょっとオシャレな感じです
DSC_1314


お手拭と食前酒が出てきました。多分、こういった細かいサービスが白人受けしてるんだと思います。サービスとは目に見えてナンボですからね
DSC_1313


カクテルとタイ料理を2品ほど注文します


すぐそこで調理しています
DSC_1316


こっちはドリンクを作っています
DSC_1318


カクテルです
DSC_1323


タイカレーです。お料理の味は、普通のタイ料理レストランと変わりませんが、器がオシャレな感じです
DSC_1325


ご飯はカレーについてるみたい
DSC_1328


これもついてるみたい
DSC_1326


次のメニューが来ました。メニューの名前を忘れてしまいましたが、果物をくり抜いて器にしてあります
DSC_1331


請求書がこんな箱に入れて出てきました。こういうのも白人が好きそう
DSC_1333

全体的に量が多めなので、3人~5人で来店すると、丁度良いと思います。お値段は、100B~200Bの範囲のメニューがほとんどなので、価格帯ではこんな感じです

屋台などのタイレストラン< メイズ < すごく高いタイレストラン

この価格帯のパターンが、タイだと最近売れてるレストランっぽい

バンセンに2店舗目を出店した、シラチャの『カンタリーカフェ』も、ある程度ちゃんとしたものを売ってるけど、価格はタイ人の学生さんでも入れる価格帯これが、普通のコーヒー、ケーキ、パンだけだと駄目だし、タイ人学生が入りずらいような高い価格帯でも駄目なんですよね一番危ないのは、『日本人だけをターゲット』ってパターンかな

メイズも、すごく高級感があるわけではないですが、使ってある器や調度品がオシャレで、かつお財布に優しい値段設定なので、これが一般に受けている理由かもしれませんね

以上、『メイズ アーバン タイ ダイン(May's Urban Thai Dine)』でした

シラチャ在住の方にリクエストを頂いたのでご紹介します


パタヤはシラチャとは違いエンターテイメントが多いです。シラチャはジャズやブルースを聞く場所がないですが、パタヤには数か所あります

今回ご紹介するのは、『ムード ブルース カフェ(Mood Blues Cafe)』
DSC_1344


2014年までウォーキングストリートの『ブルースファクトリー』で演奏していたバンドが、現在はここに場所を移動して演奏しています


それでは、行ってみましょう

到着しました
DSC_1339


ホテル一階にあります
DSC_1342


正面です
DSC_1343


店内。雰囲気ありますね
DSC_1361


奥行きが結構あります
DSC_1360


私には全然理解できませんが、有名だろうと思われるオジサンの写真
DSC_1362


まだ演奏が始まってないみたい
DSC_1358


着席して、ドリンクを注文します
DSC_1349


マルガリータ
DSC_1353


あっ、演奏が始まりました。日本人が良く聞くゆっくり目のブルースでなく、ブルースロックって感じで、賑やかです。後から聞いてみると、演奏は夜9時~12時ぐらいまで、とのこと。パタヤの夜は長いですね
DSC_1357


行ってみたい人のために、、、、、

電話番号:038-252-989
住所:カオプラタムナック ソイ5 ジョムティアン

以上、パタヤの『ムード ブルース カフェ』でした

今日は、パタヤの韓国焼肉に行きます
food_ishiyaki_bibinba


流石、パタヤはロシア人に続き、中国人や韓国人が多いのもあって、たくさん韓国料理屋さんがあります

その中でも、シラチャ在住者でも行ったことのある人が多い韓国料理レストランが『ハヌリ韓国料理』



アクセスですが、ソイ6とソイ5の間にありますビーチロードからでも、セカンドロードからでも行けますが、今日はビーチロードから行ってみます(地図です)
DSC_1241


スクンビット道路の北パタヤ交差点から海の方面に向かっていきます。ビーチロードのソイ5を過ぎて、左側に『
ホテルセレクション』が見えたら、すぐに小さな路地があります
DSC_1247


こんな感じの路地を入って行くと、、、、
DSC_1246


こんな感じの広場に出ます
DSC_1245

そして、右側を見ると『ハヌリ韓国料理』があります
DSC_1243


潜入します
DSC_1234


店内ですこれ実は最後にとりました始めは人が多すぎて取りにくくて、、、
DSC_1226


2階も見せてもらいますね
DSC_1235


2階は座敷になってるみたい
DSC_1238

6人くらいでもOKっぽいお客さんの声を聞いてると、日本人客も結構来てます
DSC_1236


更に、大部屋も30人くらいでもいけるんだって
DSC_1239


では、1階に戻って着席します
DSC_1191


メニューが来ました
DSC_1189


色んなメニューがありますが、、、、
DSC_1233


この中でも、とりわけオススメなのが、、、、(日本語もありますね)
DSC_1231


これっ焼肉盛り合せ(3人前)990B 
DSC_1232

飲み物は、周りの韓国人客が飲んでるのを注文してみますね


数分後、、、、、


飲み物来ました飲んでみますなるほど、日本酒のような味です
DSC_1193


次にサイドディッシュ来ましたすさまじい量ですもちろん、おかわり自由
DSC_1196


これは酢の物みたいな味
DSC_1197


これは日本っぽい味付け
DSC_1202


これはサラダドレッシングはコーンポタージュみたいな味
DSC_1204


これはニンニクとカキ
DSC_1205


油揚げが甘辛く味付けしてあります。美味しい
DSC_1206


きのこですが、グラタンみたいな味付け
DSC_1209


言わずと知れたキムチ
DSC_1210


韓国ノリの佃煮これは半端なく美味しい
DSC_1216


ガツガツ食べてると、あのメニュー来ましたどーん
DSC_1219


どうやら、スタッフの人が焼いてくれるみたい韓国焼肉ってそうなのかな
DSC_1211


美味しそうですよね
DSC_1222


食べるのに夢中で写真を撮り忘れましたこれ最後の大きいお肉 ステーキみたい
DSC_1225

お肉とサイドディッシュ一回ずつお代わりしたので、かなりお腹いっぱい


さて、精算して帰ろうとすると、店内にアイスクリームの販売が、、、なんて、にくい演出
DSC_1228



お腹いっぱいだけど、1個くらいなら、、初めて食べる韓国のアイスクリーム ソーダ味で昔懐かしい味
DSC_1230



お腹が限界点に到達したので、ビーチまで歩いてみると、結構たくさんの人がまだウロウロしてますサバイサバイな感じのパタヤですね
DSC_1249

以上、パタヤの『ハヌリ韓国料理』でした

このお店は現在パタヤの別の場所に移動されてます 今日はパタヤの日本食レストラン『浪漫』に行ってみます

シラチャは言わずと知れた日本人町なので日本食レストランが多数ありますが、パタヤにも『大阪』『粽』『大和』『姉御』『獏』『泰一』『元気』など日本食レストランが、意外に数軒ありますその中で、最近オープンしたばかりの日本食レストランが『浪漫』シラチャやパタヤに多い居酒屋系の日本食レストランとは違い、創作料理を提供されています
DSC_0881


ロケーションですが、

パタヤ南になりますバンコク方面(シラチャや空港)から来るなら、スクンビッド道路のパタヤ南の交差点から、海に向かって進みますサード道路の交差点の手前に、『ランド ロイヤル レジデンス』の看板が見えますので、そこを入って行くと一階に『浪漫』さんがあります注意:サードロードまで行きません

説明が分かりにくくて申し訳ないです、、、、 アクセスしやすいように地図です電話番号もあるので、迷ったら電話して聞くのがいいかも
lomanmap1


それでは、行ってみましょう

『浪漫』さん正面
DSC_0878


今日のオススメが書いてありますね
DSC_0883


店内は居酒屋系でなく、オシャレな感じカップルや家族でも来やすそう
DSC_0879


今日は暑くないので、屋外のテーブルに着席何品か注文します
DSC_0882


一品目が来ましたおぉぉぉ、確かに創作料理盛り付けキレイです
DSC_0891


2品目バクバクバク、美味しいです
DSC_0890


3品目パタヤでビーフシチューが食べられるとは思いませんでしたお肉も柔らかい
DSC_0886


4品目バクバクバク、これも美味しいです
DSC_0887

ふぅー、パタヤでここまでの料理が食べられるなら十分過ぎますね洋食と日本食の創作料理が堪能できました日本人シェフが調理されてるので、日本人の口に合う洋食です創作料理は、味だけでなく目で見て楽しめますよ

日本食レストラン激戦区のシラチャでも中々見かけないユニークな日本食レストランアクセスがちょっと難しいですが、また来ます

以上、パタヤの日本食レストラン『浪漫』でした

パタヤでオススメのタイ料理レストランをご紹介します

レストランの名前は『ルアンタイ』
DSC_1064


何故オススメかというと、、、、

バラエティに富むタイ料理が提供されています。
ご飯を食べながら、タイ舞踊を満喫できます。
タイ舞踊のバックミュージックは、タイの楽器を使用した生演奏です。
注文する料理によっては、カービングなどのパフォーマンスを目の前でしてくれます。
こんなに至れり尽くせりなのに安いので、コストパフォーマンスがとても良いです。

タイに住んでても、、、、

タイ舞踊、タイ楽器、カービングを見る機会って少ないですよねそれが全部できてしまうレストランなので、シラチャ在住、パタヤ在住、または観光客の人は、是非行ってみて下さい

ロケーションですが、パタヤのセカンド道路になります一口メモ:パタヤはスクンビッド道路から海に向かって平行に、スクンビット道路→サード道路→セカンド道路→ビーチ道路ってなっています覚えやすいですよね

では、アクセスですが、、、

バンコク方面(シラチャや空港)から行く時に気を付けたいのは、セカンド道路が一方通行という点そのため、スクンビッド道路から行くなら、パタヤ北やパタヤ中央で曲がらずに、一気にパタヤ南まで行きますパタヤ南で海の方に向かっていくとセカンド道路に行きつくので、そこからバンコク方面に戻って行くと右手に見えます(説明が分かりにくくて申し訳ないです)

アクセスしやすいように地図です
DSC_1068


それでは、行ってみましょう


分かりやすいようにレストラン手前(昼間のセカンド道路)
DSC_0969


この看板が目印到着
DSC_0968


道路の反対側はマリオットホテルがあるので、こちらも目印になります
DSC_0979


では、中に入って行きます
DSC_0971


レストラン正面に到着駐車場も完備されてますよ
DSC_0973

アクセスしやすいように昼間でしたが、実際に行ったのは夜なので、ここから夜になります、、、、

夜のレストラン正面はこんな感じ
DSC_1042


中に入ってみると、沢山の人で賑わっています中央に見えるのがステージ一口メモ:レストランはかなり大きくて、中央は『屋根のない屋外スペース』、左手と右手は『屋根のある屋外スペース』になっています
DSC_1035


右の屋外スペースここも帰り際には一杯の人でした、、、
DSC_1001


レストランはタイって感じの雰囲気カービングの展示がしてあったり、、、、
DSC_1039


お寺に置いてありそうなディスプレイがしてあったりします
DSC_1014


新鮮なシーフードを選んでもOKみたい日本だと珍しい『足袋エビ』がいますね
DSC_1040


あんまり歩き回るのも不審者っぽいので、とりあえず着席してメニューをもらいますビールとタイ料理3品を注文しますね
DSC_1000


料理を待ってると、、、、

すぐ近くのテーブルで、カービングのパフォーマンスが始まりましたちょっと見えにくいのですが、スイカのカービングが完了したところスイカが見えるかな一口メモ:ドリンクでカクテル系を注文するとパフォーマンスがあるみたいでも、不確かなので注文の際に確認して下さいね
DSC_1010


そうこうしてると、また近くのテーブルでパフォーマンスがこれもカクテルを作ってるっぽいけど、炎が上がってました
DSC_1020


パフォーマンスを見てたら、、、、

ビールが来ましたタイ料理レストランでは『シンハ』と決まっています←勝手な意見
DSC_1004


料理も来ましたまずはロブスタースープ
DSC_1007


パンも一緒に
DSC_1008


次に、エビサラダ
DSC_1006


名前忘れたけどアヒルの何とか
DSC_1005

どのお料理も美味しいです


あっタイ楽器の演奏が始まりましたよまずは、一人が演奏されてます
DSC_1003


次に数人が不思議な楽器です
DSC_1016


そして、このままタイ舞踊に突入
DSC_1029


タイ料理も食べて、タイ楽器の生演奏が聞けて、タイ舞踊が見れて、とても有意義な時間が過ごせました一口メモ:レストラン自体はお昼から空いていますが、タイ舞踊などのパフォーマンスがあるのは20時~22時30分19時30分くらいから行くと丁度良い感じです

行ってみたい人のためにレストラン詳細です

ルアンタイ レストラン

電話番号:038-425-911
ウェブサイト:www.ruenthairestaurant.com (サイトから予約ができるようになってます)
住所:485/3 Pattaya Second Road Pattaya City

家族でも行けるしオススメなので是非行ってみて下さい

以上、パタヤのタイ料理レストラン『ルアンタイ』でした


2014年9月の記事で、シラチャで建設中のコンドやアパートをご紹介しましたあれから数か月経過したので、2015年3月現在のアップデートをしますね

前回の記事はこっち→シラチャで建設中の『コンド&アパート(まとめ編)』!

bldg01_a02


新規プロジェクト1軒目
シラチャ市内、APコート前に新しいサービスアパートが建設中写真を撮影した側から見るとスリムで小さく見えますが、周辺を回って見たところ全130室くらいタイ人オーナーさん
DSC_0622

新規プロジェクト2軒目
『Nusa Sriracha(ヌーサ シラチャ)』という新規プロジェクトが出てますよねシラチャとバンプラの間のロケーションで、40階、40階、38階、38階の全四棟で約1000室とのこと←ちょっと部屋数が多すぎる気が、、、、すでにウェブサイトがオープンしているので、気になる人はチェックしてみて下さい

ウェブサイトはこっち→
Nusa Sriracha(ヌーサシラチャ)

新規プロジェクト3軒目
日系の開発会社がコンドを建設する噂が出ています。多分、150室~200室くらいの規模になるんじゃないかと

その他の不動産情報
ラマハーバーの近くに建設中の『ソンリサ サービスアパートメント』ですが、『センタラ ホテル&リゾート』が運営受託するようです一口メモ:『センタラ ホテル&リゾート』はホテル運営会社親会社はロビンソン、ビッグC、セントラルワールドなどで有名な『セントラルグループ』もしかすると、あの辺りに大きなショッピングセンターができたりして、、、、、

また、ケープラチャさんの新規プロジェクトですが、色んな噂が出てたので、オーナーさんに直接尋ねてみたところ、『シラチャは最優先では建設しないかも』という話でした。理由は現在進行中のプロジェクトが多すぎるからだそうです現在、シラチャ乗ほかに、バンパコン、パタヤのエリアをチェック中とのこと←(まっ、本当のことを言ってくれてるのかは、分かりませんが、、、、) 建設予定だった土地↓
20140831_141642[1]

ナイトマーケット跡地は、新しい情報がありません申し訳ないです


まとめると、、、、、


2014年9月にご紹介した『建設中のコンド&アパート』と今回ご紹介した『新規のコンド&アパート』を合わせると、2015年~2018年で5000室~6000室くらい増加することになります

建設中のコンドやアパートは、日本人をターゲットにしているはずなので、1人1室と考えれば、5000人~6000人の日本人がシラチャに来ないと空室が出てしまう計算になります

家族を考慮して3人~4人1室と考えると、もっともっと沢山の日本人が来ないと空室が出てしまいますが、シラチャに物件ができて、(500人もいませんが)パタヤからシラチャに来る日本人の数もいるので相殺できたとして、とりあえず1人1室と考えます


そして、、、、、


2015年3月現在、シラチャ周辺には『イースタンシーボード』『アマタシティ』『サイアムイースタン』『ピントン1,2,3』『レムチャバン』『ボーウィン』『サハパット』の9つの工業団地があります。そして、在留届を出している人も出していない人も合わせて、シラチャの日本人が6000人~7000人って言われていますよね。

現在進行中の新規工業団地プロジェクトは、『ピントン工業団地4、5』と『ロジャナ工業団地』の3つ9つの工業団地で6000人~7000人なら、3つの新規工業団地がオープンしても、1500人~2000人くらいの増加にしかならないんじゃないかと、、、、

そうすると、3000室~4000室が余るので、出張者が常時3000人~4000人が来ないと供給過多になってしまいますま、そうなる前に、とん挫するプロジェクトが出てくるはずなので、メチャクチャ供給過多ってのは起こりえないと思いますが、、、

ま、『ピントン工業団地4,5』と『ロジャナ工業団地』がアマタナコン工業団地のように大規模で、かつ企業さんで一杯になるなら話は違いますが、今ある情報では『ピントン4,5』と『ロジャナ』は、そこまで大規模な工業団地ではありません


ということで、、、、、


去年まで過熱気味だったシラチャの不動産投資ですが、今年はちょっと落ち着いて、『大丈夫かな』っていう投資家さんが出てきてる感じです。去年までは、誰もが『投資、投資』ってなってましたから、少し変化しましたよね

実際、昨年までは『空き物件』がなかったシラチャ中心部の飲食業用テナントですが、今年に入ってチラホラと『空き物件』が出始めています日本食レストランなどのお店は、すでに供給過多になっているのかもしれません賃貸が数か月されてないということは、レストランなどに投資する人たちは、シラチャは供給過多と判断して、投資しなくなっている可能性もありますね

詳細情報はこっち→シラチャの『2015年2月空き物件』!

相関関係があるかは分かりませんが、数年以内に、コンドやアパートにも同じことが起こりえるかもしれません

一方で、、、、、、

バンコクの日本人学校が一杯なのでシラチャに沢山の家族が来るっていう情報があるし、現在でもシラチャの家族用物件は不足しているっていうのも良く耳にするし、現在進行中のコンドやアパートも家族用物件が少ないのを考慮して、

もっとまとめると、、、、、

『1ベッドルーム』や『スタジオ』など単身者用の物件だけが、供給過多になるのかもしれません

そして、価格競争が起きて家賃が安くなれば、『スタジオ』を選ばず『1ベッドルーム』を借りる人が増えてくるはずです。また、『1ベッドルーム』は子供が小さい家族なら滞在できるので、最終的には『スタジオ』がかなりの供給過多になるのかもしれませんね

こうなると、
、、、、

部屋を借りたい人が、選択する基準としては立地や館内設備など色々ありますが、最終的には『値段』個人や企業さんの予算が関係してきて、家賃が高いか安いかになるので、シラチャで『家賃の高いスタジオ』の空室が増えてくれば、それが『供給過多の兆候が出てきた』と考えられるのかもしれません

もしかすると、既存のシラチャにあるホテル、コンド、アパートでは、家賃の高い『スタジオ』の空室率が昨年と比べて多くなってきてたりして、、、、←ちょっと聞いてみたいですよね

コンドを購入する予定の人で、ご自分で住まず貸す予定なら、賃貸しやすい部屋タイプを購入したいですよね
もちろん、コンドやアパートの投資家さんからすると、シラチャには単身者用物件が多いのは何年も前から周知の事実なはずなので、コンドを購入される人で、まだシラチャを知らない人はちょっと考慮に入れてみて下さい

以上、シラチャで建設中の『コンド&アパート(アップデート編1)』でした







池袋餃子スタジアムで7回連続チャンピオンに輝いたことのある『寺岡餃子』バンコクにはあったのですが、シラチャやパタヤにはありませんでした

最近、パタヤのセントラルデパートに出店されたということで行ってみます
l_01
それでは、シラチャからパタヤに向かってレッツゴー

(40分後、、、、)

セントラルデパートに到着
DSC_0737


入りますセントラルは中国正月でデコレーションされてますね
DSC_0739


じゃ、グングン進みますユニクロさんがある階になります
DSC_0740


ジムトンプソンを横目に
DSC_0741


フードパークに到着
DSC_0742


周辺を見渡してみると、あった
DSC_0711


店内に入りますバーのような若者向けの雰囲気ですね
DSC_0723


早速、座ってメニューをもらいます
DSC_0713


やはり王道の『すだち餃子』が食べたいすだち餃子と讃岐うどんのセットがあるのでそれにしますあと久しぶりに『桃の天然水』他にも明太子チーズ餃子など、日本で人気になったメニューもあります
DSC_0716


テーブルの調味料セット
DSC_0724


待つこと数分、、、、

来ました
DSC_0728


餃子は小ぶりで三角形の形をしてますDSC_0732

まずは餃子をタレなしで頂きますバクバク、うーん、普通かな、、、次に、すだちとコショウを付けて頂きますバクバクバク、んー、これまた普通のような、、、 人生で美味しい餃子というのに出会ったことがないので、私の感想は参考にしないで下さい『ネコに小判』ということで、寺岡餃子さん、申し訳ないです


讃岐うどんですズルズルー
DSC_0729


なめこの惣菜これは既製品ですね
DSC_0731


お店の前
DSC_0733

7回も池袋餃子餃子スタジアムのチャンピオンになったくらいだから、一般の人にとっては美味しいはずです是非足を運んでみてください

以上、パタヤの『寺岡餃子』!でした

パタヤのソイ6近くのプラザが再開発になったため、強制退去になってしまった3店舗『姉御』『獏』『金沢カレー』を追って参りましたが、やっと3店舗すべての新規営業先が見つかりました

再開発の記事はこっち→パタヤの『日本食レストラン立ち退き』!

姉御さんと獏さんの記事は、先日掲載しました
姉御さんの詳細情報はこっち→パタヤの日本食レストラン『姉御』!

獏さんの詳細情報はこっち→パタヤの日本食レストラン『獏』が新装開店!

今日は、最後3店舗目の『金沢カレー』に行ってみましょう
603
一口メモ:
金沢カレーはブランドが沢山ありすぎて混乱しますよね。『ゴールドカレー』『チャンピオンカレー』『ゴーゴーカレー』『アルバ』『インディアンカレー』、どれも同じ金沢カレー、、、。関東圏の人だと、『GOGOカレー』って名前で知っている人も多い金沢カレー結構、根強いファンがいらっしゃいますよねGOGOカレーGOGOカレー

シラチャ、バンコク、パタヤに進出してるのは、ゴーゴーカレーなくてゴールドカレーだけど、あんまり違いが分からない、、、。

じゃ、シラチャからパタヤに向けてレッツゴー

場所は、パタヤのセカンドロードのソイ1向かいにあるソイを入って行きます簡単に言うとビッグCの通りかな
DSC_0017

到着お店の前入ります
DSC_0019

金沢カレーの黄色をモチーフにした店内
DSC_0015

金沢カレーのメニュー
DSC_0013

あと、聞いたことなかったのですが京都ラーメンも
DSC_0014

もちろん、2つとも頂きます

待つこと数分

金沢カレー来ました黒いルー、キャベツ、銀色の器、そして、先が分かれてるスプーン
DSC_0024

次に京都ラーメンが来ました京都ラーメンを初めて食べましたが、豚骨醤油です背油も入っています細麺、ネギ、チャーシュー、メンマですねなかなか美味しいです
DSC_0025

パタヤでここまでのカレーとラーメンが食べられれば十分だと思います

ちなみに、シラチャ在住の人は、シラチャのソイ5にある『ボレロ』で金沢カレーが食べられますよ
DSC_0038


以上、パタヤとシラチャの『金沢カレー』!でした。

再開発のため立ち退きになってしまったパタヤの日本食レストラン『獏』『金沢カレー』『姉御』

立ち退き後、移転して北パタヤのほうで『姉御』さんが再オープンしてるみたいなので、行ってみましょう

パタヤの姉御さん、シラチャの姉御さんの同じオーナーさんですね

シラチャからの行き方ですが、

シラチャからスンクンビット道路を通って、北パタヤの交差点でパタヤに入りますこのままセカンドロードまで行ってしまうと、セカンドロードが一方通行なので、姉御さんのところに到達できません

そのため、サードロードを入って少し直進したら、どこでもいいのでセカンドロードに入って、戻るようなルートになります

(説明が下手で申し訳ありません、、、一番最後にお店の電話番号がある名刺を載せています

セカンドロード沿いのソイ5、ソイ4を通り過ぎて、ソイ2、ソイ1も通り過ぎると、左手にこの看板が見えます
IMG_20141129_071235

大きなプラザになってるみたい向こうにアマリのロゴが見えます位置関係が分かるかな
IMG_20141129_071340

入ってみましょうバーガーキングや韓国料理屋さんがあります
IMG_20141129_071436

あった一番奥の左手が姉御さんですカメラが良くないので、看板が光りすぎてて、申し訳ないです
IMG_20141129_071501

入ります
IMG_20141129_071534

以前の姉御さんより、すごく広くて綺麗シラチャのタウンハウスで言うと、3つ分かな
IMG_20141129_071644

2階も見せてもらいましょう
IMG_20141129_071622

2階です日本の旅館みたい
IMG_20141129_071559

2階のオブジェ
IMG_20141129_072238

じゃ、1階に戻って、注文します
IMG_20141129_072335


待つこと数分

まずは熱燗
IMG_20141129_072300


料理が来ました美味しそうですね
IMG_20141129_071729

まずは、メニュー名忘れましたが、鯛ご飯
IMG_20141129_071906

湯豆腐と野菜ちゃんと昆布でダシをとってるのがすごい
IMG_20141129_071929

板前さんにお勧めしてもらったアジのたたき美味しいです
IMG_20141129_072029

お肉系も欲しかったので追加注文
IMG_20141129_072138

味もしっかりしてるし、サービスもすごく良いと思いますお値段もリーズナブルですシラチャでなく、パタヤでこれほどの日本食レストランがあるなら、十分だと思います

たどり着けない人のために名刺電話番号があります姉御さん、シラチャとパタヤだけでなく、コラートにもあるみたい
IMG_20141129_111641

また来ますちなみにこれはお店の前の喫煙所
IMG_20141129_072352

以上、パタヤの日本食レストラン『姉御』!でした

毎年恒例のパタヤの国際花火大会があるので行ってみましょう

国際花火大会は、チョンブリ県の経済を盛り上げるのを目的に、海外から4か国を招いて開催される花火大会です。2014年は、イタリア、イギリス、スペイン、ドイツの花火が鑑賞できます日本が参加したのは、確か2012年だったかな、、

大会は花火だけでなく、出店やコンサートなどもあり、パタヤ全体が活気に包まれます
main

では、パタヤに向けてレッツゴー

(40分後、、、、)

到着しましたビーチロードから見たセントラルデパートです広場では色んなイベントがやっています
IMG_20141129_084652


ビーチロードが歩行者天国になっています
IMG_20141129_085243

歩行者天国になったビーチロードには、日本のお祭りみたいに山車が出ています
IMG_20141129_085105

続いて、サンバ
IMG_20141129_084952

アクロバットショー
IMG_20141129_084918

マーチングバンド
IMG_20141129_084844

とりあえず、20時から始まるみたいだし、席を確保しないと

砂浜に席が沢山もうけられています。これを確保するのです

ビーチが見えないくらい人がいっぱいカオスです
IMG_20141129_085322

セントラル前は中心だから、ちょっと離れてみます

大型イベント会場を過ぎて、、、、

うわっ、花火が始まってしまいましたとりあえず、立ち止まって見ましょう
IMG_20141129_113233

結構近くで上がっていますビーチから300メートルくらいしか離れてないんじゃ、、、、花火が一旦終わりました引き続き、席を確保しに行きます
IMG_20141129_113412

ソイ6あたりで、ちょっと空いてる席が見えてきたので、100バーツを払って席を確保

座って待ってると、、、、、突然あたりが暗くなりました始まります
IMG_20141129_112831

始まりました
IMG_20141129_112030

花火に見とれて、写真を撮るのを忘れてました、、、

見たことない花火のパターンもあり結構楽しめました

今年見逃した人は、毎年恒例だから来年是非行ってみてください

以上、『パタヤの2014年国際花火大会が11月28日、29日の2日間で開催!』でした

毎年恒例のシラチャ日本祭りが11月22日、23日に開催されます

uid000001_20141013223845099734fb

11月22日のスケジュール予定
16:10 音女団
16:30 にほんごかい
16:45 HEROショー
17:10 ブラスバンド演奏
17:35 オープニングセレモニー
17:50 和太鼓&振舞い酒
18:05 日本人学校演舞
18:30 沖縄民謡&アイヌ
18:50 着物団
19:15 カラオケコンテスト
20:15 ラッキードロー
20:30 ミニコンサート(ネコジャンプ)

11月23日のスケジュール予定
16:05 琴
16:20 忍者話芸
16:40 フラダンス
17:00 タイダンス
17:25 ブラスバンド演奏
17:50 HEROショー
18:20 ヒップホップダンス
18:40 着物団
19:10 沖縄民謡&アイヌ
19:40 ラッキードロー
20:00 ミニコンサート(モダンドッグ)
20:50 フィナーレ

お友達が出演するのは見逃さないようにしたいな

本日22日の朝、こっそり撮影夕方には賑わうんでしょうね
20141122_072756

また、夕方になったら行ってみますね

シラチャの『ピッチャーコーヒー』さんで絵画展が開催されてます

色々なタイプの絵が飾ってあるので楽しく鑑賞できますよ皆さん、すごく上手でビックリしました趣味で絵を描かれてるにしては本格的だし、先生のような方がいらっしゃるのでしょうか
903
※お断りなしにブログに絵を掲載して良いのか分からなかったので掲載していません。

シラチャ在住者ならピッチャーコーヒーさんは近くだし、是非本物をご覧になって下さい
IMG_20141122_124343

あと、メッセージブックにメッセージが残せるようになっていたので是非

今日は、

ピッチャーさんのケーキを食べて、、、、

IMG_20141122_124504

コーヒーを飲みながら、、、、
IMG_20141122_124538

絵画を鑑賞させてもらい、充実した休日を送っています

最近のシラチャは、趣味をいかして活動される日本人が多くなってきて楽しいですね

しかも、今回の絵画展みたいに、『皆さん、本当に趣味の範囲なの』って思うくらい、本格的にできる人がいるのに、びっくり


ま、無趣味で特技のないデブの私は、食欲でシラチャを牽引していきます、、、、


ピッチャーさんの場所が分からない時のために名刺
IMG_20141122_124300

絵画展みて、『私もシラチャで何かやってみたいなー』って思いました

絵でも、音楽でも、スポーツでも、上手くできないけど楽しかったらいいしやってみることに意義がある←基本、何も上手でないので持論を展開

以上、シラチャで絵画展でした

もう数か月経過してますが、今日は再オープンしたパタヤの『獏』に行きますね

ソイ6近くにあった『獏』は、再開発のため立ち退きになってしまい、ベイウォークレジデンス近くに移転してます


20141025_181236



じゃ、シラチャからパタヤに向けてレッツゴー

(40分後、、、、、)

到着
20141025_190851

看板もっ
20141025_190936

じゃ、店内に潜入しますね


店内はすごく広くなってます
20141025_181651

個室も見せてもらいます
20141025_181824

ここは一人焼肉ができるスペース
20141025_181729

店内には、この絵がどーんっと飾ってあります
20141025_181751

じゃ、早速座って注文しますね

まずはビールですよね
20141025_182158

『獏』の名物『モツ煮』これだけで、シラチャから来たかいがあります
20141025_182105

次は手作り餃子
20141025_182505

今回気づいたのですが、『獏』さんに焼肉系が追加されてます
20141025_183817

ソーセージ
20141025_182806

これで焼くみたい店長のご説明によると、右は普通の網焼き、左は溶岩でできた鉄板ということ珍しいですね溶岩で焼くと、お肉がひっつかないみたい
20141025_182614

おいしそう
20141025_183501


んー、今日もお腹いっぱい食べて満足です

以前のソイ6近くにあった『獏』さんと比べて、お店が広くなった分、店長との距離が離れちゃった感はあるけど、家族でも来やすくなりました

席は屋外もあるみたい
20141025_190918

いつもながら美味しかったですまた来ます
20141025_181222

以上、パタヤの『獏』でした

日本にいますが、写真が残ってたのでアップデートします

シラチャには何もないので、その日の午後もパタヤをブラブラ(←不良外国人みたい

日本食、イタリアン、フレンチ、メキシカンなどでなく、それ以外というコンセプトで検索してみたところ、スイス料理レストランがあるみたい(←シラチャと比べて、パタヤは何でもあります

『スイスハウス』『スイスフード 』の2軒があるみたい

似たような名前だけど、今回は『スイスハウス』に行ってみます
1

場所は、

ウォーキングストリートに入って数メートル行くと左手にある『ソイダイアモンド』の中ですソイダイアモンドを入って、まっすぐ行くと『スイスハウス レストラン』と『スイスフード レストラン』の2軒ともあります※昼間だから来れたけど、ウォーキングストリートだし夜は厳しそう、、、、
IMG_20140928_054130[1]

外見はこんな感じ
IMG_20140928_054317[1]

ウォーキングストリート近くとは思えないキレイな店内
IMG_20140928_055439[1]

メニューを見ると、『チーズフォンデュ』『オイルフォンデュ』などスイス料理があります

でも、店長さんに1人で食べるのは止められたので、普通にパスタを食べます(←スイス料理は量が多いから、お友達と来た時にしないさいとのこと、、、デブだから問題ないですが、一応言うことを聞いて、、、、はぃ

パスタは『パスタ単品』又は、『サラダとスープの食べ放題あり』が選択できるようになってますもちろん、食べ放題あり店長が『えっ、食べ放題ありにするの』って顔してました

これがサラダ食べ放題
IMG_20140928_055105[1]

食前のサラダ3品『ポテトサラダ』『ツナサラダ』『コールスロー』
IMG_20140928_054456[1]

(数分後)

お料理が来ました
IMG_20140928_054737[1]

パンは普通
IMG_20140928_055002[1]

スープ美味しいですタイで食べるコーンスープって、サラサラ過ぎるけどここのは美味しい(←盛り付けは私欲張ってパセリを入れすぎました
IMG_20140928_055146[1]

サラダも普通に美味しいビートルートとフェタチーズは久しぶりに食べました
IMG_20140928_055323[1]

メインのサーモンパスタチーズ系パスタで濃厚ソースです美味しいです久しぶりに美味しいパスタを食べました
IMG_20140928_054630[1]

サラダとスープも2往復したので、お腹一杯で満足です

精算後、店長がお名刺くれました『ここまで沢山食べれるなら、1人でもスイス料理食べれたね』だって(←デブですから
IMG_20140928_055543[1]

公式サイトはこっち→スイスハウス レストラン公式サイト

ウォーキングストリート近くなので、家族向きではありませんねお友達とどうしてもスイス料理が食べたいって時にはいいかも男性陣だと食べ応えがあると思います

今度は、スイス料理を食べに再挑戦します

以上、パタヤで『スイス料理』でした(←スイスの料理を食べてないですね、、、、

シラチャにスパって少ないですよねあってもホテル内にあるスパとか

マッサージ屋さんにいたっては、シラチャの風俗街周辺にあるし、家族や友達が来たらどこに連れていこうか悩みませんか

そんな方のためにっ(←無理やり

シラチャ郊外のスパ&マッサージ『ワリプラ』をご紹介します
20140923_185725-1[1]
ワリプラは、予めサイトから予約するプロセスになっています

まずは、ワリプラのサイトに行ってみましょう

(グーグルで検索中)

ありましたサイトに到着

どれどれ、、、、

日本語を選択して、『ご予約はこちら』に行きます

次に、『日程』『人数』『名前』などの詳細を選択していくようです翌日18:00からの予約で、2時間にしますね

そして、次に進むと

『無料送迎』『バーンキアンレーでの食事』も選択できるようになってます(←これはすごいサービス欲深くデブな私、もちろん『無料送迎』をしてもらって、『バーンキアンレーでの食事』もします
oka2-M0190fork-and-spoon-clip-art-5091

予約完了記入したメールアドレスに予約確認メールが来てました明日が待ち遠しいです


(当日30分前) 電話がかかってきました


『は、はいっ

運転手さん『ワリプラですお迎えにあがりました一口メモ:いつもなのかどうか分かりませんが、今回は日本人の運転手さんでした言葉に困りません

『す、すぐおりさせて頂きます』(←普段使わないので、良く分からない敬語に)

それでは、ワリプラに向けてレッツゴー(←自分で運転しないくせに態度でかい

スクンビット道路を利用して、バンプラ方面に行くみたい10分くらいですあっ『バーンキアンレー』の看板があります大きい看板は光ってて見えないけど、『バルコニーシーサイド』スクンビット道路で、この看板が見えたら、左(海側)に入って行きます一口メモ:バーンキアンレーは、バーンケンレーと呼ぶ人もいます
20140923_185350[1]
一口メモ:ここを入って行く『ワリプラ』『バルコニー シーサイド』『バーンキアンレー』『ゴールデン コースト』などがあります

途中にある『バルコニー シーサイド』今、真向かいに新しい建物も建ててるみたい
20140923_220358[1]

ワリプラに到着お昼には来たことあるけど、夜は夜でいい感じシラチャとは違う、静かな空間日本人スタッフの方は、ここで帰って行かれました『スパもお食事も、時間を気にせず楽しんで下さい』とのことお気遣いありがとうございます
20140923_185801[1]

キレイな店内
20140923_190042[1]

店内は純タイ風メニューは何にしようかなリーズナブルなお値段で、珍しいメニューがあります←メニューの写真がなくてすいませんお手数ですが、サイトを参考にして下さい
20140923_190054[1]

ジュースとお手拭が出てきましたサービスGoodです
20140923_190313[1]

メニューを決めました始めの1時間は『タイ古式マッサージ』、あとの1時間は『ワリプラ フェイシャルスパ』にします

まずは、足を洗うみたい
20140923_191021[1]

バシャ、バシャ、いい感じです
20140923_211707[1]

まずは、『古式マッサージ』上に行きます
20140923_191530[1]

プライベート空間(←写真が暗くてすいません実際は、ほど良い光でリラックスできます
20140923_191759-1[1]

それでは、マッサージに入ります

ゴキバキゴキバキ(←おおげさ)

(1時間後、、、、、、、)

気持ちいいですさすが、玄人ポイント、ポイントを押さえてますね

最後は、タオルで肩の周りを拭いてくれましたヒンヤリします
20140923_192113[1]

次は、『ワリプラ フェイシャルスパ』かなりご機嫌になってきましたスパ用のお部屋です
20140923_203234[1]

これを使うんだって
20140923_203133[1]

それでは、スパに入ります

サッ、サッ、サッ、スゥー、スゥー、スゥー、キュッ、キュッ、キュッ(←こう聞こえる
久しぶりのリラックス時間

(1時間後、、、、)

ふぅぅぅぅシラチャから10分で、ここまでのスパがあるなんて、シラチャも捨てたもんじゃないですね(←シラチャに何もないので、パタヤに引っ越す計画を企てている私)

終了後、1階に下りると、お茶が出てきました
20140923_211528[1]

ついでに5000Bパッケージ買っちゃいます
20140923_225932-1[1]

シラチャには珍しい本格的なスパ&マッサージ『無料送迎』『バーンキアンレーの食事』も選択できるなんて、ちょっと他には無い、至れりつくせりのサービスですよね

来週もまた来ます(←他のスパメニューも試したい

これからワリプラ隣にあるタイ料理レストラン『バーンキアンレー(バーンケンレー)』に行きます(ウヒヒ

その記事はこっち→シラチャのタイ料理レストラン『バーン キアンレー』!

ワリプラ公式サイトはこっち→シラチャの隠れ家『ワリプラ スパ&マッサージ』

パタヤのスパやマッサージの情報はこっち→パタヤの『ヘルスランド スパ&マッサージ』!

以上、シラチャのスパ&マッサージ『ワリプラ』でした


シラチャに家族や知り合いが遊びに来た時、連れて行く所がなくて困りますよね

シラチャの中心地は風俗街だし、ロビンソン、ロイ島、タイガーズーに行って観光終了『お疲れ様でしたーあとは、ひたすらサービスアパート(ホテル)にいて下さい』ってことになりねません

そのため、パタヤに連れて行く人は多いと思います(←私がそうでした私の場合、滞在先もパタヤにしてあげて、シラチャは数時間ほど観光をしてもらう程度にしました

で、日本から来た人だと、タイ式マッサージやスパは、外せない観光メニューに入ってるはずなので、ある程度ちゃんとしたところに、連れて行ってあげたいですよね

そんな人のために(←かなり無理やり

今回はパタヤの『ヘルスランド』に行きます(←自分が行きたい
20140921_204307-1[1]
アクセス方法は、スクンビット道路を利用して、シラチャからパタヤまで行きます。北パタヤについたら、北パタヤ道路に入ります数分すると、右手にみえてきます建物が大きいので見逃すことはありません

じゃ、シラチャからパタヤに向けてレッツゴー

(40分後)

到着しました高級そうな雰囲気が漂っています
20140921_204531[1]
入ります
20140921_181958[1]
すごくキレイです
20140921_182107[1]
こっちはカフェになってるのかな
20140921_182227[1]
スパメニュースパにしては、リーズナブルなお値段
20140921_182259[1]
今日はスパではなく、タイ古式マッサージなので、フロントで伝えます先に支払いをして、フロントで待つみたい(←タイマッサージは500バーツ

(待つこと5分)

担当のマッサージ師さんが呼びに来ました

2階に行きます
20140921_182509[1]
踊り場を通って、、、、
20140921_182522[1]
通路に入って行きます(←廊下を見たら分かりますが、この建物はすっごく大きいですホテルみたい一口メモ:良いか悪いかは別として、規模が大きいため、旅行会社の観光スケジュールにも入ってますそのため、ツアーバスで乗りつけて来る観光客が多数いて、混雑してることがあります
20140921_182543[1]
今日はここみたい
20140921_182555[1]
全部屋が個室になってます家族や知り合いで一緒に来ても、他のお客さんがいないプライベート空間なのでいいですよね見ないとは思いますが、全部屋テレビが付いてるんだって。『NHKワールドも入ります』とのこと
20140921_182627[1]
じゃ、マッサージしてもらいます

ゴキバキ、ゴキバキ

マッサージ師さんのスキル高い

ヘルスランドは、テストに通過しないと、勤務できないんだってシラチャのマッサージ屋さんで、お店に1人くらいスキルの高い人がたまにいらっしゃいますよねここは、そういったスキルの高い人の集まりって感じです

外れがない分、家族や知り合いを連れて来ても安心ですね

よく考えてみると、シラチャにはちゃんとしたスパやマッサージ屋さんが少ないですよねまっ、シラチャに多くを求めても良くないですが、、、その分、のどかで、ゆったりはできるし一長一短かな(←こうやって、自分に言い聞かせる作業をすでに何回も

(マッサージ2時間後)

『んー気持ち良かった
20140921_203656[1]

ちょっと他の部屋も見せてもらいましょう
20140921_203414[1]

ここは足マッサージのほう
20140921_203319[1]

ヘルスランドはバンコクにも数軒あって、来年は南パタヤにもオープン予定

リラックスした時間を過ごせました
20140921_204010[1]

シラチャからだとちょっと遠いけど、また来ます

シラチャのスパ&マッサージの情報はこっち→シラチャの『ワリプラ スパ&マッサージ』!

パタヤ ヘルスランド 公式サイトはこっち→パタヤ ヘルスランド スパ&マッサージ

以上、パタヤの『ヘルスランド』でした

デリバリーもしてるけど、シラチャまでは宅配してもらえないので、いつものようにパタヤまで行きます(←もうパタヤに住みたい

シラチャの宅配ピザの情報はこっち→シラチャで『宅配ピザ』

パタヤの他の宅配ピザの情報はこっち→パタヤの『ドミノピザ』!


今日行くのは、パタヤのピザ屋さん『ニューヨーク ピザハウス』です
20140921_162227[1]

それでは、シラチャからパタヤに向けてレッツゴー

(40分後)

到着しました※最後の方に、地図も載せてますので参考にして下さい
20140921_161055[1]

駐車場も完備
20140921_161514[1]

外と中、どっちがいいかな今日は暑いので、中にします(←基本、デブは暑くなくても『中』
20140921_165456[1]

キレイな店内デザインはアメリカって感じ以前はナクルアにあったんだって
20140921_161344[1]

ピザの生地は、注文を焼くみたい
20140921_165148[1]

じゃ、早速注文しますねメニューは多数あるけど、コンビネーションセットが注文しやすそう
20140921_161406[1]
店員さんは英語がすごく堪能(←びっくりするくらいコンビネーションセット2にします

ピザ(Mサイズ)でトッピングは2つだから、『サラミ』『ベーコン』『にんにく(無料)』で、追加になるけど『マッシュルーム』にします生地の厚さは『普通』あっ、あとコーラも

(待つこと20分)

まずは、チキンウィングが来ましたバーベキューソースが美味しいソースは自家製みたい
20140921_162833[1]
ピザが来ましたふぉぉぉぉ大きいです
20140921_162848[1]
食べますチーズが伸びる伸びる
20140921_164441-1[1]
味も申し分ないトマトソースも自家製なんだってチェーン店『ピザカンパニー』や『ドミノピザ』、イタリア料理店のピザ、どちらとも違う味で『アメリカン』って感じの味でも、大味ではないんです美味しいです

ピザのサイズですが、かなり大きめここのMサイズは、他のお店のLサイズですね

デブな私が1人で食べて、お腹が『かなりご機嫌なレベル』に達するので、一般の人だと2~3人で食べると丁度良いかも

ここのピザ、パタヤでは有名で、約80枚/日のピザが売れてるみたいオーナさんの中には、白人さんもいて、タイの味でなく、しっかりとしたピザの味がします

パタヤ市内なら宅配デリバリーも可能こんなに美味しいピザが食べられるなんて、パタヤ在住の日本人はラッキー(←うらやましい
20140921_162037[1]
シラチャから来る人のために、地図も掲載しておきますねすごく家族向きのお店ってわけじゃないけど、家族で来てるお客さんもいました
20140921_162336[1]

以上、パタヤの宅配ピザ『ニューヨーク ピザハウス』でした






シラチャには殆どないイタリアンですが、パタヤには沢山あります

オススメも『トスカーナ』『パンパン』など挙げればキリがないので、今日は2014年9月に新しくオープンした『ファイア&ストーン ピッツェリア』に行ってみますね(←実際のところ、新しくオープンするイタリアンを挙げてもキリがないような、、、、、パタヤのイタリアンは、シラチャの日本食レストランのような感じ

じゃ、パタヤに向けてレッツゴー

場所は、セントラルロードでインド料理『アリババ』の隣になります

到着しました早速、潜入します
20140914_165855[1]
と思ったら、16:00からだって、、、、、、今15:30分だから、30分後に戻ります

(30分後)

あっ開いてます綺麗な店内
20140914_161525[1]
まずは、ドリンクを注文庶民な私、スピリット系はメニュー見ても分かんないんだよねま、聞いたことのある『カンパリ』をオーダーしますあと、コーラも
20140914_163223[1]
早速、注文しますオススメを聞いてみると『カルボナーラ』とピザ『ファイア&ストーン』だってデブな私、もちろん両方とも注文します

お料理を待ちながら、外を眺めてボケボケアウトドアな感じですが、暑くないですカンパリがもう無くなっちゃった
20140914_161822[1]

(待つこと10分)

カルボナーラが来ました盛り付けオシャレ
20140914_162554[1]
次はビザが来ましたお、おいしそうっ
20140914_163745[1]
営業時間は16:00~24:00で、ランチはやってないんだって詳細情報を提供できたらと思って、お名刺をリクエストしたのですが、まだオープンしたばっかりで作成してないみたい

イタリア人の男性が常に気にしてくれてて、サービスとっても良かったです

アクセスは簡単だから、皆さんも行ってみて下さい

以上、2014年9月に新しくオープンした『ファイア&ストーン ピッツェリア』でした

今日もシラチャではやる事がないのでパタヤに行って、(←もうパタヤに住んだ方がいいような気が、、

セントラルでウロウロしてたら、セントラル4階からヒルトンに行けるのを発見

食べ放題は行ったけど、まだ屋上バーまで行ったことないので、

屋上バー『ホライゾン』まで行ってみましょう
jis1_47
セントラルからヒルトンに潜入
20140912_194901[1]
それでは、ホライゾンに向けてレッツゴー

まずは、15階まで行かないといけないみたい
20140912_195134[1]
到着ガンガン行きましょう
20140912_205120[1]
ここから、今度は乗り換えて、34階まで行きます
20140912_195306[1]
到着しましたほぉぉぉ、高級そうな雰囲気が
20140912_200113[1]
通路をガンガン進みます
20140912_200153[1]
ご飯も食べられるようなってるみたい
20140912_200316[1]
外に出てきました
20140912_195550[1]
思ったよりドリンク安い(←中には、1杯1,000Bのワインとかもありました庶民な私、ビールで十分
20140912_200522[1]
バーの天井の真ん中は、ぽっかり開いてます
20140912_203119[1]
景色いいはるか向こうに『PATTAYA』の文字が見えます
20140912_195834[1]
パタヤの夜景ってこんなに綺麗だったんだ、、、、(←実際は、風俗街がキラキラ光ってます上の写真を見ると、ウォーキングストリート辺りは、何か爆発でもしたかのような尋常ではない光り方

ま、何回も来るようなとこじゃないけど、話のネタに1回行ってみるのはアリ

今度ご飯も食べに来ます

以上、パタヤの『ホライゾン』でした

先日お伝えしたシラチャの『バス停(バンコク行き編)』に続き、『パタヤ行き編』のご紹介です

シラチャからバンコクに行きたい人はこっち→シラチャの『バス停(バンコク行き編)』!

情報屋と言ってるくせに、シラチャからパタヤに行くためのバス停は、2地点しか知りません(←多分もうちょっとあるはず)とりあえず、パタヤ行きは、その2地点で何とかなるので、ご紹介しますね

1つ目は、

レムトンさんの下になります(具体的には、ドゥッコムさんの前)※レムトンさんの下には、バンコク行きや空港行きのバス停(+チケット売り場)があるので、混合しないように気をつけて下さいね

これがバス停シラチャには珍しいちゃんとしたバス停ですよねバスの看板が右上についてます
20140903_145256[1]

がっしかし、ここで座って待ってても、一向にバンは止まってくれません

実際に、バンに乗るには、バス停で座って待つのではなく、スクンビット道路の脇で立って待っておく必要があります立っていると、黒い車が停車している辺りに、バンが止まってくれます
20140903_145241[1]


2つ目は、

ロビンソンのスクンビット道路側で、スクンビット道路を挟んだ向かい側に、パタヤ行きのバス停があります※バンコク行きと混合しないで下さいロビンソンのスクンビット側に行くと、陸橋があります。陸橋を使って渡ったロビンソンとは反対側が、パタヤ行きになります
20140907_105510[1]
初めての場合は、2地点とも、こんな感じの手順になります

バンが止まってくれたら、乗車している人に『パタヤ』『パタヤ』って聞いてみましょうパタヤに行くかどうか、答えてくれます

バンに乗り込んで座っていると、タイミングを見計らって、運転手さんの方から、『パタヤのどこで降りたいの』って聞いてきます

自分が行きたい地区に従って返答しますすると、『++バーツ』と言ってくれるので、車内で運転手さんに運賃を支払います

一口メモ:タヤは大きく分けると3つの地区に分かれており、シラチャからだと『パタヤ北』→『パタヤ中央』→『パタヤ南』の順に通ります

パタヤ北=『パタヤ ヌア』アマリホテルやドゥシットホテルの辺り(おおよそです)

パタヤ中央=『パタヤ グラーン』セントラルパタヤがある辺り
(おおよそです)

パタヤ南=『パタヤ ダイ
』ウォーキングストリートの辺り(おおよそです)

行き先までついたら、運転手さんが呼んでくれるので、降ります(←呼んでくれないこともある

パタヤ到着

一口メモ:降りるところは、スクンビット道路沿いになるので、パタヤ市内(海側)までは、他の交通機関を使って、アクセスすることになります(←スクンビットから10分くらいかなそんなに難しくないです


さて、シラチャの『バス停(バンコク行き編)』と『バス停(パタヤ行き編)』を2編にわたってご紹介しました

個人的には、シラチャからバンコクにバスで『日帰り』するのは、オススメしません移動で時間消費してしまい、バンコクの滞在時間が少ないからです帰りの便も心配しないといけないし、バンコクに行くなら『日帰り』でなく『泊まり』覚悟のほうが、楽しめると思います

一口メモ:混んで無ければ、シラチャからパタヤまで、およそ30分です思ったより近くないですか運賃は、大体40バーツ~60バーツです

パタヤなら移動時間をバンコクほど消費しないし、パタヤは遅くなっても、バンコクに帰るタクシーを拾う(シラチャを通る)のが簡単ですよ

以上、シラチャの『バス停(パタヤ行き編)』でした

↑このページのトップヘ