シラチャ情報屋

シラチャのことなら『シラチャ情報屋』! 多方面の情報網を利用して、『へぇー』『ふ~ん』ってなれるシラチャ関連の情報を提供します。速報、裏情報、噂、お役立ち情報を、どこよりも早く、できるだけ正確にご提供できるように致しますが、間違ってる時もあると思いますので、予めご了承下さい m(_ _)m ※リンクフリーです!

タグ:バン

今日はシラチャからタイ東北部「イサーン」に行ってみます

前々から「イサーンに行ったことないから、乗り合いバンやバスで行ってみたい」と思ってたんです。車だと普通過ぎるから、あえてバスやバンってのが楽しみのポイント

そして、スケジュールも「金曜夜にシラチャを出発して、土日で観光して、日曜夜にシラチャに戻って来るっていう弾丸ツアー的にしてみたい」とも思ってました

地図で調べてみたところ、「コラート(ナコンラチャシマー)」が、シラチャから一番近いイサーン地方のようです

これ恥ずかしいから内緒にしてたんですが、調べるまでコラートとナコンラチャシマーって同じって知りませんでした、、、
image


バスが出てるか調べてみたところ、スクンビット道路沿いの歩道橋下から出ているのが分かりました

では、金曜日夜なので、そのバス停まで行ってみます。ここの歩道橋分かるかな。ロビンソン前のでなく、もう少しレムトン側に行ったらある歩道橋です
image


ここがチケット売り場になっています。コラートまでは片道350バーツ。ここから、ノンカーイ行き、ジャンタブリー行きなどあるので、タイ国内は、ほぼ行けるんじゃないかなぁ
image


スタッフの人に聞いてみると、コラート行きは毎日出ているようです。最終は20:10なので、それに乗ることにします
image


横には売店があります。うーん、さっきご飯食べたばっかりだけど、お腹空くかもしれないし何か買った方がいいのか。デブ的には判断の難しい大きな局面を迎えましたが、、、今回は「買わない」という苦渋の決断
image


座って待っていると、30分に1台はバスがやってきます。バスに書いてある地名を見ると、シラチャ発ってのはなく、ラヨーン発やサタヒップ発のバスが一旦シラチャに寄って、各々の最終目的地に行くようです

やばい、バンは数えられないくらい乗ったことあるけど、バスは1回しか乗ったことないのでワクワクします
image


20:10予定でしたが、20:30にバスが来ました。乗り込みます。2階建てバスで、一階にトイレがあります。「トイレ行き過ぎてバスを何回も止めちゃったらどうしよー」って思ってたから良かったです

着席っと。電気が何故か赤い、、、。こんなにバス大きいのに、乗客は5人かな。チケットには席番号が書いてありますが、乗客少ないので、皆さんあんまり気にせず座っている様子
image


ついに出発。5時間なので、夜1時くらいに着です
image


イスはマッサージチェアみたいで座り心地はすごく良いです。でもボタン押してもマッサージしてくれない、、、。うーん、どうやったら動いてくれるんだろう、、。ま、いっか

image


シラチャからチョンブリまでは、バンコクに行くのとほぼ同じルートなので、新しい景色ってのはないかな、、、

お、途中で曲がります。マップで確認すると、、、、
image


どうやら、チョンブリのバスセンターのようです
image


あれ、このタイミングでお菓子、水、毛布の配布をしてくれました
image


日本までが飛行機で6-7時間だから、5時間って結構長いですよね。なので、このチャンスを利用して、「NHK映像の世紀」を見ます

しかも、いつもは充電切れて困るのですが、今回はポータブル充電器も持ってきたので準備万端


出発して2時間くらい、、、、


今この辺りです。304工業団地の近くかな。景色を見たり、youtubeを見たり、すでに使い始めたポータブル充電器もつかなぁ
image



「第2回映像の世紀」が終わり頃になると、、、(すいません、分かりにくい基準で)


山道になって来ました。地図で確認すると、ちょうどカオヤイの谷間をぬって進むようです。出発して約4時間が経過。充電はギリギリいけそうかな
image



あともうちょっと、、、


そして遂に約5時間でとうちゃーく。快適なYoutubeタイムが過ごせました。途中、乗客の乗り降りで約5箇所で止まったりしてましたが、結局、乗客10人を超える時はありませんでした

移動はかなりサバイです。バスだったからかな。そもそも飛行機が苦手だから、移動時間が同じくらいでも長く感じるのかも、、、。じゃ、降りますね

コラートのバスセンター、かなり大きいです。バンコクのモーチットにあるバスセンターの3倍はあるかな。さすが「イサーンの玄関口」と言われるだけあって、ここからタイの何処でも行けるくらい、色々な行き先のバスが停留しています。見たことない行き先がいっぱい。写真が少なくて大きさが伝わらず申し訳ないです、、、
image


バスセンター中央には、お土産屋、レストラン、コンビニが入ったプラザがあります
image


バスセンターからコラート中心部までは、タクシー、トゥックトゥック、モタサイがあって、およそ5分のようです
image


思ったよりサクっとシラチャからコラートに来てしまいました、、、

あれ、そう言えば、途中で休憩があるのかと思ってたけど、なかったような。ま、いっか

今回は下記の青色ルートでした。金曜日夜にシラチャから出発するバスやバンがあれば、この週末イサーン観光プランで、もう少し先まで行ける気がするので、今度は更に先まで行ってみますね。ちなみに、バスのチケットは、あの歩道橋下の売り場で、前もって予約することも可能です
image


今日は以上です

今日はパタヤのハーバーモールってデパートにある『ボルダリング』に行ってみます
image


ハーバーモールといえば、シラチャのバルコニーアパートと経営が一緒なので、イオンとロビンソン近くの停留所からバンが出てますよね。ちなみに宿泊者でなくてもオッケーで、外部料金は100バーツ

では、バンに乗って、およそ40分で到着。ハーバーモール パタヤです
image


じゃ、入りまーす
image


平日に行くと、Jパーク並にガラガラで大丈夫かなって思いますが、土日は家族客が多いです。良かった!!

いつも、飲食店が多い地下1階から3階までしか行かないのですが、4階以降の子ども用のエリアが結構すごい

ミニョンがいます一応、触っときました
image


トランポリンかな
image


他にも、スケート場、アスレチック、ローラーブレード場とかあって、ハーバーモールのメインは、実は『本格的な子どもの遊び場』みたいです

では、とりあえず、デブなのでカロリーを消費しないようボルダリングのある8階まで、エレベーターで行きましょう
image



で、8階のボルダリング『Deep』に到着っと
image


受付に行くとまず、『事故があっても責任とりませんよ』の誓約書にサインするみたい。ま、スカイダイビングとかバンジージャンプでもあるプロセスなので気にしません

ちなみに料金表
image


あとは、シューズ、チョークの粉が入った袋(滑りにくくする用)など全部をレンタルしてと、、
image


あと、これを腕に巻いて完了
image


一応、シャワー付きロッカーもついてるので、サバイです


じゃ、入ってみます、、、


ドーン。予想してたのより、結構高い、、、。10mくらいあります
image


スタッフの人が安全具を装着してくれます。後ろの袋は、チョークバック
image


どうやるのかなっと思ってたら、スタッフの方が教えてくれました。色んな色に分かれていて、青なら青、白なら白だけを使って登っていくようです。あとレベルがアルファベットと数字で書いてあります
image


こっちは、傾斜を登ってく練習をするエリア。こっちは無理だな、、、
image


始めは、高さがあるので結構怖いですが、安全具があるので落ちる時はゆっくりだし、慣れると面白い

かなり腕がパンパンになりました。小学校1年生くらいの子どもも結構いて、しかもサクサク登っています

なかなか楽しいので、皆さんも週末に行ってみてはいかがでしょうか







シラチャを歩いていると、バルコニーアパートメントのバンを良く見かけますよね

つい最近知ったのですが、あのバンでパタヤ往復ってのがあって、バルコニーアパートメントに滞在してなくても100Bを払えば、外部の人でも乗れるということです
image



早速、利用してみます

シラチャには停留所が2箇所あります。一つは「イオン」、もう一つはソイソニー近くの「セブンイレブン隣」です

今回は、セブンイレブン隣の停留所に行ってみます

中に入るとカウンターがあるので、そこで100Bを支払います。中はラウンジのようになっています
image


シラチャ発、パタヤ発の時間です
image


WiFi、お菓子やコーヒが無料で提供されてるので、待ち時間もサバイサバイです
image


image


image


それでは、乗り込んで出発
image


40分くらい乗ったら、、、

パタヤ着です。到着地はパタヤハーバーモールになっています
image


一人100Bで、コーヒやお菓子が無料のラウンジ、カウンターのスタッフやバンの運転手のコスト、ガソリン代など考えると、「利益がほとんどないのでは」と思いましたが、バルコニーサービスアパートメントとパタヤハーバーモールのオーナーさんは同じ人なので、シラチャの日本人需要を取り込むのに、このバンを運営してるということですね

通常のローカル運営のバンは40Bですが、少し高いだけで、乗り心地も良いので、バルコニーアパートのバンの方がベターです

社用車が気軽に使えないって人は、是非利用してみてはいかがでしょうか。

以上です。







先日お伝えしたシラチャの『バス停(バンコク行き編)』に続き、『パタヤ行き編』のご紹介です

シラチャからバンコクに行きたい人はこっち→シラチャの『バス停(バンコク行き編)』!

情報屋と言ってるくせに、シラチャからパタヤに行くためのバス停は、2地点しか知りません(←多分もうちょっとあるはず)とりあえず、パタヤ行きは、その2地点で何とかなるので、ご紹介しますね

1つ目は、

レムトンさんの下になります(具体的には、ドゥッコムさんの前)※レムトンさんの下には、バンコク行きや空港行きのバス停(+チケット売り場)があるので、混合しないように気をつけて下さいね

これがバス停シラチャには珍しいちゃんとしたバス停ですよねバスの看板が右上についてます
20140903_145256[1]

がっしかし、ここで座って待ってても、一向にバンは止まってくれません

実際に、バンに乗るには、バス停で座って待つのではなく、スクンビット道路の脇で立って待っておく必要があります立っていると、黒い車が停車している辺りに、バンが止まってくれます
20140903_145241[1]


2つ目は、

ロビンソンのスクンビット道路側で、スクンビット道路を挟んだ向かい側に、パタヤ行きのバス停があります※バンコク行きと混合しないで下さいロビンソンのスクンビット側に行くと、陸橋があります。陸橋を使って渡ったロビンソンとは反対側が、パタヤ行きになります
20140907_105510[1]
初めての場合は、2地点とも、こんな感じの手順になります

バンが止まってくれたら、乗車している人に『パタヤ』『パタヤ』って聞いてみましょうパタヤに行くかどうか、答えてくれます

バンに乗り込んで座っていると、タイミングを見計らって、運転手さんの方から、『パタヤのどこで降りたいの』って聞いてきます

自分が行きたい地区に従って返答しますすると、『++バーツ』と言ってくれるので、車内で運転手さんに運賃を支払います

一口メモ:タヤは大きく分けると3つの地区に分かれており、シラチャからだと『パタヤ北』→『パタヤ中央』→『パタヤ南』の順に通ります

パタヤ北=『パタヤ ヌア』アマリホテルやドゥシットホテルの辺り(おおよそです)

パタヤ中央=『パタヤ グラーン』セントラルパタヤがある辺り
(おおよそです)

パタヤ南=『パタヤ ダイ
』ウォーキングストリートの辺り(おおよそです)

行き先までついたら、運転手さんが呼んでくれるので、降ります(←呼んでくれないこともある

パタヤ到着

一口メモ:降りるところは、スクンビット道路沿いになるので、パタヤ市内(海側)までは、他の交通機関を使って、アクセスすることになります(←スクンビットから10分くらいかなそんなに難しくないです


さて、シラチャの『バス停(バンコク行き編)』と『バス停(パタヤ行き編)』を2編にわたってご紹介しました

個人的には、シラチャからバンコクにバスで『日帰り』するのは、オススメしません移動で時間消費してしまい、バンコクの滞在時間が少ないからです帰りの便も心配しないといけないし、バンコクに行くなら『日帰り』でなく『泊まり』覚悟のほうが、楽しめると思います

一口メモ:混んで無ければ、シラチャからパタヤまで、およそ30分です思ったより近くないですか運賃は、大体40バーツ~60バーツです

パタヤなら移動時間をバンコクほど消費しないし、パタヤは遅くなっても、バンコクに帰るタクシーを拾う(シラチャを通る)のが簡単ですよ

以上、シラチャの『バス停(パタヤ行き編)』でした

シラチャは何もないので、ずっといると飽きちゃいますよねじゃ、バンコクやパタヤに簡単に行けるかと言えば、いつでも自由に使える車がある人は少ないと思います

-1台を数人で兼用しているので、自由に使えない
-そもそも、会社から車を支給されていない
-旦那さんが仕事に行ってる平日昼間は、車自体がない
-出張者なので、わがまま言いにくい


そんな人のためにっ

今日は、シラチャのバス停(バンコク行き)を紹介します(2014年9月現在)

タイの交通機関を利用して、シラチャからバンコクやパタヤに移動できるように練習しましょうちなみに、シラチャからパタヤに行きたい人はこっち→シラチャの『バス停(パタヤ行き編)』!

始めの数回は緊張しますが、普通に乗れるようになります(←誰でも初めての事は緊張する)私の70歳過ぎの親も、シラチャからバンコクまで、バスで行きました(←土産話にトライしたかったみたい、、、
illust1790

それでは、いってみましょう

まず、シラチャのバス停ですが、5地点あります(※便宜上、バス停としていますが、『バス』そして『乗り合いバン』の乗り場と考えて下さい)

、ロビンソンの前(スクンビット道路)
ロビンソンのスクンビット道路側にあります陸橋が目印

次から次へとバンやバスが止まり、人を乗せては出発するので、どれが『バンコク行き』なのか分かりずらいですが、ここからも『バンコク行き』の大型バスや乗り合いバンに乗れます乗り込む前に、どこ行きか確認しましょうこのバス停は、ちょっと難易度が高いかも

チケットを販売していないため、行き先を伝えて、車内で運転手さんに運賃を直接払います。また、乗客を詰め込めるだけ詰めるので、座る席がない可能性があります吊革もないし立つのはきついです(←1回あって、1時間くらいずっと車内で立ちっぱなし泣きたくなりました

一口メモ:乗り合いバンとバスなら、バスの方が遅いです運賃は、どの乗り場も大体100Bくらい
20140903_095429[1]


、ロビンソンの横(バンコク銀行側)

ロビンソンをバンコク銀行側に出ると、小さな中央分離帯になっているところがあり、そこにチケット売りがありますここはバンのみですここのバス停が、一番利用しやすいかも

チケットを買ったら、バンが来るのを待ちます指定席ではないので、席は早い者勝ちですチケットは席数分しか販売してないはずなので、立つってことはないです

一口メモ:行き先を『バンコク』と言うだけだと通じません運転手さんやチケット売り場の人が聞きたいのは、『バンコクのどこか?』なので、『エガマイ』『アヌサワリー』『モーチット』などバンコク市内のどの地点かを知らせましょうバンコクに到着すれば、タクシーやBTSもあるし、何とかなります
20140903_095158[1]


、アサンプション交差点(ロビンソンから見て反対側)

ロビンソンのスクンビット側からみて斜め右方向に、大きな交差点があります(アサンプション交差点)ベストバイという電気屋さんが目印ベストバイからスクンビット道路を渡って、数メートル行くと左手にバス停があります

ここもチケット売り場があり、利用しやすいですこっちのほうが、上のバス停より空いています黄色い看板ですここはバンのみです
20140903_144332[1]


レムトンアパートの下
レムトンさんの下にもバス停がありますスクンビット道路側に『パタヤ行きのバス停』があるので、それと混合しないように気をつけて下さいバンコク行きの方は、チケット売り場があるほうですここは、バスとバンどちらもあります
20140903_144942[1]


、レムトンアパート手前の交差点

レムトンさんを少しロビンソン方面に戻ると、交差点があり、そこにバス停がありますレムトン下のバス停が込んでたら、こっちを利用するのもありだと思いますが、実際に利用している人は少ないですここはバンのみです

一口メモ:渋滞状況や停車回数にもよりますが、乗り合いバンやバスで、シラチャからバンコクまでだと、2時間30分~3時間(自家用車とは違います)かかると考えたほうが無難ですどこのバス停から乗ってもそのくらいかかります
20140903_145503[1]


個人的には、のバス停が利用しやすいです。バスの出発時間が、1時間に1本や30分に1本なので、待つのが嫌いな人は、まずのバス停のチケット売り場で、直近の出発時間を確認します。待ち時間が長いなら、歩いてすぐなのでのバス停を利用するのが良いでしょう

一口メモ:乗り場によって、『バンコクの何処に行くか』決まっています『エガマイ行き』がない乗り場で、『エガマイに行きたい』と言っても受け付けてくれません

シラチャに毎日ずーーーっといるのも飽きてきますよねタイの交通機関に慣れると、移動できる範囲もグッと広がりますよ

以上、『シラチャのバス停(バンコク行き)』でした





↑このページのトップヘ