シラチャ情報屋

シラチャのことなら『シラチャ情報屋』! 多方面の情報網を利用して、『へぇー』『ふ~ん』ってなれるシラチャ関連の情報を提供します。速報、裏情報、噂、お役立ち情報を、どこよりも早く、できるだけ正確にご提供できるように致しますが、間違ってる時もあると思いますので、予めご了承下さい m(_ _)m ※リンクフリーです!

タグ:シラチャ

今日はシラチャからタイ東北部「イサーン」に行ってみます

前々から「イサーンに行ったことないから、乗り合いバンやバスで行ってみたい」と思ってたんです。車だと普通過ぎるから、あえてバスやバンってのが楽しみ

そして、スケジュールも「金曜夜にシラチャを出発して、土日で観光して、日曜夜にシラチャに戻って来るっていう弾丸ツアー的にしてみたい」とも思ってました

地図で調べてみたところ、「コラート(ナコンラチャシマー)」が、シラチャから一番近いイサーン地方のようです

これ恥ずかしいから内緒にしてたんですが、調べるまでコラートとナコンラチャシマーって同じって知りませんでした、、、
image


バスが出てるか調べてみたところ、スクンビット道路沿いの歩道橋下から出ているのが分かりました

では、金曜日夜なので、そのバス停まで行ってみます。ここの歩道橋分かるかな。ロビンソン前のでなく、もう少しレムトン側に行ったらある歩道橋です
image


ここがチケット売り場になっています。コラートまでは片道350バーツ。ここから、ノンカーイ行き、ジャンタブリー行きなどあるので、タイ国内は、ほぼ行けるんじゃないかなぁ
image


スタッフの人に聞いてみると、コラート行きは毎日出ているようです。最終は20:10なので、それに乗ることにします
image


横には売店があります。うーん、さっきご飯食べたばっかりだけど、お腹空くかもしれないし何か買った方がいいのか。デブ的には判断の難しい大きな局面を迎えましたが、、、今回は「買わない」という苦渋の決断
image


座って待っていると、30分に1台はバスがやってきます。バスに書いてある地名を見ると、シラチャ発ってのはなく、ラヨーン発やサタヒップ発のバスが一旦シラチャに寄って、各々の最終目的地に行くようです

やばい、バンは数えられないくらい乗ったことあるけど、バスは1回しか乗ったことないのでワクワクします
image


20:10予定でしたが、20:30にバスが来ました。乗り込みます。2階建てバスで、一階にトイレがあります。「トイレ行き過ぎてバスを何回も止めちゃったらどうしよー」って思ってたから良かったです

着席っと。電気が何故か赤い、、、。こんなにバス大きいのに、乗客は5人かな。チケットには席番号が書いてありますが、乗客少ないので、皆さんあんまり気にせず座っている様子
image


ついに出発。5時間なので、夜1時くらいに着です
image


イスはマッサージチェアみたいで座り心地はすごく良いです。でもボタン押してもマッサージしてくれない、、、。うーん、どうやったら動いてくれるんだろう、、。ま、いっか

image


シラチャからチョンブリまでは、バンコクに行くのとほぼ同じルートなので、新しい景色ってのはないかな、、、

お、途中で曲がります。マップで確認すると、、、、
image


どうやら、チョンブリのバスセンターのようです
image


あれ、このタイミングでお菓子、水、毛布の配布をしてくれました
image


日本までが飛行機で6-7時間だから、5時間って結構長いですよね。なので、このチャンスを利用して、「NHK映像の世紀」を見ます

しかも、いつもは充電切れて困るのですが、今回はポータブル充電器も持ってきたので準備万端


出発して2時間くらい、、、、


今この辺りです。304工業団地の近くかな。すでに使い始めたポータブル充電器もつかなぁ
image



「第2回映像の世紀」が終わり頃になると、、、(すいません、分かりにくい基準で)


山道になって来ました。地図で確認すると、ちょうどカオヤイ国立公園の谷間をぬって進むようです。出発して約4時間が経過。充電はギリギリいけそうかな
image



あともうちょっと、、、


そして遂に約5時間でとうちゃーく。快適なYoutubeタイムが過ごせました。途中、乗客の乗り降りで約5箇所で止まったりしてましたが、結局、乗客10人を超える時はありませんでした

移動はかなりサバイです。バスだったからかな。そもそも飛行機が苦手だから、飛行機は長く感じるのかも、、、。じゃ、降りますね

コラートのバスセンター、かなり大きいです。バンコクのモーチットにあるバスセンターの3倍はあるかな。さすが「イサーンの玄関口」と言われるだけあって、ここからタイの何処でも行けるくらい、色々な行き先のバスが停留しています。見たことない行き先がいっぱい。写真が少なくて大きさが伝わらず申し訳ないです、、、
image


バスセンター中央には、お土産屋、レストラン、コンビニが入ったプラザがあります
image


バスセンターからコラート中心部までは、タクシー、トゥックトゥック、モタサイがあって、およそ5分のようです
image


思ったよりサクっとシラチャからコラートに来てしまいました、、、

あれ、そう言えば、途中で休憩があるのかと思ってたけど、なかったような。ま、いっか

今回は下記の青色ルートでした。金曜日夜にシラチャから出発するバスやバンがあれば、この週末イサーン観光プランで、もう少し先まで行ける気がするので、今度は更に先まで行ってみますね。ちなみに、バスのチケットは、あの歩道橋下の売り場で、前もって予約することも可能です
image


今日は以上です

以前書いたシラチャのチャンタテーン滝近くにカフェがあったのでお知らせします。滝に行った帰りに寄ってみるのもありかなっと思います
image


店内
image


外の席
image


でも、店内のほうがサバーイ
image


カフェ隣にレストラン「サルーン ビア&ワイン」がありますが、まだオープンしてないみたい。ステーキをメインにするようです
image


レストラン隣には、ドライビングレンジもありました。で、真向かいにはタイ料理レストランもあります。どうやら、全部同じオーナーさんみたいです

後日、滝に行った話をしてたら、お友だちがオーナーさんの知り合いみたいで、夜にタイ料理レストランにも行ってみました
image


バンドが入ってます
image


タイって感じのデザインです
image


以上です

シラチャのイオン裏手に「スカイ コンド」がオープンしたので行ってみますね
image


ロビーです
image


郵便ポスト
image


じゃ、お部屋を見せてもらいます

1ベッドルームのリビングです
image


寝室
image


あと、フィットネス
image


プール
image


イオンに近いので便利ですよね。お部屋はいつでも管理事務所に言えば見せてくれるようです

以上です

シラチャのサミティベート病院近くに「ザ ロフト」というホテルがありますよね。数ヵ月前にオープンした「カリンホテル」の真向かいになります

以前、ロフトホテルは、シラチャロッジというホテルでしたが、数年前に改装してリニューアルオープンしました。そのレストランが、雰囲気がサバイサバイなので行ってみますね

ここです
image


駐車場のほうに入っていくと、下に降りる階段があります
image


サバイ
image


タイ料理レストランがあって、漠海っていう日本食レストランと繋がってます。オーナーさんが一緒なので、タイ料理レストランですが、漠海から日本食も注文できるようになってます。でも、今日はタイ料理にします
image


着席して何品か注文します

ソムタム。何故かすごく綺麗に写真がとれてビックリ
image


ほら、やっぱり、いつもよりキレイに写真がとれてる気がします。天気の具合なのかな
image


みんなこれを頼んでるみたい
image


あとチャーハン
image


50人くらい収容できる宴会場もあるみたいです。プールパーティーみたいなのやってみたい。結構サバイなので、行ってみてはいかがでしょうか

以上です



シラチャから30分くらいのとこに、「チャンタテーン滝」ってのがあるので行ってみます
image


行き方は、途中までカオキアオ動物園と同じっぽいです。モータウェイから降りたら、看板もあるのでサクサクいけます
image


地図ですバンプラのダム沿いに行ってもいいですね
image


天気が良いしサバーイ
image


とうちゃーく。「カオキアオ野生保護区」にチャンタテーン滝はあるようです
image


入場口。売店、事務所、駐車場があります。駐車場あるけど、まだ車で先に進めるみたい
image


タイ人は無料、外国人は200バーツ
image


入るとすぐ右手に池があって、、
image


回りを歩けるようになってます
image



ま、もう少し先に進んでみましょう


すると、駐車場がもう一つ。これ以上は車で行けないみたいなので、歩いて進みますね
image


軽食やドリンクを販売してるみたい
image


天気が良くてサバーイサバーイ
image


5分くらい歩くと、広場にでました。皆さん、ここでピクニックしてる様子
image


トイレもあります。シャワーはなくてホースの水で洗ったりはできるみたい
image


看板があります
image


左の方は、、、、

「沢で遊んでる時に、水の色が変わったら、すぐに上に上がって下さい」とのこと。一気に水が来るタイミングだからかな、、、

右の方は、、、、

「シーラン滝」まで1020メートル
「チャンタテーン滝」まで800メートル
「タテーン渓谷」まで200メートル
「タテーンマウンド」まで50メートル

ということです。一番上のシーラン滝は約一キロですね。予想してた以上の距離だけど、行ってみます
image


休みだし結構人がいます。沢に沿って歩いていきまーす
image


滝と呼べるのか分かんないですが、小さい段差で滝っぽいのが何ヵ所かあります
image


お、なかなか楽しくなってきました
image


自然の中。いい感じです
image


小さい滝だけど登って進めないポイントになったので、沢ルートは諦めて山側に入って進んでみます

道なんてのはもうないですね。遭難したら困るので、沢からあまり離れないようにして進みます
image


高くなってきました。高いところ苦手だからちょっと怖いけど進んでみます
image


沢の水の音だけが頼り。道なき道を進みます。もう普通なら戻るところですが、クレイジーなので前進
image


んー、また進めない箇所になったので、山側ルートを一旦諦めて沢に下ります
image


これ面白いなって思ったんですが、沢歩きってルートがないんですね。途中まではあったんですが、あとはアドリブで考えながら進む感じです

山ルートは進みやすいとこだけ選んで進むと、沢から離れすぎて、今どこにいるのか分からなくなります。進みながら、「これ夜になったら戻れないだろうなー」って思いました

この辺まで来ると、さすがに人少ない。普通はここまで来ないのかな。40分は歩いたかなー


お、木が倒れてて行く手を阻む。盛り返した土の色を見ると、最近倒れた木みたい。進むにつれてスマホが邪魔になってきました。濡れないようにかばいながら行くの難しい。ここは山ルートに入らなくてもなんとか通過
image


沢沿いに行った方が、進みやすいルートが少なくて時間がかかる気がします
image


んー、また難しいポイント。ここで3分くらい進めませんでした。始め左に行って難しくて、その後、右に行ってみたけどそっちも難しくて、結局左に再挑戦
image


グングン進みます
image


お、前に三人組。看板もないし、全然人に会わなかったから、誰もこの辺まで来てないのかと思ってました。やっぱり、スマホなんて持って来てる人いないですね、、、。しかも、ちゃんとした格好のような気が、、、。こんな軽装で大丈夫かなぁ。ま、とりあえず進みます。ここはちょっと難所っぽい。右は滑りそうだし左から行きます
image


もう結構進んだ気がします
image


あ、「第三チャンタテーン滝」の看板が、、、
image


あ、これですね。想像以上に小さいけど、想像以上に歩いたので満足です
image


ここから、山側のルートが行けるかと思ったのですが、看板に「危険。登るな」と書いてあります
image


ちょうど登って来たタイ人二人組に聞いたところ、「噂では第四まであるって聞いたけど、これ以上は進めないよ」っていうことです

その第四の滝が、看板にあったシーラン滝かな、、、

始めの看板によると、チャンタテーン滝が800メートルで、シーラン滝が 1000メートルだったと思うので、流石にあと200メートルは行きたい

その後、そのタイ人二人組と試行錯誤して、山側ルートは危険みたいだから、滝の方から登ろうと思ったんですが、水の中に入ると足が届かない深さなので登っていけなーい

これ、「ホントに第四の滝まであるの」って思いました。どうやっても進めない

時間的にも暗くなりつつあるので、すごく残念ですが、今日はここで下りることにします

沢って同じルートなのに、帰る時の方が難しかったりします
image


このポイント、写真だと分かりにくいですが、高さあってどうやって降りようかと思いました
image


高いからまっすぐは無理だし、左も無理だから、右か、、、

靴を持ちながら下りるのは難しいので、まずは靴を落としてっと、、、
image



ん、、、、


ドッカーンあり得ない事に気付いたんですが、、、

ま、ま、まさかの、、、ずっと裸足で歩いてました 「足が痛いなー」って思ってたんです

私の脳的には、

始め:水冷たいし裸足でサバーイ

途中: スマホと財布が濡れると困るから取り出して靴に入れる

登り下り: 「財布とスマホは置いてくれば良かったなぁ」と思いつつ歩いて、、、

で、ずーっと「沢歩きって足痛いなぁ」って思ってました。山側ルートで裸足はホント大変で 、、、。ま、そりゃそうですよね

我ながらアホ過ぎてウケました

ま、でも、気にしなーいとりあえず、歩きます

あ、やっと人がいた。人がいるエリアまで来れたら帰ってきたも同然。ここも高くて結構な難所でした。行きとルートが違う気がするけど、ま、いっか
image


どんどん歩きます。子どもがいるし、もう近いはず
image


とうちゃーく。始めのポイントまで戻ってきましたなかなかのアドベンチャーで楽しかったです

シラチャ近くでサクッと沢歩きできるとこなので、皆さんも行ってみてはいかがでしょうか

家族で来たら、始めのほうのエリアで水遊びしても楽しいと思うし、友だちで来たら歩きを
してもいいし、なかなか楽しめるところじゃないかと思います

ちなみに、第三の滝までは、行って帰って2時間半くらいです。あと、子どもだと第三の滝までは行けないと思います。予想以上にハードだし危ないです。大人でも「軽い打撲、かすり傷程度は気にならない」って人じゃないと難しいかな。靴をはいてたら、もう少し楽だったかも

スマホや財布は置いてきてから、トライした方が無難です。始めはサバイサバイかと思ったんですが、何ヵ所か必ず水に入らないと進めないポイントがあって、スマホを水に浸からないようにして進むの結構大変でした。すでにここ1年で2回も壊してるし、「3台目は嫌だ!」と思いつつ頑張りました

あと、水分補給も必要になるのでお水も持って行かなかったので途中から喉が乾いて乾いて、、、

帰りはバンプラのダムを通ってから帰りました。バンプラのダムも結構好きです

image


上まで行くとしたら、昼に出たら間に合わないので、次回リベンジするとしたら朝から出ようと思います

あと下りながら「もしかしたら」と思ったのが、第三の滝に到達する前に、入りやすい山ルートを探して、そこから迂回すれば、第三の滝を通り越して更に上に行けるのかも。第三の滝まで行ってしまうと、逆に進めなくなるので

結果的に、沢に沿っていけばまっすぐで最短なのか、時間ロスかもしれないけど山ルートも合わせて正解だったのか、どっちが早く上まで行けるのか未だ分かりませんね、、、

でも、ま、今回の一番の教訓は「靴はこう」ですね

シラチャやパタヤに在住の人でしたら、パタヤ発が朝ならいいのですが、昼の場合は2泊3日ないと、時間が短すぎると思います。

夕方にフアヒン着で、翌日朝や昼にもう出発だと結構大変。なので、シラチャやパタヤ在住の人なら2泊3日がオススメかなって思います
image


フアヒンは海と山の両方でアクティビティがあるので、結構お得感があります

海はビーチに岩がたくさんのあるので、泳ぐというよりは、ビーチで寛ぐような過ごし方がメインなのかな。フアヒンに来たけど、ビーチ滞在時間は30秒くらいでした。パタヤとの違いがいまいちなくて、、、
image


潮が引いてたからか、泳いでる人も少ない
image


でも、パタヤと比べると町並みがキレイでした。洗練されてる感じがあります。でも、写真とりわすれてます。すいません、、、

カフェも色々あって、、、
image


ツナサンドイッチ。どこで食べたか忘れましたが、、、
image


ここは、チョコレートファクトリー。これはバンコクやパタヤにもありますね
image


久しぶりに美味しいスイーツを食べた気がします
image


チョコずくしで、逆に体重がヤバいことになってそうですが、、、
image


ジャズやってます
image


引退して住むとかなら、ゆったりしてるし良いんじゃないのかなーと思います


観光地ですが、シラチャに住んでる人なら、近くにパタヤもあるし、もう寺(ワット)やナイトマーケット、テーマパークは飽きてると思うので、違った志向で行ってみました

ちなみに今回はフェリーの時間以外はノープランで行って、地元の人に聞いたりでグルグル回ってみました。

というのが、何かの記事で「サイトやガイドブックで下調べすると、旅行が単なる確認作業になって新鮮味がないし感動もしない」というのを読んで、「確かに」と思ったからです

皆さんも思い当たるフシがないですか。観光地に行ってみたら「あ、こんなもんなんだ」って特に感動しないこと

「あれーおかしいなー。もうちょっとドッカーン感動する予定なのに」みたいなの

効率的に観光スポットを回るために下調べすると、旅行の意味がなくなるというのは、なかなか面白いポイント

今は情報が手に入り易いので、旅行だけでなく、情報をインプットせず非効率的な選択をすれば実は面白くなるって事が、日常的にも結構あるのかもしれません

ま、そんなこんなで、ノープランなので何処にいっていいか分からないし、とりあえずホテルの人に「ベストな場所で一ヶ所といえば何処ですか」って聞いたら「これは行った方がいいよ」って言われたのが、、、


「クーハーカルハット宮殿」
これはフアヒンに来られたら是非行ってみるのをオススメします

山登り得意ならオッケーですが、私みたいなデブには相当なきつさでしたでも、行く価値あり

フアヒンから車で30分くらいの「サームローイヨート」というエリアにあります。「300の山の頂上」ってのがエリア名の由来のようで、行きの景色も小さな岩山がポコポコあって、ハノイのハロン湾のような不思議な感じです。すいません、写真とりわすれました

ま、ここからが本番で、まず到着したら、、、
image


1、ビーチ脇の岩山を登って降ります。およそ30分です。

普通ならここで宮殿に到着と思うじゃないですか

2、でも、ここから更にビーチを歩いて次の岩山に向かいます。およそ15分です

3、そして、2番目の岩山を登ります。この2番目の岩山が修行レベル。登りながら、くじけようかと何回も思いました。およそ1時間です

4、そこから洞窟に入っていきます。ここまで来るとほぼ到着です
image


5、でやっと、、、到着して思ったんですが、これどっかの雑誌で取り上げられてなかったですか
image


洞窟内の天井が数ヵ所抜け落ちてて、光が差し込むようになってます
image


帰りは全部で1時間くらいだったので、およそ2時間くらいかかります

午前中がいいです。人が多いと歩きにくいし、宮殿に到着した時の感動も半減すると思います

これは下調べしなかったおかげで、かなり予想外でウケました


あとは、、、


「シカダ マーケット」
フアヒンにもナイトマーケットが数ヵ所あるのですが、どれもシラチャやパタヤと同じで、ここだけがちょっとアーティストなものが多かったです

こういった自分たちで作った系の商品が多くあります
image


こんなのとか。あと、バンドのライブとかもしてました
image



他には、、、


「サイクリング ツアー」
泊まったホテルの近くに自転車屋さんがあったので店長と話すと、市内ツアーをやってあげるってことなので、連れてってもらいました
image


フアヒンの町ってすごく小さいので、自転車で回っても面白いです。メインの通りには、自転車レーンもあります
image


下記は連れていってもらったフアヒン駅。有名みたいです
image


自転車屋の店長について行くのですが、普通入らない路地とかグングン入って行くので、楽しいです
image


狭い
image


店長のアドリブでどこでも行きます
image


このあたりになると、店長もう自分の世界
image


ノープランってのは、逆に贅沢な旅行のような気がします。着いてもどこに行っていいか分からないから、地元の人に聞かないといけない作業が多く発生するので、現地での出会いも自ずと多くなりますし、予想外がずっと続くので常に考えて行動しないといけないので逆にワクワク感あります

下調べしてると、地元の人と多く会話せずとも観光地につけるだろうし、想定内過ぎると、ワクワク感もないでしょうし

ちなみに、行きはお客さん20人くらいでしたが、帰りは倍以上で多かったです。
image


バンコク行くノリで「今週3連休あるけどどこいこっかなー」って時には、フアヒン良いと思うので、是非一度行って見てください

パタヤからフアヒン行きのフェリーが出航するようになって6ヶ月が経過したので、そろそろ利用してみますね
image


「ロイヤル パッセンジャー ライナーズ(Royal passenger liners)」っていう企業さんが運営してて、ウェブサイトにいくと、以前はできなかったオンラインでのチケット予約ができるようになってます

チケット予約は飛行機のチケットを予約する要領でサクッと予約できます

こんな感じ
image


あと、飛行機みたいに「クラス」が選べます。VIPになりたいけど、VIPじゃないのでエコノミーで エコノミーだと1250バーツ、往復2500バーツです
image


乗客情報を記入するページで、旅券番号を聞かれるので、飛行機みたいですね

予約できたら、当日パタヤの港「バリハイ」の桟橋に小さい事務所があるので、そこで受け取ります

バリハイにあるみどり色の建物2階にも事務所がありますが、オンラインで予約してる場合は、桟橋の小さい事務所で受け取れます。ちなみに、往復で予約してたら、帰りのチケットもまとめてくれます
image


着いて時間があったのでぶらぶらしてると、「30分前には来て下さい」ってスタッフの人に言われたので、基本30分前ですね。また、パスポートの提示をしないといけなかったので、一応持っていった方が良いかもです

何げにセキュリティーが厳しいくて、カバンチェックがあったり、金属探知機でグリグリがあったりします
image



待ってると、、、あ、船が来ました


フェリーっていうかスピードボートのちょっと大きくなった感じです
image


船内きれいです。3連休なのにガラガラでビックリ。数えたら、およそ150席の20人くらい。稼働13%で経営していけるのかなっと思いました
image


人件費や修繕費など諸々あると思いますが、フェリーのメインコストは燃料かなっと思って調べてみると、フェリーって約2キロ/リッターみたいで(車の燃費からするとだいぶ違いますね
)、パタヤーフアヒン間が約100キロ、50リットルの軽油がいるとして、軽油約100円としても、一航海で5000円(約1600バーツ)、チケット一人分が1250バーツなので余裕ですね

また、飛行機みたいにコーヒーやジュースの支給があります。残念ながら、ご飯はついてません(デブなんで、かなりショック) 売店みたいなのがあるんですが閉まってたので、「ダイエットしろ」ということだと思い耐えることにしましたちなみに、船内はアルコール飲用禁止、喫煙禁止のルールみたいです。航海中は、船外にも出られないので、結構厳しいです
image


このテーブルに紙カップで出てくるコーヒー
。10回のったら3回は、こぼす自信あります。フロアがカーペットだから染みが残りそう、、、今回はクリア

image


ちなみに2階があのVIP席みたいなので、ちょっと覗いてみますVIPじゃないので恐れ多い気がするけど、、、、トコトコっと
image


うーん、自分がVIPになったことないからか、エコノミーとの違いが分かんない。椅子、テーブル、スペースくらいかな、、、。きっと、ご飯がたんまり出るんだろうとデブ的な発想をしつつ、自分のエリア(エコノミー)に戻ります
image


一番のポイントの乗り心地ですが、「波次第」だと思います。行きは立って歩けないくらい揺れて、もともと船酔いするから吐いちゃいそうで、とても危なかったです(前の人が)

でも、帰りは波が安定していてサバイでした。「行きはよいよい帰りは怖い」ってありましたよね。何だっけ

ま、いっか。で、そんなこんなでフアヒン着

フアヒン港につくと、すぐ右手に観光地「カオ タギアップ」があるのでサクッと撮影。タギアップはタイ語で「箸」って意味だけど、全然箸にみえない、、、
image


これフアヒン側に到着して「そっかぁ」って思ったのが、「何でフェリーの出向時間が日によってバラバラなのか」です

一日一本だから昼にパタヤ発だと、夕方についてしまって、観光地を回る時間がないんです。でも、日によっては、朝にパタヤ発だったりするから、何で統一しないのかなって思ってたんです

で、着いて分かったのが、フアヒン側の港がすごい浅いんです。だから満潮時を選ばないと入ってこれないんですね
image


フアヒン側の港もすぐにビーチです。ここによく港を作ったなーと思いました。そりゃ浅いでしょ。中心部からは15分くらい離れてますが、こっちの方もホテルが結構あります
image


移動時間は1時間30分から2時間なんで、シラチャーバンコクに行くくらいの感じで、フアヒンに行けますよ。バンコク在住だとフアヒンまで車で3時間だし、そう考えると、シラチャやパタヤ在住の人はラッキーじゃないかなっと

以上、シラチャからフアヒンでした!






シラチャ中心からは外れますが、結構サバイなカフェがあるのでお知らせしますね
image


シラチャの水道局があるソイです。アサンプションのY字路をどっちでもいいので入っていきます。地図です。分かりにくいですよね
image



とうちゃーく


コの字型になってるお店です
image


ガレージをお店にしてます
image


メニュー
image


コーヒー なかなか美味しい
image


カフェオレかな。覚えてないです。すいません、適当で、、、
image


ワッフルです。見た目は良いですが、お味はまあまあかな。おいしいワッフルが食べたーい
image


お店は隠れ家っぽくてお客さん少ないのもいいし、ゆっくり本とか読めるので、そういうの好きな人にはオススメです。

シラチャのサービスアパートメント『センスイート』さんがある通りを、海方面にまっすぐ行くと朝市場がありますよね。その裏手に中国寺院があります。これといって入って見る機会もないのですが、たまたま前を通ったので入ってみました

この辺です
image



入りまーす
image


中は結構広いです
image


本堂っていうのかな。豪勢な作りになってます
image


本堂の裏手にある建物
image


行事用スペースかな
image


外にある像
image


事故が発生すると駆けつけるレスキュー隊『グーパイ(タイ語)』の事務所もここにあります。グーパイはヘビが出たら除去に来てくれたりもするみたいで、色々なとこで見かけますよね
image


あんまり行かないとエリアですが、散歩がてら覗いてみるのもいいかもしれません。

今日は以上です

シタディンさんにあるジャンプ@ラボで、元『たま』のメンバー『知久寿焼さん』のライブがあるので行ってみます
image


ハーモニカやギターで演奏されています
image


すごく気さくな方で、ライブ終了後は、サインや写真撮影に応じてくれてました
image


シラチャのような小さな町に来て頂けるなんてありがたいですね

今日はシラチャのコンド『シーヒル』にあるレストラン『ラスト ステーション』に行ってみますね
image


コンド『シーヒル』は、シラチャからレムチャバン方面に行くと、右手に見える3軒の高層建物になります。その敷地内に、レストラン『ラスト ステーション』があります。ロビンソンから車で5分くらいかな

地図です
image


到着っと
image


敷地内に入って行くと、すぐにあります
image


1階はカフェになってます
image


ここを通り過ぎて、2階に行くとレストランがあります

レストラン店内。シックな雰囲気
image


メニューをもらって注文します
image


待つこと数分

タイのシンハビールが製造している『コッパー』というクラフトビールです
image


カルボナーラ
image


あと、サーモンステーキ
image


ちょっと遠いけど雰囲気いいし、皆さんも是非行ってみてはいかがでしょうか

シラチャのアサンプションY字路を右に入っていくと、左手にあります。良く一方通行になる通りですね

『クラケン』なのかな『グラケン』なのか、どっちか分かんないです

お店前
image


店内
image


レモンティーとアイスクリーム
image


以上、シラチャの『クラケンコーヒ』でした!

今日はシラチャのタイ料理屋さん『アロイデッド』に行ってみますね
image


シラチャから車で15分くらいかかるし、ロケーションも分かりずらいので、電話して道を確認してから行くようにします

ちなみに、下記が詳細です。『ノンカーム』というエリアになるようです

住所: 293 หมู่ 5 ตำบลหนองขาม อำเภอศรีราชา ศรีราชา ชลบุรี 20230
営業時間: 11:00–22:00
電話番号: 081 982 2147

サイトにあった地図です
image


では、15分経過すると、、、

到着です
image


中に入ってみましょう
image


中央に池があり、それを囲むようにテーブル席が配置されてます
image


2階もあるので、結構広いです
image


着席して注文します。メニューは良くあるタイ料理ですね
image


待つこと数分、、、

チキンを丸ごと似た料理。これが一番オススメの料理のようで、サラダと一緒に出てきます。すごい油の量です、、、。美味しいです
image


あと、イカのなんとか
image


海鮮系の入った白いスープ。すいません、適当で。名前が分かんない
image


アクセスしにくいですが、サバイサバイな感じなので、皆さんもいってみてはいかがでしょうか。




シラチャの居酒屋『あきら』に行ってみます。ソイ6ですね

正面です
image


店内に入るとカウンターがあります。以前、シラチャの『いもや』で勤務されてた日本人スタッフの方が切り盛りされてるようです
image


店内の壁にはメニューが色々
image


1階から3階まであります

では、2階に行ってみます。2階。
image


3階。大人数でも座れるようになってます
image


では、何品か注文してみますね

エビ。これ美味しい
image


焼き枝豆。初めて食べます
image


トマート
image


だし巻き玉子
image


ソーセージ
image


おでん
image


あきらサラダだったかな。メニュー名を覚えてないです。すいません、、、
image


皆さんも是非行ってみてはいかがでしょうか



シラチャのナイトマーケット跡地に『アタラホテル』が建設中ですよね。そのアタラホテルですが、どうやら『オークウッド ホテル&レジデンス シラチャ』になるようです

分かりずらいとご指摘を頂いたので補足しますと、オーナーはそのままアタラで、ホテル運営会社が『オークウッド』に決まったという意味になります。

通常、ホテルの『土地建物のオーナー』と『運営会社』は別々になります。

土地建物のオーナーは資金があるから、不動産投資(ホテル投資)をしたい。でも、オーナー自身には、ホテルを建てることはできるけど運営のノウハウはないですよね。そのため、オーナーは、ホテル運営会社を雇います。そして、その運営会社の名前が、表に出る名前(私たちが知るそのホテルの名前)になります。オーナー会社の名前は出ません。

私たちが知っている有名なヒルトンやアコーなども運営会社で、実際のオーナーは別にいます。運営会社は、うまく運営してオーナーに利益を還元できれば、それだけネームバリューも上がります。そうすると、他にもこの運営会社を雇いたいってホテルオーナーが出てくるので、ドンドン拡大していけますよね。

そのため、ヒルトンやアコーなどは世界中にあるんですね。これが自分たちで土地建物を購入いないといけないなら、相当な資金がないと無理ですし、拡大スピードも落ちてしまいます。

どうでしょうか。分かりずらいかったらお知らせ下さい
image


ちなみに、オークウッドになるのは写真だと一番左の建物です。現在、急ピッチで建設が進んでおり、2017年内にオープンするのが目標とのこと

1000人収容可能な宴会場をはじめ、屋上にはルーフトップバーもオープンするようなのでシラチャの人気スポットになるでしょうね

オープンは、タイなので6ヵ月くらいは遅れるんじゃないかなぁ
image


オークウッドさんの前には、アタラモールもオープンしているし、シラチャの一等地ですね

オークウッドと言えば、 50年以上の歴史がある運営会社です。日本にも10軒くらいあったような気がします

オークウッド、ノボテル、ホリデイイン、アスコットなどのホテルチェーンが進出するシラチャですが、供給過多になってしまってる今、どうなっていくのか今後の行方が気になりますね

以上、シラチャのアタラホテルがオークウッドに! でした

パタヤの『センタラ ホテル』で、4月毎週金曜日はジャズをやっているようなので行ってみます
image


センタラ ホテルに到着
image


レストラン中央に水槽があって、なかなか雰囲気の良いレストランです
image


食べ放題になってるのですが、お腹は空いてないので、アラカルトにします
image


あ、演奏が始ました
image


ジャズというよりは、ポップな曲をコメディーっぽく演奏する感じかな。フルバンドでなく、ピアノとドラムだけでした

また機会があれば行ってみようと思います

2017年5月14日にシタディンさん1階にある『ジャンプ@ラボ』で音楽イベントがあるようなのでアップデートします
image


あと、イオンさんにあるダンス教室『ハーレム』が告知するバンコクでのイベントです
image


イベントがたくさんあれば、する事のないシラチャも盛り上がるので、嬉しいですね

2017年4月17日は、シラチャが『ワンライ』なので、歩いてみました

一口メモ: ワンライとは、そのエリアが水掛けのメインになる日です。バンコクやチェンマイは13日~15日、バンセンは15~17日、パタヤは18日~19日と南下していきます

実際は、ワンライの日以外でも水掛けをやっていますが、ワンライの日は1番水掛けをしているってイメージです

バンセンとパタヤに挟まれるシラチャは、ワンライのスケジュール発表されないので、いつも分かりにくいんですが、今年は17日でした

ここは、中心地なのかな。『Uバー』ってとこです。泡がいっぱい
image


プールみたいなのも出てます。こんなに道路を占拠していいものなのか、、、
image


メインは、健康公園のある通りで、たくさんの人で賑わってたようです

去年あたりから、シラチャもソンクランが盛り上がるようになってきたなーと感じます。以前は、ソンクラン中はすごく静かになる町だったのですが、タイ人観光客がその時期増加しているみたいです。シラチャのタイ人はイサーンに帰らなくなったのかな、、、






今日はパタヤの『湯の森温泉』に行ってみます

ロケーションはパタヤのテパシット道路ソイ9と10の間に位置しています
image



正面。ホテルみたいな外観です
image


入ります
image


デザインが良いです
image


入るとすぐに受付があります。お客さんは、多国籍で、日本人以外のお客さんがたくさん
image


プロモーションかな
image


料金です
image


温泉とタイマッサージにします。受付で、タオル交換チケット、ロッカーの鍵、WiFiパスワードがもらえます
image


では、、、、奥に入っていきます
image


建物内は結構広いです
image


温泉は下なので階段を降ります
image


階段を降りると、温泉用のカウンターがあって、そこでチケットを渡して、タオルと浴衣がもらえます
image


温泉内は写真撮影が禁止なので写真がありません。すいません、、、

タイの『ワンカナイ寺院』の境内に沸く温泉を直送した天然温泉、露天風呂、ソーダスパ、サウナ、スチームサウナ、樽風呂など、たくさん種類があります。全部に英語とタイ語で説明があるので分かりやすいです

レストランもあります。温泉もそうですが、レストランも屋根までの高さが高く、爽快なデザインです
image


メニュー数が豊富で居酒屋並にあります。でも、何故か数ある中からお茶漬けを選択。10年ぶりくらいに食べます
image


で、食べたらマッサージにいきます。マッサージしてご飯にすれば良かったかな、、、
image


マッサージ前に強さが選べます
image


こっちがマッサージのとこ
image


終わったらアンケートがあります
image


寛いで計3時間くらいいた気がします

レストランやマッサージだけの利用も可能とのことです。従業員さんのサービスも良く、リラックスできる雰囲気は思ってた以上なので、また来たいです

地図と営業時間です
image


皆さんもリラックスした時に行ってみてはいかがでしょうか。

Webサーフィンしてたら、シラチャの不動産に関係する面白い情報を見つけたのでお知らせします

英語の記事になるのですがこれです

ホテルコンサルタント会社が2016年9月に出してるシラチャの記事なんですが、『シラチャは日本人がいっぱいいる市場だ』って書いてあります。でも、その前にグラフの数字がおかしくないですか
image


グラフをアップにしてみます。ちなみに、、、、

『Hotel and service apatment units =シラチャのホテルとサービスアパートの部屋総数(ケープラチャさんやJタウンさんなど、シラチャの全部を含めた部屋総数)』

『Expatriate in Sri racha =シラチャの外国人数(日本人以外も含みます)』

になります。それを踏まえた上で、折れ線グラフと棒グラフを見て頂くと、、、
image


去年の2016年に、シラチャのホテルやアパートメントの部屋総数が4,000室に対して、外国人数が70,000人去年、シラチャに外国人が70,000人もいましたっけ、、、3年前なんて、外国人100,000人超

『間違って0を1個多くつけちゃったのかな』って思ったんですが、『4,000室に対して、7,000人もいるのかな』って考えると、それも又怪しい気が、、、。

家族帯同の方もいるから、3割減にしても4,900人。これでも、まだシラチャのホテルは毎日満室になるので、まだ変ですよね

シラチャ在住者なら既知の供給過多ですが、日本語、英語、タイ語でも未だに『シラチャは部屋が足りなくて投資は今』って過熱気味な記事を見かけるので、コンドなど購入検討されている方はくれぐれも気をつけて下さいね

イタリアンと呼べるか分かんないですが、かなーりマニアックなロケーションに、多分イタリアンがあったので入ってみます
image


場所は、ロビンソンの大きい交差点からまっすぐ行って、アサンプションのY字路を左に入って行きます。在住者しか分からないと思いますが、『ライクアイ』の方面です。←すいません、マニアックな情報で、、、

そして、線路を超えたらすぐ左に曲がります。線路沿いをまっすぐ行くと右手にあります

Googleマップ。ちょうど、『ワンヒン』と『ライクアイ』が交わるとこなんですが、分かりにくいですよね、、、申し訳ないです
image


とりあえず入ってみます。ここのデザイン、どこかで見たことあるなーって思ったら、シラチャの海沿いに昔イタリアンがあったんですが、そこが移転してきたんだと思います
image


店内
image


何故かバンドが入ってます。キッズドラマー タイの古い曲を演奏しています。
image




とりあえず、注文します、、、


ほうれん草のなんとか。良くあるけど、名前忘れました
image


ピザ
image


マニアックな場所ですが、皆さんも足を運んでみてはいかがでしょうか。








新しい日本食レストランができてるので行ってみます
image


場所は、ドゥッコムの通り、ガオキロ道路に『ラダコンド』がありますよね。その真ん前です。ケープラチャ前のラダコンドじゃなくて、ガオキロのラダですので気をつけて下さいね
image


店内
image


店内の額は結構有名な人が書いてるようです。私には分かんないですが、分かる人には分かる人ようです
image


ちなみに、上は何の字か分かりますか 美術センスのない私には全然分かりませんでした

答えは『夢』らしいですこ、これが『夢』、、、世の中、難しくできてますね

日本人の方が経営兼シェフをされてるようです。バンコクで日本食レストラン、シラチャでお弁当屋さんを長くやられてたようです

メニューです。良心的な値段ですね
image


もずく。ホント10年ぶりくらいに食べました
image


コンニャク田楽
image


生姜焼き定食。160バーツでこのボリュームはすごいなぁ。おひたしも付いて栄養バランスも良いです。単身の人にはすごく助かると思います
image


他にもサバ塩焼き
image



店長の人柄も良いです。手作り感のあるご飯でいいなぁって思います

こっちの方のラダに住んでる人、レムトン、カラブニン、ジャスミンが近くなので是非行ってみてはいかがでしょうか。

シラチャのドゥッコム近くにカフェ『メガワット カフェ』ができてたので入ってみます
image


ロケーションは、ドゥッコムを出てガオキロ方面に行くと、三叉路になるので、その角になります

外観
image


店内
image


2階もあります
image



image


メニューはスイーツがあたっり、、、
image


アルコールがあったり、、
image


タイ料理があったり色々です
image


お昼に行ったのでタイ料理
image


あとこれ
image


レムトン、カラブニン、ジャスミンから近いので、時間がある時にでも行ってみてはいかがでしょうか





シラチャに5年くらい住んでる人なら知ってるかもしれませんが、以前、ケープラチャの真向かい、ラダコンドの隣には、大きなマーケットがありましたよね

シラチャのロビンソンと同レベルのメッカ的存在でしたが、『アタラホテル』建設と同時に閉鎖していました。以前聞いた時の、sqmあたりの値段がすごく高かくてビックリでした

現在『アタラホテル』を建設している会社も大手『タイポリコン』なので、資本が結構ある企業さんなのかなって思います

で、その旧ナイトマーケットに、『アタラホテル』が建設中なのですが、ホテルオープン前に に『アタラモール』が開いたので行ってみます。結構大きいですよね。後ろにはラダコンドが見えます
image


1階のメインはマックスバリューみたいなので入ってみます
image


じゃ、入ってみます。イオンのマックスバリューより少し小さいですが商品は結構揃ってます。夜ですがお客さん多いです
image


野菜コーナー。これだけ揃ってればオッケーじゃないですか
image


精肉コーナー。ベタグロがいっぱいなのでアリです
image


イオンのマックスバリューのようにお惣菜系もあります
image


個人的には、もうスクンビット道路を渡らなくてマックスバリューに行けるので、すごく便利になったんですが、イオンモールさん的には、少ない客足がもっと遠のく原因になるような気がします、、、

マックスバリューさんも同じエリアに4箇所『Jパーク』、『アタラモール』、『イオンモール』、『レムチャバン』にあるので、売上が分散して一店舗ごとがキツくならないのかなぁと思ってしまいます。ま、フランチャイズではないから日本のコンビニみたいな同一エリアの店舗制限とかないとは思うので、利益が出るのを見越してなんでしょう

あ、あとテナントさんはまだですが、2階もあるみたい
image


借りたい人は電話番号です
image


1階のマックスバリュー横には韓国系カフェ『トム アンド トムズ』が入るようです。パタヤにもありますよね。店内が各テーブルごとに仕切られているので、結構ゆったりできるカフェです

ま、とりあえず、マックスバリューに入ったので何か買います。お弁当。帰って食べてみたら全然美味しくてアリです。これで89バーツとは! その辺の居酒屋より全然オッケー👌
image


あと、信頼できる情報筋によるとお豆腐は食べても太らないということなので、お豆腐2丁。お弁当食べてさらに食べますデブなの気にしなーいimage


アタラモール、便利で良いです。シラチャ中心地にマックスバリューあるなんて有難いですね

スクンビット道路の海側に在住の方は便利なので、是非行かれてみてはいかがでしょうか


シティホテルさんから右手に行くと(スクンビット道路とは反対方向)、角にタイ料理レストラン『グリーンハウス 823』があるので行ってみます
image


店名通り、みどり色の家なのですごく分かりやすいです。すいません、夜だと分かりにくいですね
image


入ってみます
image


店内です。道に面しているので、賑やかかと思ったのですが、気にならないくらい静かです
image


カフェメニュー
image


ご飯系
image


何品か頼んでみます

ブルーベリーソーダ。これは普通かな。
image



カニチャーハン。お、なかなか美味しいです
image


名前忘れたけど、これも美味しいです
image


シラチャのタイ料理レストランの中では、かなり日本人に合う味なんじゃないかと思います。秀逸でビックリ。個人的にはムーアロイとかより全然美味しいと思いました

雰囲気はカフェみたいにサバイサバイで、居酒屋みたいな感じはないですが、夜ご飯でも来てる日本人もいるみたいです

営業時間は10:30-23:00で、定休日は日曜日ということです。シラチャで遅くまで営業してるカフェないので、今度はカフェでも利用してみたいと思います

オススメなので皆さんも是非行ってみてはいかがでしょうか

Jパークにイタリアンがオープンしてるということで行ってみますね バンコクにある『スクージ』と一緒なのかなぁ

Jパーク入ってすぐ右手です

お店前
image


着席っと
image


イタリアンだけあってワインがいっぱい
image


メニューをもらって何品か注文します。珍しく『サントリー プレミアム モルツ』があるのでもちろん注文
image


懐かしのご対面
image


カプレーゼ。←ぎりぎりメニュー名を知ってた
image


あとこれ、、、←そして、すぐ適当
image



あとピザ。ハーフ&ハーフにしてもらいました
image


まま、美味しいです。ここはデリバリーもやってるみたいでデリバリーでこのピザが食べられるならアリじゃないかと思います

すいませんデリバリーのチラシを載せられなくて、、、なくしちゃいました 人生の6割の時間を探し物に使ってます

ランチのコースもあるようでした

ハーモニック、ラグゼ サービスアパートから近いし、ご近所の人は行ってみてはいかがでしょうか

シラチャから高速道路に向けて行くとツリーボックスっていうマーケットがありますよね

※すいません、リンクが載せられなくて、、、。ツリーボックスは別の記事にあります

その真向かいにタイ料理レストラン『チリーホーム』があるので行ってみます。タイ語だと『バーン プリッグヌー』かな、、
image



シラチャから約10分でとうちゃーく ドンドコドンドコ


店前
image


駐車場もあります
image


店内、結構キレイ
image


何品か注文しますね。タイ料理って何注文していいか分かんなくて、いつも同じなので、変えてみます


待つこと数分、、、


鶏肉の何とか、メニュー名覚えてなくて、、、
image


あと、野菜炒めっぽいけど、名前が難しいタイ料理。キャベツかと思ってスタッフに聞いたらキャベツじゃないみたい
image


とても辛いスープ。すいません適当で、、
image


あと、安心のタイ風オムレツ
image



うーん、お腹いっぱいで動けない、、、


と思って、壁の方を見ると、何か書いてあります。スタッフに聞くと、『お店オススメのプリンの告知です』とのこと
image


う、うぐっ、デブ的使命感が湧いてきましたお腹いっぱいですが、登山家『ジョージマロニー』の名言が頭をよぎります


『なぜエベレストに登るのか』

『そこに山があるから(because it is there)』


出ました


『なぜ食べるのか』

『そこにオススメがあるから(because it is there)』

ということで、、、ドーン
image



うーん、世の中誘惑が多すぎるのか、私の意志が弱いのか間違いなく後者ですが、、、、ということで、今日もダイエット計画失敗のお知らせです

以上、シラチャのツリーボックス近くの『チリーハウス』でした





シラチャをトコトコ歩いていると『麺屋 二代』の看板がありました

場所はHISさんの近く
image


イオンの所に『麺屋 一代』ってありますよね。それの二号店なのかなぁ

今日は以上です。すいません、何も調べてなくて、、、

シラチャのスクンビット道路沿いにカフェ『Le Sable』がありますよね。読み方がわかんないけど、多分『ル サブレ』かな、、、

アクセス方法は、簡単に言うと、シラチャからレムチャンバン方向に行くと左手に見えます

このヒゲの看板が目印です
image


このカフェの隣に、カフェ&ビストロができてたのでお知らせしますまだオープンしたばかりで不明ですが、夜営業しかしてないようで、毎日17:00-24:00が営業時間です


入ってみると、、、、、


こんな感じで森の中って感じ。なかなかシラチャにはないオシャレな雰囲気
image


森側
image


カフェと一緒で椅子のデザインが全部違うんですね
image


みんなで座れるとこも
image


あとこれとか
image


こんな感じとか色々です。すいません、カメラが悪くて暗い感じですが、実際は明るいです
image


これ面白い
image


こっちは小屋になってる方
image


メニューをもらいます。外国系のビールとタイ料理やおつまみがあります 最近、このスタイルのお店が多くないですか。外国ビール、そんなに売れるのかな

と思いつつも、お店の罠にうまくはまって珍しいビールを注文
image


あと、フライドポテト
image


バーベキューチキン
image


音楽するとこもあるみたい
image


お店の雰囲気にピッタリな感じのネコもいました
image


レストランって感じでなく、どっちかと言うとカフェみたいにリラックスできます

オシャレな感じだし、カフェ並にかなりサバイサバイできるので、皆さんも是非行ってみてはいかがでしょうか

今日はパタヤのハーバーモールってデパートにある『ボルダリング』に行ってみます
image


ハーバーモールといえば、シラチャのバルコニーアパートと経営が一緒なので、イオンとロビンソン近くの停留所からバンが出てますよね。ちなみに宿泊者でなくてもオッケーで、外部料金は100バーツ

では、バンに乗って、およそ40分で到着。ハーバーモール パタヤです
image


じゃ、入りまーす
image


平日に行くと、Jパーク並にガラガラで大丈夫かなって思いますが、土日は家族客が多いです。良かった!!

いつも、飲食店が多い地下1階から3階までしか行かないのですが、4階以降の子ども用のエリアが結構すごい

ミニョンがいます一応、触っときました
image


トランポリンかな
image


他にも、スケート場、アスレチック、ローラーブレード場とかあって、ハーバーモールのメインは、実は『本格的な子どもの遊び場』みたいです

では、とりあえず、デブなのでカロリーを消費しないようボルダリングのある8階まで、エレベーターで行きましょう
image



で、8階のボルダリング『Deep』に到着っと
image


受付に行くとまず、『事故があっても責任とりませんよ』の誓約書にサインするみたい。ま、スカイダイビングとかバンジージャンプでもあるプロセスなので気にしません

ちなみに料金表
image


あとは、シューズ、チョークの粉が入った袋(滑りにくくする用)など全部をレンタルしてと、、
image


あと、これを腕に巻いて完了
image


一応、シャワー付きロッカーもついてるので、サバイです


じゃ、入ってみます、、、


ドーン。予想してたのより、結構高い、、、。10mくらいあります
image


スタッフの人が安全具を装着してくれます。後ろの袋は、チョークバック
image


どうやるのかなっと思ってたら、スタッフの方が教えてくれました。色んな色に分かれていて、青なら青、白なら白だけを使って登っていくようです。あとレベルがアルファベットと数字で書いてあります
image


こっちは、傾斜を登ってく練習をするエリア。こっちは無理だな、、、
image


始めは、高さがあるので結構怖いですが、安全具があるので落ちる時はゆっくりだし、慣れると面白い

かなり腕がパンパンになりました。小学校1年生くらいの子どもも結構いて、しかもサクサク登っています

なかなか楽しいので、皆さんも週末に行ってみてはいかがでしょうか







2017年3月11日(土)に、シラチャのメックカフェで音楽イベントがあるようなのでお知らせします

タイ語の曲から日本語の曲まで、ロック、ポップ、ジャズなどを演奏されている『シラチャ軽音部』さんが主催されるということです
image


土曜日なので時間がある方は行かれてみてはいかがでしょうか

シラチャのジャンプ@ラボさんでイベント『34ライブ』があったのでお知らせします
image


クラシック、ポップスなど色々なジャンルがあって、とても楽しめました

CMでも使われてたジャズの名曲『テイクファイブ』を演奏されている方々もいらっしゃいました

当日は100人くらいのお客さんがいて大盛況でした

ちょくちょく、こういったイベントがあると、暇なシラチャが楽しくなりますよね

今日はシラチャの日本食レストラン『膳代味聞 』に行ってみます
image


前代未聞と漢字は違うけど、『ゼンダイミモン』って読むのかな

ロケーションはパヤタイ病院の真向かいで、最近できたアマゾンコーヒー隣になります『地鶏の鶏衛門』や『餃子の将士』と同じ系列みたいですね。お店の雰囲気とかも似てる

店内です
image


お通し出てきました
image


とりあえず、何品か注文します。少し前に食べてたのでちょこっと頼むつもりでしたが、結構注文してしまいました ダイエットプロジェクトが発足してるので、野菜を中心に注文します

ドリンクのオススメは、お店前のオススメにも出てた『黒糖レモンサワー』や『生レモンサワー』かな。レモンがそのまま出てきてそれをミックスするんです。ま、くれぐれも、レモンをミックスせず飲むってことにならないように気を付けましょう

一品目来ました。ダイエットプロジェクトらしい一品
image


そして、このお店のメインでもある野菜の素揚げミックス。衣がついてないので、焼いてあるのかと思いましたが、すかさず、ツッコミが入りました
image


次はもろきゅう。くれぐれも、味噌をつけずにキュウリだけを食べないように気をつけたいところです
image


で、野菜ばっかりだと、あれだからお肉も食べてと←今日のダイエットプロジェクト終了さすが、鶏衛門と同じ系列だし、味がしっかりしてます
image


で、あとこれも
image


店員さんの日本人もすごく気さくな感じだし、居心地がいいので、皆さんも是非行かれてみてはいかがでしょうか今日は食べ過ぎちゃったけど、久しぶりに幸せな気分でした


今日はシラチャの日本料理『次郎』に行ってみます
image


知ってる人がほとんどなので、詳しいロケーションは省きます。ソイ8ですね
image


では、入ります
image


店内。ジャズ流れていて、シラチャの居酒屋とは違う洗練された雰囲気です
image


着席して、メニューをもらいます
image


イカ酢味噌。イカがすごく大きいです。味も美味しい。
image


海鮮天ぷら盛り合わせ。白身魚、鮭、イカなどの天ぷらです
image


お寿司盛り合わせ。すごくキレイに作ってありますよね。お味噌汁も付いてました
image


日本人の大将がやっておられて、久しぶりにちゃんとした日本料理を食べた感じがします

ちなみに詳細です
image


落ち着いた雰囲気で、1人でも行きやすい良い感じのお店なので、皆さんも是非行ってみてはいかがでしょうか

今日はシラチャにあるベトナム料理屋さん『ポン メーンムアン』を紹介しますね
image


だいぶ昔にシラチャコンドの通りにある『ワン』って名前のベトナム料理屋さんを紹介しました

今回ご紹介するベトナム料理屋さんの方が店内も綺麗なので、行きやすいかもしれません

ロケーションは、目印になるものがないので説明しにくいのですが、鳥衛門さんや中華料理『張飯店』のある通りになります。居酒屋『ぼちぼち』さんのちょうど裏手かな
image


夜で見にくくて申し訳ないですが、道のちょうど交わるところ
image


お店前
image


店内です
image


メニューです。生春巻き以外、全部タイ料理に見えてしまうので、店員さんに『どれがベトナム料理ですか』って聞くと、『どれもベトナム料理』ってことです、、、。違いが分かんない
image


とりあえず、何品か注文して、待つこと数分、、、


何て呼ぶのか分かんないですが、生春巻き自分で作るセット
image


レタスで包んでも良いみたいで、とりあえず作成します。んー、作ったりするセンスないから難しい
image


で、次です
image


また次
image


で、次っと。もう、このあたりになると、タイ料理にしか見えませんが、味は違います
image


『2店舗出ました!』って告知が店内にあったし、タイ人のお客さんが絶え間なく来てたので、ぼちぼち有名なのかな
image


タイ料理に飽きたって日本人もいらっしゃると思うし、時間があれば是非足を運んでみてはいかがでしょうか

2017年2月15日に、タイ政府から発表された内容によると、シラチャ近くのアオウドムの土地500ライに『テクノパーク』を建設予定とのことです。
image


500ライ(1ライ=1600sqm)って、大きすぎて分かりづらいので、分かりやすくするのにピントン工業団地3の面積を調べたところ、1390ライということです。なので、そこまで大きな経済特区ではないですね。

オープン予定は2018年となっていますが、難しいような気がします。タイなんで+3~5年としたら、実際のオープンは2020~2023年くらいでしょうか。

テクノパークの建設目的は、ITとかロボットとか最先端テクノロジーを研究したりして、高付加価値産業を育成していくのが目的のようです

手元の資料にある地図を見てみると、メインエリアは3つに分かれる予定のようです。さほど大きくない経済特区ですし、業態が労働力を多く必要とする工業ではないし、ここ自体に『居住エリア(Living Space)』が設けられるということは、シラチャの人口増加に繋がらないかもしれませんね
image


ロケーションですが、ちょっと分かりにくいのですが、シラチャをレムチャバン方面に行くとある『アオウドム』というエリアになります。ほぼ、『レムチャバン』と考えてもらってもかまいません。

近くに目印になるものがないので申し訳ないのですが、赤いピンが立っている場所『アオウドム郵便局(Ao udom post office)』の裏手がテクノパーク建設予定地になります。その上にある☆印の『ロビンソン』と、ずっと南にあるパタヤの中間なので、3ポイントを見ると位置関係が分かりやすいかもです
image


タイ政府の予定している投資してくれるんじゃないかなって企業のリストには、グーグル、フェイスブック、アマゾン、サムスン、マイクロソフトなどや、日系のNTT、日立などが上がっているようです

この『アオウドム』エリアは、不動産などシラチャやパタヤに比べると、現在は比較的安く販売されてますが、ゆくゆくは地価はあがるかもしれないですね

また、アップデートがあればお知らせします

シラチャのソイソニーに『忍者ラーメン』がオープンしてたので入ってみます
image


ロケーションは、以前に『シャークフィン』だったかお店があったとこです

スマホの写真性能が悪くて申し訳ないですが、2017年3月末まで10%OFFのプロモーションみたいです。
image


夜2時クローズとなってるので、シラチャの日本食を食べられるレストランとしては珍しいですよね

では、入ってみます
image


店内は『シャークフィン』のままなので、とてもキレイです

着席っと
image



メニューをもらいますラーメン屋さんだけあって、ラーメンのメニューが豊富です
image



中華メニューも豊富。値段がリーズナブル
image



他にも
image



とりあえず、色々たのんでみます



待つこと数分、、、


キクラゲの玉子炒めが来ました! バクバクっと食べてみると、ん、美味しいです。日本にある地元の中華料理屋さんって感じの味で、個人的に好きです
image


エビチリ
image


味噌ラーメン
image


酢豚
image


豚骨醤油ラーメンです。ズルズルっと食べてみると、美味しいです。スープもちゃんとしてます
image



今日はお腹いっぱいで限界ですが、他のメニューも食べてみたいなっと思いました


リーズナブルで、お店の雰囲気をいいし、皆さんも是非行ってみてはいかがでしょうか。深夜営業もしてるので〆にもいいと思います


と、思ったら、後日行くとビックリするぐらい味が変わってました

豚骨醤油ラーメン。前回の豚骨醤油ラーメンとスープの色が全然違う気が、、、。しかもすごく辛いメニューを指しながら、『こ、これは豚骨醤油ラーメン?』って確認したら、『そうです。スープの色は、日によって違うんですよねー。マイペンラーイ。』って答えだったので、そこまでブレてるのも面白い
image


今日注文した料理が全部辛くなってたので、味はタイ寄りにシフトしたのかな。

ちなみに他のラーメン。こっちは辛くなかったです
image


あとこれ
image


これも
image



でも、深夜までやってるとこ少ないし、行ってみるのはいいかも




最近、ダイエット戒厳令がしかれているのでサラダを食べます

では、シラチャのソイソニーとソイ4の交差点にある『サラダ ハウス』に行ってみましょう
image


この角はずっと鬼門で、色んなお店がオープンしてはクローズしてたのですが、サラダハウスは客足も順調で、ある程度は長く続くんじゃないかと思っています

店内もキレイですね
image


お昼時は、結構タイ人客が多く、みんな健康に気を使ってるんだと感じました

メニューもバラエティーがあって、ご飯系を頼みたいんですが、炭水化物抜きダイエットもしてるので、自分に耐え忍ぶことを言い聞かせ譲歩した結果、『ジュース』『パンプキン スープ』『サーモン付きサラダ』にしました

まずは、ジュース。ハーブ系のジュースです。色がすごい、、、
image


次にスープです。横にパンがついてます。炭水化物抜きダイエットをしているので迷いに迷った結果、このパンは残すともったいないし、事故なので食べていいことにします。←かなり都合がいい
image


で、メインのサラーダ。ムシャムシャ。ウサギになった気分がします
image


サラダですがボリュームがあるので、結構お腹いっぱいになりました。合計200バーツくらいだったかな。

サラダなので美味しいとかの評価はできませんが、お昼にお友達ち行ってみるには良いと思います

皆さんも是非行ってみてはいかがでしょうか。

シラチャで飲み会が終わって、ラーメン屋さんも閉まってるし、どこに行こうかなって人にオススメのローカルなお店を紹介します

場所は、シラチャプレイス下にローカルなタイ料理屋さんです。セブンイレブンがある方とは反対側になります

お昼から夜の3時くらいまで営業してて、お飲み会が終わった後に来てる人が多いです
image


このお店のメインは『カオカームー』っていう豚の煮付けと『クティアオ』です。全メニューが写真付きで、オーダーしやすいです
image


通常は、有名な『カオカームー』を食べに来る人が多いのですちなみに、これがカオカームー。
image


でも、実は飲み会の終わった後に中々良いメニューが3つあります

一つ目は左の『トム サラーイ』、二つ目は右の『トム マッラッ』です。どちらも20バーツと格安で、あっさりスープなので、食べやすいです
image

一口メモ: それぞれタイ語は、トム=煮込む、サラーイ=海藻、マッラッ=ゴーヤになります

三つ目は、裏メニュー的な感じで、メニュー表にはないのですが、『スープ グラドゥック』で60Bになります。スープはそのままスープで、『グラドゥック』はタイ語で骨といういう意味になります
image


このスープは、クイティアオ屋さん特有で、出してくれるお店と出してくれないお店があります。1日かけて煮込んだクイティアオ用の豚骨と、そのスープと一緒に出してくれます

人の目がメチャクチャ気になって、食べるにはかなーり勇気がいりますが、このスープは絶品で、骨には1日かけて煮込まれた柔らかいお肉もあり、スープも絶品なので、一度は食べてみてはどうかなっと思うメニューです

後日も来てみました。どうですか。このボリューム。
image


骨の部位は、日本のラーメン屋さんと同じで、『背ガラ』『ゲンコツ』になります。鶏ガラはクイティアオのスープには使用されていますが、スープグラドゥックの骨としては出てきません

オーダーは普通に『スープ グラドゥック』と言えば出してくれます

マニアックな情報になってしまい申し訳ないのですが、飲み会が終わった後などに、利用されてみてはいかがでしょうか



シラチャのケープラチャにあるレストランで食べ放題があるのは知ったのですが、それ以外の日程で行ったことがなかったので、お知らせしますね

下記のようなスケジュールになっているようです

月曜日 食べ放題
火曜日 サラダバー
水曜日 サラダバー
木曜日 サラダバー
金曜日 食べ放題
土曜日 サラダバー
日曜日 サラダバー

時間: 18:00~22:00

月金は、料理を中心とした食べ放題。それ以外は、サラダバーを中心にした食べ放題

このサラダバーがかなりオススメだと思います。というのが、料理こそ少ないですが、サラダ以外も結構あって、満足度が高いからです。しかも、税込、サービスチャージ込で220B。込みこみ料金でこれはすごい。
image



では、着席
image



サラダバーを注文すると、パンが自動的に出てきます
image


じゃ、何があるか見ていきましょう

こういった普通の野菜はもちろんあります
image


種類も豊富です
image


ドレッシングとかオリーブとか色々
image


そして、スープが2種類。今日はオニオンスープとトマトスープでした
image


ハムやチーズ
image


そして前菜系4種類。前菜っていっても普通にボリュームあります
image


これと、、、
image


これと、、、
image


あとこれ、、、
image



それから、スイーツが2種類
image


それと、フルーツが4種類
image


これで税込220Bってすごくないですかパン、野菜、前菜4種、ハム&チーズ、 ケーキ、フルーツ、もはやサラダバーの域を超えてるので、消費者にとっては嬉しいですが、採算とれてるのか心配になってくるくらいです、、、、

すごくオススメなので皆さんも是非行ってみて下さい

一応、価格、日程、時間は2度確認したのですが、間違ってると悪いので、御手数ですが、行く前に電話(ケープラチャ電話番号: 038-314-288)などで確認して下さい

シラチャのロビンソンからアサンプション学校に向けてがY字交差点になるとこを左に入ると、『ライクワイ』というエリアになります

細い道をずっとまっすぐ行くと線路があって、線路を超えてすぐ右手に『インディー』というバーがありました。今回リニューアルして、『シーサイアム』ってお店になってるので行ってみます

ちなみに暗く見えるのは私のスマホのせいです
image


中と外があって、中です。何故かオールディーズ系のデザインが流行ってるタイ、、、
image


インディーと同じく音楽やってます。結構サバイサバイ系かな。タイのポップス音楽です
image


外にはたくさんの人がいます。やっぱり外ですね
image


タワービールいきます。タワービールって日本の居酒屋で見たことないんですが、これ買って居酒屋で出だしたら面白そう
image


大画面はやっぱりサッカーを見るためでしょうか。映画を見る日とか作っても売れるんじゃないかと思います
image


ま、こんな感じです。あんまり皆さん来られないエリアだと思いますが、時間があったら行ってみてはいかがでしょうか。

土日がとにかく困るシラチャなので、まだ行ったことのないカオヤイ国立公園に日帰りで行ってみることにしました
image


自力で行こうか迷ったんですが、一日前に決定したし道中が大変だろうからツアーに入って行くことにしました。サイトで調べたところ、日帰り旅行がバンコクからならあるようです

ちなみに、お値段や内容的にはどのツアー会社さんも同じ感じ

とりあえず、予約をしたら朝7時30分にシーロムのホリデイインで待ち合わせということです。シラチャを朝6時30分に出て、待ち合わせ場所まで向かいます

とうちゃーく。眠い、、、、
image


待ってると、バンが来てツアーガイドの人が降りて来られました。乗り込んで、カオヤイまで向かいます。これから更に2時間。とにかく、寝ます
image


途中、プログラムの中にローカル市場体験というのがあったので、市場を見て回ります
image


そして、今度は『牛車乗り』をさせてくれるようなので、そこの場所まで行きます。バンコクから数時間でサバイサバイな風景
image


とうちゃーく。既に待機してます
image


乗り込んで散歩。縄を引っ張って方向を調整するんですが、けっこう難しい、、木のムチもあるんですが、どう使っていいかイマイチ分かんないけど楽しいです
image


牛車乗りが終了するとお昼ご飯。タイ料理を自分で作るみたい。ソムタムとか難しすぎて、お店の人に手伝ってもらいます
image


ソムタム
image


空心菜炒め
image


お昼ご飯も食べたし、メインのカオヤイ国立公園にしゅっぱーつ。とりあえず、着くまで寝ます

とうちゃーく。ここが入口のようです。寝すぎて頭がふらふら
image


途中、野生のゾウがいたり、猿がいたりします

結構入って行くと駐車場があって、そこに車をおいて滝を見に行きます
image


ヘウナーロック滝かな、、、ここにおトイレもあるし売店もあるし一時休憩できます
image


ここから歩きます。森林浴
image


サバイサバイ
image


結構たくさん人が来てます
image


おっと、かなり急な階段
image


そして、滝
image


それでは、戻ります。さっきの急な階段。デブな私には相当キツイ何でも行きはサバイサバイ、帰りはキツイフーハ、フーハ、腹式呼吸を心がけます
image


行き30分、帰り30分の徒歩で普通なら楽々だと思います。子どもなんて先へ先へサクサク行ってました

そして、次はゾウ乗り体験。さすがツアーだけあって盛りだくさん。このリゾートに乗り場があるようです
image


きた
image


乗ってジャングルを入っていきます
image


川も入っていきます
image


結構深い
image


これでツアー終了。あとはシラチャに帰るだけ。とりあえず、バンコクまでまた寝ます何気に今日ずっと寝てるような、、、
image


今回参加したツアーですが、旅行者にとってはすごく盛りだくさんでとても充実していると思いましたバンコク泊で親が遊びに来た時とか連れてってあげたりしたら喜ぶかも

ただ、タイ在住者だと日帰り旅行でなくても全然オッケーだと思いました特にシラチャ在住者で日帰りはクレイジー過ぎるかと私だけか、、、普通はしないですよねシラチャからバンコクまでで2時間、バンコクからカオヤイまで2時間で、行き帰りで合計8時間 シラチャから近いカオキアオ動物園ですら1泊したのに、今回は何を思ったか、、、、


タイ在住者なら、ローカル市場もゾウ乗り体験も終了済みだと思うので、そういった人なら、カオヤイ国立公園をたくさん散歩して、カオヤイで1泊して帰るサバイサバイコースで良いと思います

カオヤイも沢山リゾートがありましたまた、道のりは、ほぼまっすぐなので自力で行くのも難しくないと思います

ま、シラチャからカオヤイまで、パタヤからカオヤイまで、バンコクからカオヤイまで、どこからでも土日休みの1泊2日で行けるなら全然ありかなっと

皆さんも是非行ってみてはいかがでしょうか。


シラチャに5年くらい滞在してる人なら知ってるかもしれませんが、タイ料理レストラン『 ザ ポップ』がリニューアルオープンしました

ロケーションは同じところで、海岸通り沿いのガスト跡地向かいになります。分かりにくいのですが、コモンルームの近くに行くと看板が見えるので、それを目印にして下さい
image


オーナーさんの名前もポップと言います。店名からニックネームになったのか、ニックネームを店名にしたのか、どっちが先なんでしょうね

一旦クローズして、ラマハーバー近くのかなーりマニアックなところにお店を出されてたんですが、こっちに戻ってきたようです

じゃ、入ってみます
image


以前と同じく演奏するところがあります。今日はギターのみ。以前は、洋楽を演奏するバリバリのロックバンドが入っていたので少しガッカリ
image


2階もあるので2階にします。すぐ隣が海なので、サバイサバイ
image


メニューは普通ですね。よくあるタイ料理以前より値段が上がってるのは、物価が上昇している証拠ですね
image


オードルブ?ってのを注文してみました。完全につまみですね
image


あと、聞いたことないガイサームヤンってのも注文してみました。これどうやって食べるんだろう、、、
image


聞いてみると適当に混ぜて食べるみたいだけど、結構難しい。今度から普通に聞いたことある料理を頼もうと思いました

何かの料理を注文するところ、こんなパフォーマンスもあるようです
image


最近、シラチャのお店が徐々に新しくリニューアルオープンしてますよね。クールクラブがハイブリッドになって、シタディンさんの裏手のラープブリラムも改装して、ここザ ポップもリニューアルオープン

日本のラーメン屋さんと一緒で、個人的には以前の少し汚いくらいが良かったんですが、キレイになっていくのはご時世なのかと思うと、少し寂しい気もします

帰る頃には車がいっぱいに、、、
image


ま、ここはロケーションと雰囲気がいいので、皆さんも是非行ってみてはいかがでしょうか



2017年1月現在、シラチャバブルと言ってもいいくらいに宿泊施設がドンドン建設されてますよね シラチャでコンドを購入された日本人もいらっしゃるだろうし、気になるとこだと思います

シラチャのホテルで勤務されてる日本人のお知り合いに聞いてみたところ、昨年2016年ではシラチャのホテルやアパートの稼働率は40%-60%だったようですホテルやアパートがこのくらいの稼働率なら、かなり立地の良いコンド以外は、稼働率はもっと低いと思われます

つまりは、2017年現在で既に供給過多になっているということですね。それなのに、まだまだ建設l。のコンド、アパート、ホテルがあるっていうのがすごい状況だなっと思います
image


2017年、2018年にはオープンしそうなのは、旧ナイトマーケットにある『アタラホテル』、サミティべート病院近くの『カリン ホテル』、イースタンタワー隣の『ラダプラス』、日本人学校に近い『ラグゼ』などなど。

他にも最近オープンした『バルコニーシーサイド2』、『マリーナベイ』、『スカイ』などもあります。こんな状況なのに、上記以外にも、まだまだ建設中のところがあって、『タイの不動産バブル崩壊は、シラチャが発端になるんじゃないかな』っと、思ってしまいます
image


また、5年くらいシラチャに住まれてる方だと、日本人の数がグッと減少したと感じる在住者もいらっしゃるかと思います。

というのは、3-4年前は、偶然的に色んなことが重なって日本人の数が増加したと考えています。1つ目は、アユタヤの洪水で、こっちの方の工業団地に移動して来た企業さんがその時期に多かった。2つ目は、自動車大手S社さんがヘマラート工業団地に工場をオープンした。3つ目は、自動車大手M社さんが、多分3車種だったか、新車の生産を始めた。

で、上記が偶発的に重なって、シラチャの日本人は増加したんですが、それは継続的なものでなく一過性なものだったんです。アユタヤから企業さんが移動すれば、それで終了ですし、工場オープンも生産が落ち着けば、ヘルプで来ている人は帰国しますし、新車の生産も同じことが言えます

そのため、『日本人が激減したのではなく、本来のあるべき数に戻った』と考える方が正確かもしれません
image


その上で、駐在員の家族帯同が増加して、単身者が減少してるし、家族帯同の日本人は、日本人学校周辺に住み始めた結果、シラチャの日本人の居住区が2つに分かれてしまったので、シラチャ中心地の日本人の数がグッと少なくなったようにみえるんだと思います。

でも、3-4年前の景気が良い状況をみて、お金持ちのタイ人投資家がシラチャ中心部に一斉に投資をしてしまったもんだから、現在の宿泊施設の供給過多が起こっているんだと思います。

シラチャにホテル、アパート、コンドを建設しているタイ人投資家の大多数は、シラチャに土地を持っていなかったので、『こんなに儲かりそうな話があるんなら早く』っと、その時点で、急いでシラチャの土地を購入してしまっているし、建設業者とも契約してしまっているので、止めるに止められないというのが、現在の状況かと

これが、徐々に状況を見ながら投資できてたらもっと違う結果になったと思うのですが、シラチャの中心部の土地は限られてるから、その時はそれがベストだと思ったんでしょう

昨年2016年でも、英語、タイ語のメディアに限らず『シラチャはホテル不足』って、かなり過熱気味に記事を書いたり報道したりだったので、実際の状況っての在住者でもない限りなかなか伝わりずらいのだと、改めて感じました

もちろん、シラチャには観光資源などはありません。また、シラチャ周辺の工業団地に、大手企業さんは既に進出しているので 、これ以上の大手企業さんの新規参入がないなら、ここから日本人が劇的に増加することは無いのではないかと思っています
image


今後も家族帯同は増加すると思うので、宿泊施設だけでなく、シラチャ中心部の飲食店も、大変になっていくと思います。家族がいれば、家でご飯を食べるだろうし、夜の外出も少なくりますよね。

日本人学校ができた当時、シラチャ中心地に家族向きのお店などがオープンして、雰囲気が変わっていくのかと思っていたのですが、どうやら日本人居住区が2つに分かれていってるので、シラチャ中心部の雰囲気は変わらないかも。

そうなると、シラチャはどうなって行くのかなっと思ってしまいます一般人が知らない情報を投資家は持ってて、日本人が増加しないなら、日本人以外の需要を見据えて、投資家の人は投資をしてるのかなっとか勘ぐってしまいます

白人はパタヤなので、シラチャに住むってことは中々難しいと思うから、、、それなら、これもありえなさそうですが、住む価格が安くなって、中国人や韓国人といった他のアジア系がシラチャに住み始めてインターナショナルな町になるのかも、、、、。

または、高速鉄道の駅がシラチャ近くにできたり、レムチャバン港が拡張して、スーパー国際都市に発展するのかも、、、、、。とか、色々と想像が膨らみます ま、想像の範囲です 現実的には、面積も狭いし、シラチャがそこまでのポテンシャルがある町とは思えないですが、、、
image


どちらにしても、自己居住用でコンドを購入したならいいけど、賃貸収入や売却収入をあてにして購入した人なら、このままでいけばコンドの価格下落は必死なので気になりますよね。ここまでドッカーンっといっぱい建設中なので、何かしらの大きなプロジェクトがあるんじゃないかなーと、勝手な想像はしています

2017年1月1日からパタヤとホアヒンを往復するフェリーが運行しているという情報がありました。数日間は無料で乗客をのせて、実際には1月中旬から公式に運行開始となるようです運営会社は『ロイヤル パッセンジャー ライナー』というとこ

下の地図で、赤い所がホアヒンです。確かにバンコクの方を通ってグルっと回って行くより、パタヤから直線で行けるので時間短縮になりますね
image


シラチャからホアヒンまで陸路で行くと5時間くらいかかるのが、海路だと1時間30分で行けるようで、まだフアヒンに行ったことのないシラチャ在住者にとっては朗報ですね

シラチャにお友達が住んでるとかならバンコクからでもありかも。あとはパタヤに遊びに行ってからとか

片道料金は1200B前後で、一日一本ずつの運航ということです。パタヤの方は、ラン島に行く時に利用する港『バリハイ』から出るということです

英語で申し訳ないですが、下記が運航スケジュールです
image


ちなみに、2017年2月20日現在、上記の番号、会社フェイスブックに記載されてる番号に電話しても繋がりません、、、。

現在は一本ずつですが、将来的には本数を増やすということですが、タイなので実際にそうなるかは分かりません

また、乗客をのせての初航海だった1月1日は、天候の関係で出航できなかったようで、まだまだ完璧といった感じではないようです。そのため、今すぐの利用でなく少し運営が落ち着いてから利用するのがいいかもしれませんねタイはそのへん結構怪しいから正常運行が可能になった後の方が安心かと思います

また、オンラインでのチケット購入ができるのか確認しましたが、2017年2月20日現在はまだ購入できるサイトを見つけることができませんでした

すごく利用してみたいですが、海路なので天候の都合もあり、旅行計画を立てるとなると中々難しいなと思いました。例えば、チケット購入して、ホアヒンのホテル予約もしたのに、天候の都合でフェリーがキャンセルになったりすることがあるということですホテルの当日キャンセルとか受付してくれなさそうだし、、、

また、片道1200B前後なのでタイ人の利用客がどこまで見込めるのか、財政的にやっていけるのかなっとも思いました

フェリーがあると、シラチャ在住者にとってはすごい便利なので、どうにか継続して運営していって欲しいです

後日、利用できる機会があれば、情報をアップデートします

シラチャのラダコンドを出てすぐ左手に日本食レストラン『四季彩』がオープンしてたので行ってみます
image


お店前
image


ソフトオープンということです
image


店内。すごくキレイです。日本人の方が関わってないと、なかなかここまでできないですね
image


メニューをもらいます。結構色々あります
image


突き出しも手が込んでます
image


ゴーヤとツナのサラダ。健康志向。
image


鉄火巻き
image


天ぷら盛り合わせ
image


西京焼き
image


市内にあってアクセスしやすいので、皆さんも行ってみてはいかがでしょうか。




シラチャのソイソニーに焼肉『トラ』がオープンしてたので行ってみます

シラチャって小さい町なのに焼肉屋さんが多いですよね
image


店内です。オープンしたてたのでキレイです
image


メニュー
image


来ました
image


それと、、
image


あと、これ
image


オープンしたばかりだし、皆さんも行ってみてはいかがでしょうか

家族でシラチャに在住だと、とにかく土日が困りますよね

バンセンはもう行ったし、パタヤセントラルも何回行ったか、シーチャン島は1回で十分だし、、、

てなことで、とりあえず日帰り旅行ができるルートがあったのでご紹介します

ルートは、、、 、、

スイス羊園⇝︎カオシーチャン仏陀⇝︎ラーマヤナウォーターパーク⇝︎シルバーレイクブドウ園
image


何故このルートかというと、一本の道に上記のアトラクションが全部あるからですジョムティエンのちょっと先
image


分かりにくくて申し訳ないのですが、スクンビット道路からラーマヤナウォーターパークまで伸びてる道路に全部あります
image


とりあえず、9時くらいから出発して、ラーマヤナウォーターパークは子どもが楽しめるので、そこを目的地にします

モーターウェイからも行けますが、アトラクション全部見るならスクンビット道路から行く方が良いと思います

途中、スイス羊園は入りませんでした、、、、。すいません。時間に余裕があったら是非

あと、スイス羊園を過ぎると、カオシーチャン仏陀があります。とりあえず、1回見れば十分かなってアトラクションお寺もあって降りて見たい人は見てもいいし、そのまま車から見ながら通り過ぎるのもありかと
image


で、とうちゃーく! インドの物語『ラーマヤナ』を意識してか、遺跡っぽくしてますねゲートは微妙ですが、中は楽しめます!
image


※ラーマヤナ物語はインドから伝播されて、タイやカンボジアなど東南アジアでも色濃く残ってます。そもそも、タイは、象の神様『ガネーシャ』なども信仰してるし、タイ社会自体がカースト制っぽいのでヒンドゥー教の土台があると思わないですか

ラーマヤナ物語の主人公の名前は『ラーマ』。簡単なあらすじは、ラーマが悪魔に誘拐されたシータというフィアンセを助けに行くって物語です。シータって言うとラピュタを思い出しますね。主人公のラーマ、、、何かタイでも聞いたことある名前ですね


うんちくは置いといて、とりあえずチケット買います!ちょうどプロモーションで、大人2人なのに1人分ですみました。『タイの免許を見せて』って言われたので、持っていくといいのかも
image


チケットというか、腕に巻くチケットかな。QRコードがついてます
image


パタヤから送迎もあるみたいなので、パタヤ在住の日本人ならいいかも
image

ロッカーやシャワールームも完備
image


QRコードを読み込ませると自分のロッカーが開きます。面白い。残念なことに、タイの方が日本よりIT関係が進んでると思いません? 日本に帰った時のネットが使える場所の少ないこと、、、タイはそこら中にあるのに
image


ひろーい
image


入ってみると、、、
image


波のプールがあったり、、、
image


スライダーがあったりします。このスライダーは大人でも楽しめます!結構怖い、、、。子どもの方が無謀で果敢に行ってました
image

※ちなみにスライダーは全部で6箇所くらいあって、大人でも全然楽しめます

これは大きな桶から水が出ます。ちなみに桶のモチーフは『ハヌマーン』というラーマヤナに出てくるお猿さん。主人公ラーマを助けます
image


ドッシャーンみんな水浴びに群がってます
image


ま、大人はこういったとこで寛いだり、、、
image


サバイサバイ
image


あと色々あって、迷路とか
image


スプラッシュなんとか
image


夕方まで遊ぶにはいいと思います。ここは18時にクローズなので、終わったら、シルバーレイクで夕食を食べて帰るのが良いルートかなーと個人的に思います

シルバーレイクとラーマヤナってオーナーが一緒なのかなって思うくらい隣にあるんです!
image

※シルバーレイクは毎年ジャズフェスを開催するので行ったことある人も多いかも

じゃ、18時からシルバーレイクに行きますラーマヤナウォーターパークは入場料がいりますが、シルバーレイクは入場料ないです!
image


広大なブドウ園
image


ひろびーろ
image


ここがレストラン。シラチャには皆無な感じで雰囲気良いです
image


入ってみると、南米系のデザイン
image


ブドウ園を回るツアーもあります。100Bと250Bだったかな。コインがもらえて、途中ブドウジュースと交換できます
image


ここレストランでご飯食べてシラチャに20時~21時くらいに帰宅できたらベストかと思いますもうちょっと早く帰るなら、ラーマヤナウォーターパークで18時までテムテムで遊ばないってのもありですし。そこはお子さん次第ですね

小さいお子さんがいらっしゃるなら、帰りはお子さん相当眠いと思います。なので、ルートは省いたりしてもいいかなっと

とりあえず日帰り旅行としては、なかなか良いルートじゃないかと思うので、皆さんも是非行ってみてください!





↑このページのトップヘ