シラチャ情報屋

シラチャのことなら『シラチャ情報屋』! 多方面の情報網を利用して、『へぇー』『ふ~ん』ってなれるシラチャ関連の情報を提供します。速報、裏情報、噂、お役立ち情報を、どこよりも早く、できるだけ正確にご提供できるように致しますが、間違ってる時もあると思いますので、予めご了承下さい m(_ _)m ※リンクフリーです!

2014年02月

2014年3月に発行されたバンコク ポスト紙によると、新規に2つの工業地帯が承認されたようですよ

1つは、シラチャから遠いので興味はないと思いますが『ウドンタニ工業地帯』
もちろん、ウドンタニにあります 

シラチャのタイ人って『ウドンタニ』から来てる人って多くないですか

実家のほうに工業団地できたら、そっちのほうで仕事するほうが良くないかなって思ってしまいます。

シラチャの人材不足は止まらないですね、、、、


もう1つは、『ヤマト工業地帯』これはシラチャ在住の人には、ちょっと興味あるかも
20140829_160644[1]

私の勝手な推測によると、『ヤマト』=大和 

つまり、日系企業を誘致したいのかも どうなんだろう

バンコクポスト紙によると、

ヤマト工業団地は、『チョンブリ県ノンヤイ地区にオープン予定で、投資額220億バーツ、総面積690ライ』とあります。

チョンブリ県は、シラチャ市やパタヤ市がある県ですよね 
『ノンヤイってどこって思い、地図を見てみると、結構遠いです

シラチャから1時間30分超の場所にあります

それでは、クレイジーな私は調査のために行ってみます

まずは、331号線を利用して、シーラチャからグリーンウッドゴルフ場の前をまっすぐ行きます
20140829_154220[1]


途中何もないので不安になりますが、30分位ずーーーーーと直進すると、交差点が見えてきます
この交差点を右に曲がります(↓この交差点ポイント)
20140829_154751[1]

右に曲がったら、そこから30分位ずーーーーーと直進します
20140829_155034[1]

直進し始めて、20分位したら左手に見える工場(目印にして下さい)
20140829_155821[1]


ずっと直進したら、『ノンヤイ』の看板が見えてきます(↓ここ見逃さないで
ここを左に曲がります
20140829_160028[1]

左に曲がって5分くらいすると、ノンヤイの小さな小さな村が見えてきます
20140829_160515[1]

多分、ここで唯一の宿泊施設(始めは公民館かと思いました
20140829_160558[1]

実際の工業団地の更地は、まだ無いですが(見つけられませんでした)、ヤマト工業団地の告知の看板を見つけました 真ん中の下に、敷地区分の記載があります英語で、Yamato industriesって書いてあります
20140829_160615[1]

行って思ったのは、シラチャからの所要時間は、朝の混雑時にアマタシティ、へマラート、イースタンシーボードに行く以上にかかります遠いです

町らしい町がないノンヤイ ここで勤務する日本人は、やっぱりシーラチャ住みになるのかなぁ 

でも、この距離はアマタシティ、へマラート、イースタンシーボードの工業団地に行き慣れた人でもけっこうきついですよ

どうなるんだろ 






シラチャに住んでる人は知ってると思いますが、市内には古本屋さんが1軒あります

ロケーションは、ソイソニー

一口メモ:ソイ(タイ語)=通り(日本語)なので、『ソニー通り』ってことです2014年現在、ソニーさんは閉店していますが、地元のタイ人も日本人もソイソニーって呼びます

古本屋さんの名前は、『チョブーンブックス』4階建てになってて、3階まで本があります

入ってみましょう
20140902_162822[1]
1階です1階は、小説コーナーですたくさんあります
20140902_162843[1]
2階です2階は漫画コーナーです
20140902_162938[1]
3階は専門書コーナーです
20140902_163045[1]
1階にも専門書や学習書があるので、探すと掘り出し物があるかも

私も何度か利用させてもらっていますシラチャにいると、時間を持て余すことが多いので、シラチャにいる間に、今まで読みたかった本を読むのもいいかなって思ってます

※ずっと気付かなかったのですが、ソイソニーのこっち側の建物の3階は、シラチャプレイスの上の広場と連結してるんですね(←どうでもいい情報ですねちょっと、『へぇー』って思ったので

以上、シラチャの『古本屋』でした!

↑このページのトップヘ