シラチャ情報屋

シラチャのことなら『シラチャ情報屋』! 多方面の情報網を利用して、『へぇー』『ふ~ん』ってなれるシラチャ関連の情報を提供します。速報、裏情報、噂、お役立ち情報を、どこよりも早く、できるだけ正確にご提供できるように致しますが、間違ってる時もあると思いますので、予めご了承下さい m(_ _)m ※リンクフリーです!

タグ:カオキアオ

シラチャから30分くらいのとこに、「チャンタテーン滝」ってのがあるので行ってみます
image


行き方は、途中までカオキアオ動物園と同じっぽいです。モータウェイから降りたら、看板もあるのでサクサクいけます
image


地図ですバンプラのダム沿いに行ってもいいですね
image


天気が良いしサバーイ
image


とうちゃーく。「カオキアオ野生保護区」にチャンタテーン滝はあるようです
image


入場口。売店、事務所、駐車場があります。駐車場あるけど、まだ車で先に進めるみたい
image


タイ人は無料、外国人は200バーツ
image


入るとすぐ右手に池があって、、
image


回りを歩けるようになってます
image



ま、もう少し先に進んでみましょう


すると、駐車場がもう一つ。これ以上は車で行けないみたいなので、歩いて進みますね
image


軽食やドリンクを販売してるみたい
image


天気が良くてサバーイサバーイ
image


5分くらい歩くと、広場にでました。皆さん、ここでピクニックしてる様子
image


トイレもあります。シャワーはなくてホースの水で洗ったりはできるみたい
image


看板があります
image


左の方は、、、、

「沢で遊んでる時に、水の色が変わったら、すぐに上に上がって下さい」とのこと。一気に水が来るタイミングだからかな、、、

右の方は、、、、

「シーラン滝」まで1020メートル
「チャンタテーン滝」まで800メートル
「タテーン渓谷」まで200メートル
「タテーンマウンド」まで50メートル

ということです。一番上のシーラン滝は約一キロですね。予想してた以上の距離だけど、行ってみます
image


休みだし結構人がいます。沢に沿って歩いていきまーす
image


滝と呼べるのか分かんないですが、小さい段差で滝っぽいのが何ヵ所かあります
image


お、なかなか楽しくなってきました
image


自然の中。いい感じです
image


小さい滝だけど登って進めないポイントになったので、沢ルートは諦めて山側に入って進んでみます

道なんてのはもうないですね。遭難したら困るので、沢からあまり離れないようにして進みます
image


高くなってきました。高いところ苦手だからちょっと怖いけど進んでみます
image


沢の水の音だけが頼り。道なき道を進みます。もう普通なら戻るところですが、クレイジーなので前進
image


んー、また進めない箇所になったので、山側ルートを一旦諦めて沢に下ります
image


これ面白いなって思ったんですが、沢歩きってルートがないんですね。途中まではあったんですが、あとはアドリブで考えながら進む感じです

山ルートは進みやすいとこだけ選んで進むと、沢から離れすぎて、今どこにいるのか分からなくなります。進みながら、「これ夜になったら戻れないだろうなー」って思いました

この辺まで来ると、さすがに人少ない。普通はここまで来ないのかな。40分は歩いたかなー


お、木が倒れてて行く手を阻む。盛り返した土の色を見ると、最近倒れた木みたい。進むにつれてスマホが邪魔になってきました。濡れないようにかばいながら行くの難しい。ここは山ルートに入らなくてもなんとか通過
image


沢沿いに行った方が、進みやすいルートが少なくて時間がかかる気がします
image


んー、また難しいポイント。ここで3分くらい進めませんでした。始め左に行って難しくて、その後、右に行ってみたけどそっちも難しくて、結局左に再挑戦
image


グングン進みます
image


お、前に三人組。看板もないし、全然人に会わなかったから、誰もこの辺まで来てないのかと思ってました。やっぱり、スマホなんて持って来てる人いないですね、、、。しかも、ちゃんとした格好のような気が、、、。こんな軽装で大丈夫かなぁ。ま、とりあえず進みます。ここはちょっと難所っぽい。右は滑りそうだし左から行きます
image


もう結構進んだ気がします
image


あ、「第三チャンタテーン滝」の看板が、、、
image


あ、これですね。想像以上に小さいけど、想像以上に歩いたので満足です
image


ここから、山側のルートが行けるかと思ったのですが、看板に「危険。登るな」と書いてあります
image


ちょうど登って来たタイ人二人組に聞いたところ、「噂では第四まであるって聞いたけど、これ以上は進めないよ」っていうことです

その第四の滝が、看板にあったシーラン滝かな、、、

始めの看板によると、チャンタテーン滝が800メートルで、シーラン滝が 1000メートルだったと思うので、流石にあと200メートルは行きたい

その後、そのタイ人二人組と試行錯誤して、山側ルートは危険みたいだから、滝の方から登ろうと思ったんですが、水の中に入ると足が届かない深さなので登っていけなーい

これ、「ホントに第四の滝まであるの」って思いました。どうやっても進めない

時間的にも暗くなりつつあるので、すごく残念ですが、今日はここで下りることにします

沢って同じルートなのに、帰る時の方が難しかったりします
image


このポイント、写真だと分かりにくいですが、高さあってどうやって降りようかと思いました
image


高いからまっすぐは無理だし、左も無理だから、右か、、、

靴を持ちながら下りるのは難しいので、まずは靴を落としてっと、、、
image



ん、、、、


ドッカーンあり得ない事に気付いたんですが、、、

ま、ま、まさかの、、、ずっと裸足で歩いてました 「足が痛いなー」って思ってたんです

私の脳的には、

始め:水冷たいし裸足でサバーイ

途中: スマホと財布が濡れると困るから取り出して靴に入れる

登り下り: 「財布とスマホは置いてくれば良かったなぁ」と思いつつ歩いて、、、

で、ずーっと「沢歩きって足痛いなぁ」って思ってました。山側ルートで裸足はホント大変で 、、、。ま、そりゃそうですよね

我ながらアホ過ぎてウケました

ま、でも、気にしなーいとりあえず、歩きます

あ、やっと人がいた。人がいるエリアまで来れたら帰ってきたも同然。ここも高くて結構な難所でした。行きとルートが違う気がするけど、ま、いっか
image


どんどん歩きます。子どもがいるし、もう近いはず
image


とうちゃーく。始めのポイントまで戻ってきましたなかなかのアドベンチャーで楽しかったです

シラチャ近くでサクッと沢歩きできるとこなので、皆さんも行ってみてはいかがでしょうか

家族で来たら、始めのほうのエリアで水遊びしても楽しいと思うし、友だちで来たら歩きを
してもいいし、なかなか楽しめるところじゃないかと思います

ちなみに、第三の滝までは、行って帰って2時間半くらいです。あと、子どもだと第三の滝までは行けないと思います。予想以上にハードだし危ないです。大人でも「軽い打撲、かすり傷程度は気にならない」って人じゃないと難しいかな。靴をはいてたら、もう少し楽だったかも

スマホや財布は置いてきてから、トライした方が無難です。始めはサバイサバイかと思ったんですが、何ヵ所か必ず水に入らないと進めないポイントがあって、スマホを水に浸からないようにして進むの結構大変でした。すでにここ1年で2回も壊してるし、「3台目は嫌だ!」と思いつつ頑張りました

あと、水分補給も必要になるのでお水も持って行かなかったので途中から喉が乾いて乾いて、、、

帰りはバンプラのダムを通ってから帰りました。バンプラのダムも結構好きです

image


上まで行くとしたら、昼に出たら間に合わないので、次回リベンジするとしたら朝から出ようと思います

あと下りながら「もしかしたら」と思ったのが、第三の滝に到達する前に、入りやすい山ルートを探して、そこから迂回すれば、第三の滝を通り越して更に上に行けるのかも。第三の滝まで行ってしまうと、逆に進めなくなるので

結果的に、沢に沿っていけばまっすぐで最短なのか、時間ロスかもしれないけど山ルートも合わせて正解だったのか、どっちが早く上まで行けるのか未だ分かりませんね、、、

でも、ま、今回の一番の教訓は「靴はこう」ですね

シラチャにいると息が詰まっちゃいますよね

バンコクやパタヤに息抜きをしに行くのはいいですが、たまには人混みを離れて、自然の中でゆっくりするのもいいですよ

landscape_a02
シラチャから1泊2日のミニ旅行できるスポットはいくつかあります※どっちも是非1泊して下さい

今回は『お手軽アウトドア』というテーマで2つご紹介します

ラン島
沖縄の海には負けますが、プーケットと同じくらいの白い砂浜と青い海がありますバンガロー、レストラン、夜遅くまで飲めるバー、島中を回れるレンタルバイクなどあり、『海好き』にはもってこいです。ビーチがいくつかあり、自分の気分にあったビーチが選べます賑やかなビーチは『セームビーチ』で、静かなのは『ナウルビーチ』になります

行き方は、シラチャからパタヤに行きますパタヤのウォーキングストリートを抜けたところに小さな港があり、そこからローカル船(40分くらい)かスピードボート(20分)を利用して、ラン島までアクセスしますローカル船は、うる覚えですが、100B以下/人です

※シラチャ近場の島だと、シーチャン島やサメット島などもありますが、シーチャン島はビーチが綺麗ではないし、日帰りで十分です。サメット島は、ラン島とあんまり変わりがないため、『お手軽アウトドア』のコンセプトに一番合うラン島を選びました

カオキアオ
カオキアオは5000ライ(1ライ=1600平方メートル)、東京ドーム171個分の広大な自然保護区です動物園、テントで泊まれる宿泊施設、レストラン、山を回るためのゴルフカートなどがあり、『山好き』にはもってこいです
20140911_180928[1]


ラン島は行ったことのある人が多いので、今日は『カオキアオ』に行ってみましょうか平日午後で車がないので、トゥクトゥクに交渉したところ、350Bで行ってくれるみたい

じゃ、カオキアオに向けてレッツゴー

(移動中)

シラチャから40分で到着しました
20140911_180648[1]
一口メモ:宿泊するホテルは、予め『アゴダ』や『エクスピディア』から予約しておきます通常だと、入場料を支払うのですが、ホテル予約確認書をみせると無料で通過できますよ



ツアーの車がたくさん平日午後なのに沢山の人がいると思ったら、みんな海外からの旅行者なんだって
20140912_124714[1]

トゥックトゥック、奥に進みます

20140912_122513[1]

今日泊まる予定のところに到着しましたこのアウトドアな雰囲気トゥックトゥックは、ここでシラチャに帰っていきました遠くまでありがとね
20140912_105430[1]

こ、これがフロントアウトドア過ぎて、ワクワクしてきました
20140912_105250[1]

ここから、ゴルフカートに乗って、宿泊するところまで行くんだって楽しくなってきましたね
20140912_105008[1]

宿泊する敷地に到着これっこういうの求めてました
20140912_104437[1]

鹿さん普通に歩いてるし
20140912_104739[1]

ここが宿泊予定のテントアウトドアの雰囲気が出まくり最高ですっ
20140912_103925[1]

ちなみにこっちは家族用こっちもいい感じ
20140912_083042[1]

じゃ、テントの中に入ってみますねベッド綺麗です
20140911_214233[1]

クーラーも
20140911_214251[1]

冷蔵庫まであるっ
20140911_214306[1]

懐中電灯、ゴミ箱、バスタオルなどもあり、贅沢なテント私のように『お手軽アウトドア』を求めている人にはベスト

荷物を置いて、動物園に行きます

(テントから動物園入口まで移動中)※毎回の移動はゴルフカートで送迎してくれるので便利

到着しましたまずは園内地図を見ます大きい
20140912_110435[1]

徒歩では不可能なので、園内の移動方法を聞いてみたところ、3つあるようです※自家用車で来てたら、自家用車でも可能

1つ目は『無料トラム』時間表もありますここがトラム停泊所無料だけど、他のお客さんもいるから、降りたいところで降りれないのが難点かな
20140912_124845[1]

2つ目は『レンタル自転車』これはデブにはきつい(←私です)『お手軽アウトドア』の趣旨から外れるので、自転車は却下
20140912_122800[1]

3つ目は『ゴルフカート』
20140912_110816[1]

やっぱ、一番楽しめるのは『ゴルフカート』でしょうマリオカートのようなことがしたい

レンタル料は、1時間350Bで2時間目からは200Bプラス必要なのは、タイ免許証、パスポート、ワークパーミットのどれか1つみたいパスポートでもOKということは、運転できる証明はしなくていいから、旅行者でも可能ですね

今日お世話になる『ケニーロバーツ号』(←勝手に命名)やばい、またワクワクしてきました
20140912_110850[1]

発進あっ、私でも運転できるできるスピードも自動的に制限がかかるみたいで、危なくない数台でマリオカーとがしたいヨッシーやクッパはどこっ(←調子に乗ってます)
20140912_112235[1]

じゃ、園内を回ります園内はこんな感じで、色んなコーナーがあります
20140912_111443[1]

ペンギンさん仁王立ち
20140912_111701[1]

餌の売店もあります
20140912_112017[1]

餌をあげてみます私のように食い意地がはってますすぐになくなりました
20140912_113334[1]

カバさん泳げるんだ、、、
20140912_115635[1]

園内はかなり広くて全部紹介できません

一口メモ:見たい動物コーナーだけ見ても、3時間くらいかかります自転車にしなくて良かったぁーあと、ゴルフカートの移動はすごく楽しいので、自家用車で来ててもゴルフカートをレンタルするのをオススメします

18時30分からナイトサファリリが始まるので、それに合わせてゲートに戻ります

ゲートに到着夜もふけてまいりました(ウヒヒヒ)ナイトサファリが待ち遠しいです
20140911_183338[1]

入場料は無料だけど、ナイトサファリはチケットを購入するみたい
20140911_183307[1]
一口メモ:ナイトサファリは外国人料金は400Bだけど、タイの運転免許証や社会保険証など見せれば、タイ人料金の200Bになりますお寺でも何処でも外国人料金があるところは、このパターンでタイ人料金になるので、活用して下さいあっ、あとナイトサファリは18:30までに行かないと出発してしまうので、時間厳守(←重要)

このトラムに乗ってナイトサファリに出発します
20140911_183527[1]

まずは猛獣コーナーこんな感じの洞窟を抜けて行きます
20140911_185133[1]

ガラス越しにライオンさんが
20140911_184140[1]

ここにも、、、
20140911_185153[1]
一口メモ:かなり沢山の動物が見れますが、暗いので写真は撮りにくいですまた、フラッシュをたいての写真撮影は禁止です

次はショーが見れるみたい入って行きます
20140911_193529[1]

色んなショーがありますこれは、最後のショーで、トラさん3匹がお肉を食べますバクバク
20140911_193022[1]

ショーが終わると、無料の写真撮影があります
20140911_193133[1]

ウォンバットかなこの子はショーにも出演してた
20140911_193255[1]

ショーが終わると、今度は園内の動物を見に行きます
20140911_194756[1]
一口メモ:すごく沢山の動物が見れて、ガイドの人が説明もしてくれますトラムの上に動物を見つける担当の人がいて、その人が上からライトを照らしてくれます

ナイトサファリを2時間ほど満喫しました

じゃ、テントに帰ってシャワーを浴びます

私、バスルームだけは気になってたんですき、汚くないかな
20140911_215719[1]
けっこう綺麗てか、かなり綺麗スパみたいなバスルーム掃除もきちんとされてる

お~、ここがシャワーシャンプーやリンスも補充してある
20140911_220707[1]

満足ですじゃ、夕食を食べに行きましょうかテントからレストランまで、いい感じです
20140911_203110[1]

歩いて1分レストランに到着(写真が暗くてすいません)レストラン綺麗ですよ
20140911_212446[1]

アウトドアな感じ山の中だから、窓全開でクーラーなしでも涼しい
20140911_212730[1]

ご飯来ましたどれも美味しそう
20140911_205240[1]
一口メモ:観光地にしては、料理の価格が全部安かったです野菜も新鮮でしたここのレストランで、ドリンク類(ビール、ソフトドリンク、お水、)やタバコが買えますあと、コンビ二がゲートのところにありますが、テントからは遠いです

じゃ、テントに帰ってゆっくりします

テントの前には、椅子とテーブルがあって、ビールを飲みながらゆったりできますこの時間が最高シラチャから40分で、ここまでのアウトドアが満喫できるとは思いませんでした、、、
20140911_222422[1]
いい感じで酔っちゃったので、そろそろ寝ましょうか

(睡眠中)

朝になりましたホテル予約に含まれてた朝ごはんを食べに行きます朝からすごいボリュームですデブな私、もちろん完食パンは6枚食べました
20140912_080731[1]
ご飯を食べたので、
この後12時までのんびりして、シラチャに帰りました
一口メモ:フロントに言うと400Bでシラチャまで送ってくれます。

どうでしたか

シラチャから40分で、こんなに自然を満喫できる小旅行スポットがありますみなさんも是非行ってみて下さい

注意
キャンプが苦手な人は難しいです
カップル、友達同士(2人~大勢でもOK)、家族旅行(2家族でもOK)にオススメですが、1人旅だと面白くないので、オススメしません
動物好きでない限り、日帰りでなく宿泊しないと楽しめません(←ホントです
バンガローやテントで泊まれる人でないときついです
自分で火を起こして、テントを張って、バーベキュー設備を持ち込む『本格アウトドア』には向いてません宿泊施設があり、レストランが併設してるところで、『お手軽アウトドア』をしたい人に向いてます(←最重要)

以上、シラチャから1泊2日のミニ旅行『海のラン島』VS『山のカオキアオ』でした

↑このページのトップヘ